アーロン・ポール出世作「ブレイキング・バッド」あらすじキャスト!最終回ネタバレは?

アーロン・ポール出世作「ブレイキング・バッド」あらすじキャスト!最終回ネタバレは?出典:http://eiga.com

アーロン・ポール出世作「ブレイキング・バッド」あらすじキャスト!最終回ネタバレは?

アーロン・ポールの出世作「ブレイキング・バッド」あらすじキャスト!

アーロン・ポールは、米国のTVドラマ「ブレイキング・バッド」で、一躍人気俳優の階段を上り始めました。その「ブレイキング・バッド」の舞台は、アメリカ南西部ニューメキシコ州の田舎町、アルバカーキ。物語は、かつては有名大学で、ノーベル賞受賞の一助をになった有能な化学教師ウォルター・ホワイトが、末期の肺がんと診断されたことから始まります。

脳性麻痺の息子、妻、そして生まれる予定の子供がいるウォルター。自身の将来を悲観したウォルターは、麻薬密造のガサ入れの側で、たまたま出くわしたかつての教え子ジェシー・ピンクマンを見逃し、やがて合流すると、家族のために、違法な合成麻薬の製造に手を染めていく、というのがあらすじです。

主人公のウォルター・ホワイトには、本作の演技でエミー賞を受賞したブライアン・クランストン。その教え子で相棒となるのが、アーロン・ポールです。アーロン・ポールも、このドラマでの演技が光り、ゴールデン・グローブ賞にノミネートされました。

アーロン・ポール出世作「ブレイキング・バッド」の最終回をネタバレしちゃいます!

アーロン・ポール出世作「ブレイキング・バッド」は、スリリングなストーリー展開で人気を集めましたが、ここで、最終回のネタバレをご紹介しましょう。合成麻薬をつくる中で追い詰められていったウォルターとジェシー。さまざまな麻薬カルテルのライバルや、司法の追っ手を振り払いながら、何度も密造工場の場所を変えて転々とします。

スポンサーリンク

しかし、最終的に家族に見放されてしまうウォルター。脳性麻痺の息子に稼いだ金を残すと、別の麻薬カルテルに捕らえられて強制的に密造をさせられているジェシーを助けに向かいます。敵とジェシーに会ったウォルターは、車に隠していたトラップ型マシンガンを使って敵を射殺しますが、自分の腹部にも銃弾が。傷を負いながらもジェシーを逃がしたウォルターは、密造工場の中に潜り込み、床の上に倒れて最後をむかえました。悪の道に手を染めて、最終的には一人死んでいく結末とは、何とも悲しい物語ですね。

アーロン・ポールの身長体重、プロフィール!出演オファーが止まらない!?

アーロン・ポールの身長や体重、プロフィールを教えて欲しい!イケメンですか?

アーロン・ポールこと、本名アーロン・ポール・ストゥートヴァントは、1979年8月27日生まれの米国人俳優で、アイダホ州エメットの出身です。身長173cm、体重70kgと、ハリウッド俳優としては小柄なアーロン・ポール。アイダホ州のセンテニアル高校を卒業すると、すぐにハリウッドへ赴き、ハリウッドのユニバーサルスタジオで、守衛の仕事を手伝いながら、独自に俳優としてのキャリアを模索し始めます。

テレビのゲーム番組などに出演してギャラを稼いだりしたアーロン・ポールは、アーティストのPVに出演したりもしました。その後、CMなどで順調に活躍を続け、映画の端役を経験。2008年になって「ブレイキング・バッド」のジェシー役の演技で、一躍スターダムに食い込みました。

スポンサーリンク

丸く広がった額に、優しそうな緑の瞳の目元、爽やかに整えられた口ひげという容姿のアーロン・ポール。イケメンというよりは、若干三枚目臭さが漂います。しかしながら、そこがまたハリウッド映画になくてはならない存在理由となっているようです。

アーロン・ポール止まない出演オファー!話題作「ニード・フォー・スピード」や「エクソダス」出演、「シンプソンズ」では声優も!

アーロン・ポールは、「ブレイキング・バッド」で有名になってからというもの、出演オファーが止まない役者となりました。「ブレイキング・バッド」自体でも、シーズン5までの5年間、撮影に参加し続けてきたわけですから、相当知名度が上がったものと考えて良いでしょう。

「ブレイキング・バッド」以降、2015年までにアーロン・ポールが出演したテレビドラマは5本。同じようにアーロン・パークが出演した映画は、話題作「ニード・フォー・スピード」や「エクソダス」など、2015年までに13本を数えます。文字通りの売れっ子俳優になったアーロン・ポール、実はアニメ作品「シンプソンズ」の声優なども務めていて、その方面での需要もあるようです。

2014年には、全米映画俳優組合の設ける賞を受賞する実力派にまで成長したアーロン・ポール。これからの出演作品も複数控えており、当分の間は俳優として安泰といえるでしょう。

アーロン・ポールが人気ドラマ「THE PATH/ザ・パス」主演!売れっ子すぎて大変?

アーロン・ポールは、2016年だけで、すでに映画5本に出演しています。その中でも、日本人にとって見逃せないのがCGアニメ映画「ファイナルファンタジー14キングスグレイブ」の英語版。アーロン・ポールは、主人公ニックスの声を担当しています。日本発祥のファイナルファンタジーシリーズの最新作で声優を務めるとは、何やら、これから先の日本とのつながりを暗示しそうで興味深いですね。

売れっ子のアーロン・ポール、出演作品は映画だけにはとどまりません。「ブレイキング・バッド」の偉業を超えるべく、米国のHulu配信ネットドラマシリーズ「THE PATH/ザ・パス」では主演を演じています。ドラマ「THE PATH/ザ・パス」での役どころは、新興宗教団体「メイエリズム」の教徒となったエディ。アーロン・ポール演じるエディは、新しい宗教の教義に戸惑いつつ、その教義が孕む欺瞞に気づきます。

真実とは何か、家族との絆は守れるのか……アーロン・ポール主演ドラマ「THE PATH/ザ・パス」は、すでに米国では今年の5月に第1シーズンの放送が終了。全米の批評家たちによって、「衝撃的」「鮮烈だ」と賞賛されている実績をひっさげて、日本では8月から公開が開始されています。

「ブレイキング・バッド」でアーロン・ポールファンになった人は、もちろん見逃せませんね。プライベートでは、2013年に女優兼プロデューサーとして活躍するローレン・パーセーキアンと結婚。公私ともに充実し、これからも個性派俳優としてハリウッドで飛躍すること間違いなしです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る