ウィル・スミスを成功に導いた「人生で大切な7つの考え方」とは?

ウィル・スミスを成功に導いた「人生で大切な7つの考え方」とは?

ウィル・スミスを成功に導いた「人生で大切な7つの考え方」とは?

ウィル・スミスを成功に導いた考え方とは?

ウィル・スミスは、言わずと知れたハリウッドスター。近年では、哲学者としての顔も持ち、自分を成功に導いた「人生で大切な7つの考え方」の哲学を語っています。

ウィル・スミスの「人生で大切な7つの考え方」とは、具体的には、
1「不可能はない。人生の目標は高く設定する」
2「目標に一直線。プランBは持たない」
3「常に上を目指す向上心。努力し続けよう」
など、目標に向かってひるまずに進み続けることから、
4「理想の自分を心に抱き続ける。強く思い描けばその通りになる」
5「なんとかなる!根拠のない自信を持つ」
と、強く信じ抜くことの大切さ。そして、
6「あなたは素晴らしい。自分のことを過大評価する」
7「評判は後ろに捨てていく。ポジティブに進み続ける」
と、ポジティブシンキングでい続けることの合わせて7つ。この考え方で自分の目標(夢)に向かって突き進んだからこそ、今のウィル・スミスがあるのです。

ウィル・スミスのプロフィール

ウィル・スミスは、1968年9月生まれ。おしどり夫婦として有名なウィル・スミスの現在の妻は、女優のジェイダ・ピンケット・スミスです。ウィル・スミスには、子供は3人おり、長男は、前妻との間にできたウィラード・クリストファー・スミス。ジェイダ・ピンケット・スミスとの間に出来た子供は、息子のジェイデン・クリストファー・サイア・スミスと、娘のウィロウ・カミール・レイン・スミス。

1996年公開の映画「インディペンデンス・デイ」で主演をしてからTOPスターの仲間入りをしたウィル・スミス。続く1997年公開の映画「メン・イン・ブラック」で大ブレイク、主題歌「Men In Black」では最優秀ラップ・ソロパフォーマンス賞などまでも受賞しています。

スポンサーリンク

ウィル・スミスの息子ジェイデン・スミスの態度が問題!?親子の共演映画は?

ウィル・スミスの息子ジェイデン・スミスは問題児!?

ウィル・スミスの2番目の息子であるジェイデン・スミスは、ウィル・スミスとジェイダ・ピンケット・スミスとの間に1998年に生まれました。子役時代のジェイデン・スミスが、ジャッキー・チェンと共演した映画が2010年公開の「ベストキッド」。ジェイデン・スミスは、ジャスティン・ビーバーと一緒に主題歌を披露してもいます。

幼少期には、可愛い顔をしていたジェイデン・スミス。その後、ぐんぐんと成長し、凛々しい顔の男の子になりました。14歳になった頃には、ジェイデン・スミスには早くも熱愛報道が。さらには、喫煙してるの?と思われる写真まで撮られてしまいました。しかし、喫煙写真を良く見ると……咥えていたのは爪楊枝。子役時代から知られていた分、あることないこと書き立てられてきた面もあるのかもしれませんね。

現在は、ラップ歌手として活動しているジェイデン・スミスですが、「学校は若者を洗脳するための道具だ」「世の中のルールはきみより頭の悪い奴が作ったルールだ。だから自分のルールを作ろう」というような歌詞が、一部で問題視されているようです。

スポンサーリンク

自分の考えを見失わないように、というシンプルなメッセージにも見えますが、問題視されてしまうのは、ジェイデン・スミスのキャラクターなのでしょうか。いずれにせよ、「人生で大切な7つの考え方」を持つ父、ウィル・スミスのように、ジェイデン・スミスも自分なりの思想やメッセージを持っているのは間違いなさそうですね。

ウィル・スミス親子の共演映画「幸せのちから」「アフター・アース」

ウィル・スミスとジェイデン・スミス親子は、2006年「幸せのちから」で親子共演を果たしています。幼いジェイデン・スミスのかわいらしさをご記憶の方も多いことでしょう。「幸せの力」で初共演を果たしたウィル・スミスでしたが、ジェイデン・スミスがジャッキー・チェンと共演した「ベストキッド」を観て、息子がとても楽しそうに演技をしていると嫉妬。もう一度、自身が息子、ジェイデン・スミスと共演できる作品を作りたいと思い「アフター・アース」を作ったと話しています。

そして、ウィル・スミスとジェイデン・スミス、二度目の共演となった「アフター・アース」では、「内なる情熱を持っている」「誇りの息子です」などと話し、親ばかぶりを発揮していた父親のウィル・スミス。日本での来日舞台あいさつでは、一緒にラップを披露したり、しゃべりすぎなウィル・スミスに、ジェイデン・スミスがダメ出しするなど仲の良い親子ぶりを見せていました。

ウィル・スミス、今後は政界進出も?!

ウィル・スミスは、ミュージシャンとしても、俳優としても、成功を収めてきました。「人生で大切な7つの考え方」の他にも、ウィル・スミスは、「自分はキャンパーではなくクライマーだから、同じところにはずっといられない」なんて名言も残しています。「実際、仕事で話を伝えるという能力は向上している、体や言葉で雄弁に語り、俳優としてアイデアを伝える能力を高めているよ」と話し、「今年は生まれて初めて夜も眠れないくらい政治情勢に対して怒りを感じた。だから近い将来、これまでとは違った方法で僕の言葉を伝えなくちゃいけないと思っている」と続けたウィル・スミス。

これはつまり、ウィル・スミスが、今後政界へ進出するかもしれないと示唆したととらえて間違いないでしょう。裕福な家庭に育ったウィル・スミスは、性格もおおらかだそうです。コメディ映画でのウィル・スミスの演技を見れば分かるように、彼は、人を楽しませたり、笑わせたりすることにも長けています。

そんなウィル・スミスがひとたび演説すれば、その声は、きっと人々の耳にすんなり入り、心の中に刻まれることでしょう。大スターであるウィル・スミスの一言の影響力の大きさを考えれば、ウィル・スミスの政界進出は、今後のアメリカの情勢にも大きく影響しそうな気配さえします。俳優としての活躍だけではなく、今後、どのような道を進んでいくのかがとても楽しみなウィル・スミスです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る