アダム・ランバート「アメリカン・アイドル」から大スターへ!「glee」出演も!

アダム・ランバート「アメリカン・アイドル」から大スターへ!「glee」出演も!出典:http://www.pumpkindream.com

アダム・ランバート「アメリカン・アイドル」から大スターへ!「glee」出演も!

アダム・ランバート「アメリカン・アイドル」をきっかけに、大スターへ!幼い頃から俳優活動を!

アダム・ランバートは、1982年生まれの34歳で、アメリカ合衆国の歌手兼舞台俳優です。10歳の頃から、早くも舞台俳優としての活動をしており、高校卒業後、一度は大学に進学しますが、数週間で中退します。その後、19歳でクルーズ客船のシンガーとして働きだしたアダム・ランバートに、2009年に転機がやってきます。

これまで、いくつかのミュージカル出演をしていたアダム・ランバートでしたが、アメリカの人気オーディション番組「アメリカン・アイドル」に出場すると、シーズン8で準優勝を果たし、一躍有名に。番組史上最も称賛されたアダム・ランバートは、「アメリカン・ミュージック・アワード」への出演や、3枚のオリジナルアルバムのリリースを経て、今や大スターの一員となりました。

アダム・ランバートはブレイク後に「glee」に出演!レディー・ガガの曲をカバー!?

アダム・ランバートは、「アメリカン・アイドル」でブレイクした後、アメリカの人気ミュージカルドラマ「glee」のシーズン5第4話に、エリオット・ギルバート、通称「スターチャイルド」役として初登場しました。「A Katy or a Gaga」と題された「glee」第4話は、アメリカを代表するケイティ・ペリーとレディー・ガガという二大歌姫をフィーチャーしたエピソードです。

実は、プライベートでも仲の良い友人同士だという2人。アダム・ランバートは、「glee」第4話出演時に、レディー・ガガの「マリー・ザ・ナイト」をカバーし、特有の突き抜けるようなハイトーンボイスをお披露目しました。

スポンサーリンク

アダム・ランバートの新恋人が気になる!おすすめのアルバムは?

アダム・ランバートの新恋人が気になる!実はゲイだった!?

アダム・ランバートは、実はゲイであることを公言しています。2013年には、数年にわたって交際していたボーイフレンドで、フィンランドのリアリティ番組に出演して有名になったサウリ・コスキネンと破局が報道されたものの、すぐに新恋人の噂が浮上しました。アダム・ランバートの新恋人とされているのは、イケメンモデルのマレー・スワンビーです。

マレー・スワンビーが公開している、アダム・ランバートと肩を組んでいるツーショット写真からは、たしかに2人の親密さがうかがえます。最近では、同じくゲイであることを公言している人気歌手のサム・スミスとのツーショット写真によって熱愛が噂されたものの、アダム・ランバートは、ただ一緒に飲んだだけだときっぱり否定。

それ以外にも、インタビューなどで、恋人が存在していないことも示唆しているので、現在は独り身である可能性が高そうです。

スポンサーリンク

アダム・ランバートおすすめのアルバムは?すでにオリジナルアルバムを3枚リリース!

アダム・ランバートは、今までに3枚のオリジナルアルバムをリリースしてきました。その中でもおすすめは、2枚目の、「Trespassing」です。本アルバムは、全米初登場1位を獲得し、ローリングストーンズ誌の読者投票では、2012年のベストアルバム第1位に選出されています。

リードシングルの「Better Than I Know Myself」は、アダム・ランバートの甘い歌声によるバラードで、ファンを魅了。タイトル曲の「Trespassing」は、有名なミュージシャン、ファレル・ウィリアムズプロデュースということもあり、キャッチーな1曲に仕上がっています。

アダム・ランバートが「クイーン」とコラボ!?サマソニ2014年でのパフォーマンスは圧巻!

アダム・ランバートが、クイーンのメンバーからのお誘いもあって、故フレディー・マーキュリーの代わりに、伝説のロックバンド「クイーン」のヴォーカルを担当するという、ファンにとってはこの上ないコラボレーションが実現しています。アダム・ランバート新ヴォーカル体制で、日本初公演となった2014年のサマーソニックでのパフォーマンスは、「感動」という言葉では語りつくせない、歴史的ステージと呼べる内容だったようです。

クイーンのメンバーも、「オーディエンスがとにかく素晴らしく、自分たちも、ライブパフォーマンス自体が素晴らしくできたことを確信できた」と、日本のファンを絶賛しています。また、アダム・ランバートは、「観衆の、情熱的で感情的な反応から、他の国とは異なる特別な繋がりを実感した」と振り返りました。

当日は、フレディー・マーキュリー時代を知らない若いファンも多かったといいますから、往年のクイーンファンのみならず、若いアダム・ランバートファンもたくさん駆け付けていたのでしょう。モンスターバンド「クイーン」のメンバーに認められたアダム・ランバートの実力は確実なものです。歌手・俳優としての今後の成長と活躍には、世界中が注目しています。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る