夏木マリ 事実婚から結婚を決意したワケとは?朝ドラ「カーネーション」での評価は

夏木マリ 事実婚から結婚を決意したワケとは?朝ドラ「カーネーション」での評価は

夏木マリ 事実婚から結婚を決意したワケとは?ライブがカッコよすぎる!

夏木マリが事実婚から結婚を決意したワケとは?

2007年、女優やシンガーとして活躍する夏木マリが、パーカッショニスト・斎藤ノヴと事実婚を長く続けていました。夏木マリ本人が「愛のフランス人宣言」と発言したこともあり、「フランス婚」とも呼ばれた夏木マリと斎藤ノヴの関係は、とても話題になりました。

そんな事実婚という形にこだわっていた夏木マリが、突然、結婚したのは2011年のこと。東日本大震災の経験を通して、「人を愛する意味、夫婦、家族の絆」を考えるようになった夏木マリは、とうとう事実婚に終止符を打ち、婚姻届を出す決意をしました。この時、夏木マリは59歳、結婚相手の斎藤ノヴは60歳。二人合わせて119歳ということでも話題になりました。

夏木マリのライブがかっこよすぎる!

そんな夏木マリのライブがかっこいいと話題になっています。「絹の靴下」がヒットしたデビュー当時からの妖艶さは60歳になってもそのままに、円熟味を増した声量と、セクシーで迫力満天のカッコよさは夏木マリならではのもの。とにかく、夏木マリのシャウトが本当にカッコよすぎるんです!

特に最近話題になったのが、斉藤和義と一緒に行ったライブ。甘い斉藤和義の声にそそられてか、お客さんは女性ばかりだったというステージ。しかし、夏木マリは、そんなの関係ないとばかりに、どんな曲もロックにかっこよく歌いあげ、迫力あふれるライブステージを披露。斉藤和義を見に来ていたファンたちまでも虜にしてしまったそうです。

スポンサーリンク

年齢を重ねた女性だからこその熟れきったカッコよさ!さらにセクシーさも健在の夏木マリに、ただただ脱帽です。

夏木マリ 朝ドラ「カーネーション」尾野真千子からバトンタッチされた理由と評価は?

NHK朝ドラ「カーネーション」の主役が尾野真千子から夏木マリにバトンタッチされた理由。れについて監督は「晩年、年を重ねるごとに輝きを増していく糸子は、洋服への情熱を最後まで絶やしません。そのバイタリティーあふれる姿、そして懸命に生きてきた人間が持ち得る潔さと美しさを体現できる人、それが夏木マリさんです」と話しています。

視聴者の評価では、夏木マリの小野糸子をもっと見たい!という声もありましたが、一方で、ゴージャスなイメージの夏木マリは、素朴な小野糸子役に合わない、ちょっとカッコよすぎる、という評価も多かったようです。しかし、この「カーネーション」の主人公のモデルとなったのは、かの「コシノ三姉妹」の母・小篠綾子さん。その情熱の強さや、人としての潔さを表現するのには、夏木マリが適役だったのではないでしょうか。

スポンサーリンク

夏木マリの現在までの経歴は?

「夏木マリ」の芸名は、1952年から。それより前、夏木マリは「中島淳子」として活動していました。1971年に歌手として「小さな恋」で清純派アイドルとしてデビューするも注目されなかった夏木マリ。1973年に「夏木マリ」として再デビューするまでは、キャバレー周りをしていたそうです。

芸名を夏木マリとして再出発し、妖艶なダンスとフィンガーアクションが盛り込まれた「絹の靴下」を発売すると、これがいちやく大ヒットします。しかし、低色素性貧血で入院してしまった夏木マリ。その後、またもや活躍の場を失い、しばらくはキャバレー回りの生活に戻ってしまったそうです。

その後、舞台の仕事をするなどして、徐々に女優としての活動を増やしていったのです。その後の活躍はご存じの通り。「千と千尋の神隠し」の「湯婆婆」役などジブリ作品の声優活動をはじめ、映画、テレビドラマ、舞台、CM、ライブ活動など、実に多彩な分野でその存在感を発揮しています。

夏木マリ、年齢なんか関係ない!

夏木マリ、御年63歳。60歳を過ぎても、夏木マリの魅力は衰えるばかりか増すばかり。自由奔放な生き様に「マリ姐さん」と慕う人が多いというのもうなずけます。夏木マリは、60歳を迎えた際にやり残したこととして「唄うことに全力投球していなかった」という思いに至ったそうです。

そして2015年、歌手・夏木マリを復活させました。63歳になった夏木マリは、歌への全力投球の第一弾として初の全国縦断ツアーを決行。ストイックに体力作りに励み、ライブに臨むという夏木マリ。夏木マリの名言である「年齢は単なる記号にしかすぎない」という言葉を裏付ける実行力ですね。

「シンプルに生きる」も夏木マリの名言。言葉通りに生きているところが、夏木マリがカッコいい女の代名詞と呼ばれる由縁でしょう。男性だけではなく、女性ファンも多いのもうなずけます!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る