Alexandros川上洋平が塩顔イケメンと話題!早くも熱愛彼女の噂が!

Alexandros川上洋平が塩顔イケメンと話題!早くも熱愛彼女の噂が!出典:https://gunosy.com

Alexandros川上洋平が塩顔イケメンと話題!早くも熱愛彼女の噂が!

Alexandros川上洋平が今塩顔イケメンと話題!真似する男子急増中!?

Alexandros川上洋平は、人気ロックバンドAlexandrosのボーカル兼ギター担当。ほとんどの作詞作曲を手掛ける中心メンバーです。
9歳~14歳までシリアで過ごした帰国子女で、シリアではインターナショナルスクールへ通っていたこともあり、Alexandros川上洋平は英語が堪能。歌詞にも英語が多く入り、流暢な英語で歌う姿に「かっこいい」と魅力を感じるファンも多いようです。

そんなAlexandros川上洋平が、塩顔でイケメンすぎると、今ネットで話題になっています。マッシュボブの中性的な髪型に、重ための前髪から時折覗く切れ長の目を持つAlexandros川上洋平は、坂口健太郎をはじめ、今人気の塩顔男子の理想形。さらに、ロックミュージシャンでありながら、決して派手過ぎずクールでお洒落なファッションセンスや、どこか影を感じさせるAlexandros川上洋平独特の雰囲気に魅了されるファンが続出。歌っている時に見せる真剣な表情や、整った顔立ちに心を奪われる女子も増えています。

塩顔イケメンのlexandros川上洋平は、女子にはもちろん人気がありますが、実は、彼のファッションや髪型をかっこいいと真似する男子ファンも急増中なのだとか。歌でも容姿でも男女問わずファンの心をがっちりつかんで離さない川上洋平は、Alexandrosの人気を後押しする中心的な存在です。

スポンサーリンク

Alexandros川上洋平、早くも熱愛発覚!?ボブの彼女とデートの噂

Alexandros川上洋平が、彼女らしき人物と一緒に洋服屋で買い物デートをしている姿が目撃されました!
お相手は、以前から「ボブの子が好き」と公言していたAlexandros川上洋平好みのボブの女子。2人は、新宿にあるAlexandros川上洋平お気に入りのブランド、ラッドミュージシャンという洋服店で買い物を楽しんで店を後にしました。ただし、2人で並んで歩いている姿が目撃されただけなので「友達や知り合い」という可能性も。

メディアで「毎日恋している」と明かしたのは、目撃されたボブの彼女と恋をしているから?それとも、アーティスト特有の感覚で「毎日出会うものや出来事」に対して、そういった表現を使っているから?……ファンの間では、今、Alexandros川上洋平に彼女はいないと認識されているようですが、恋愛事情からはしばらく目が離せませんね。

Alexandros川上洋平の出身大学!デビューまでの苦悩とは?

Alexandros川上洋平がバンドを結成した出身大学はここ!

Alexandros川上洋平の出身大学は、青山学院大学の法学部です。
両親には「商社マンになる」といって法学部に進学しましたが、シリアで暮らしている頃からバンドをしていたAlexandros川上洋平の胸の内には、バンドに対する思いが常にあった様子。そこで、シリアで活動していたバンドの名前「Champagne(シャンペイン)」を引き継いで、青山学院大学に通うメンバーでバンドを結成しました。

スポンサーリンク

メンバーの入れ替わりはありましたが、これが現在のAlexandrosの原型になります。大学卒業までに6年と少しかかりましたが、中退することなく、無事に青山学院大学法学部を卒業したAlexandros川上洋平。そこからすぐにバンドマンというわけにはいかず、社会人を経験した後、晴れてメジャーデビューすることになりました。

Alexandros川上洋平、意外過ぎるデビューまでの苦悩とは?

Alexandros川上洋平は、帰国子女で英語が堪能な上、流行りの塩顔でルックスも良いとモテ要素が3拍子揃っているにも関わらず、トントン拍子でメジャーデビューをしたわけではありません。

シリアにいる頃から日本に戻って来てからもずっとバンド活動をしてきたAlexandros川上洋平。大学在学中にメジャーデビューすることが目的でしたが、その夢は叶わず、一度は会社員として営業職に就くことに。営業職をする傍ら、夜や休みの日は全てバンドに費やすという過酷な日常は、デビューを迎える日まで何年も続きました。「自分が希望する仕事と違う仕事を選択して、そのまま生活していったらどうなるのだろう?」と、当時の苦悩を語るAlexandros川上洋平には、その思いを歌にした曲もあります。Alexandrosには、同様に、辛い経験から生まれた楽曲は多く、そんな中でも前向きに進もうとする詞が多くの若者に共感されているのです。

バンドの現在の目標は「世界一のバンドであることを証明すること」。日本にとどまらず、世界にも目を向けているAlexandrosのひたむきな姿勢が実を結ぶ日をファンは心待ちにしています。

Alexandros川上洋平、ロングインタビューで新曲”NEW WALL”を完全解説

Alexandros川上洋平は、2016年4月20日発売の両A面シングル「NEW WALL / I want u to love me」についてロングインタビューを受け、最新シングルや、Alexandrosの魅力について語りました。

最新シングルについて、Alexandros川上洋平は、「自分の力以上のものが出ている。奇跡的な瞬間があった」と、今までの曲以上の出来に驚いている様子。Alexandrosの良さは、曲の中にキーとなる要素がいくつも入っていて、聞く人が先の展開を読めない嬉しい裏切りがあることだと説明し、自分たちの曲を聞いて「ロックってこんなに自由なんだ」ということを伝えられればと話しています。

新シングル“NEW WALL”のテーマは、Let’s all believe=「嘘でもいいから信じようぜ、うちらは上がっていくんだよ」。……シリアから帰国した直後は、自分の意見を貫く性格が周りに合わず、シカトなどのいじめを経験したり、大学卒業後の夢がなかなか実らない苦悩の生活があったりしながらも、夢を諦めず自分の意思を貫いたAlexandros川上洋平だからこそ書ける、まっすぐな歌詞は、多くの人の胸に突き刺さることでしょう。

3月30日に発売された最新ライブDVD&BD「live at Makuhari Messe“大変美味しゅうございました”」も売り上げが好調で、自己最高記録となる総合ミュージックランキングの週間売上第3位に!世界を解く新たな鍵で、Alexandrosが次の扉を開く日はすぐそこかもしれません。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る