青野春秋の「100万円の女たち」は謎すぎる男1人女5人の同居物語!

青野春秋の「100万円の女たち」は謎すぎる男1人女5人の同居物語!出典:http://spi-net.jp

青野春秋の「100万円の女たち」は謎すぎる男1人女5人の同居物語!あらすじとネタバレ

青野春秋の「100万円の女たち」は100万円もらって女性と同居する物語?あらすじ

月100万円もらえる……それだけを見ると、何か危険な事が起こるのではないかと思ってしまいますが、青野春秋「100万円の女たち」には不穏な気配は感じられません。5人の女と1人の男の、100万円で繋がった同居生活が描かれています。

主人公の道間慎は覇気がなく、容姿も冴えない31歳の小説家。父親が、母とその不倫相手、駆けつけた警察官の3人を刺殺して死刑囚となって以来、慎は、事件の起こる小説が書けなくなってしまいました。固定電話とFAXがあるだけの家ですが、お金には困っていない慎。実は、5人の女と同居しており、彼女たちの世話をする代わりに、それぞれが慎に毎月100万円を支払っていました。

5人の女たちの顔ぶれは、女子高生の鈴村みどり、引きこもりの小林佑希、陽気でヨガ好きな塚本ひとみ、掴みどころのない開菜々果、裸族で羽振りの良い白川美波。女たちの正体や、慎と同居する目的など、多くの謎を抱えながら、物語は淡々と日常を紡いでいきます。

青野春秋の「100万円の女たち」が打ち切りに!?同居生活の結末をネタバレ!

青野春秋の特徴のある絵で、どこか薄暗く退廃的な空気が漂う「100万円の女たち」。物語が進むごとに、同居理由や、女たちの正体、月100万円というお金の出どころなどが明らかになっていきます。みどりは10億円の宝くじの当選者、佑希は既婚者で、不動産会社を経営している夫が入院中です。

スポンサーリンク

奈々果は女優で、美波は高級クラブの経営者、ひとみは亡くなった人気小説家の一人娘。彼女たちが同居生活を始めたのは、謎の招待状に導かれたから。生活が少しずつ変化していく中、招待状の送り主の正体に気が付いた奈々果が殺害されてしまいます。招待状を送り、菜々果に加え、美波も殺害した犯人は佑希でした。

動機は、ただ慎で遊ぶため。これが、どうにも共感しにくい理由だったため、読者からは、「結末が唐突かつ不自然である」と指摘されています。実際に、どう考えても打ち切りというタイミングで話が急変した本作。読者からは、明らかになっていない謎の答えを求める声や、残念がる声が多く寄せられています。

青野春秋のプロフィール!代表作「スラップスティック」あらすじとネタバレ

青野春秋は独特な世界観が話題の漫画家!年齢などプロフィールは?

青野春秋の漫画は、画力は決して高いとは言えず、淡々とした、けれどもどこかもの悲しさを感じさせる空気が特徴です。1979年、茨城県生まれの青野春秋。2001年、「ヤングマガジン」に、椎名春良名義で投稿した「スラップスティック」が、第45回ちばてつや賞ヤング部門の優秀新人賞を受賞します。

スポンサーリンク

しかし、掲載やデビューに繋がることはなく、2005年「走馬灯」で、「月刊IKKI」の新人賞である第17回イキマンを受賞したことからデビューしました。その後は、「月刊IKKI」を中心に作品を発表しており、2007年から2013年にかけて連載された「俺はまだ本気出してないだけ」は、堤真一主演で映像化されています。

その後は、「五反田物語」「スラップスティック」と作品を次々と発表しました。そんな青野春秋ですが、漫画家を目指し始めたのは、25歳とかなり遅め。漫画を買うために、作業員や運転手などさまざまな職を転々としてきた根底には、「とりあえず働いてみる」というスタンスがあるそうです。

青野春秋の代表作「スラップスティック」あらすじとネタバレ!極貧家庭のリアルストーリー

「気に入らないことが多すぎる人々が気に入らない」と、世の中に冷静な視線を向ける9歳の春人が主人公の物語が、青野春秋の代表作とされる「スラップスティック」です。昭和の終わりごろ、母・とし子と、15歳の兄・秋介と暮らす春人は、母が再婚&離婚した相手の連れ子であるため、家族の誰とも血のつながりがありません。

とし子は、家庭教師をして2人の子を養っていますが、かなりの極貧生活。秋人は不良で、他人に迷惑ばかりかけています。春人は、同級生の親から「うちの子と仲良くしないで」と言われたり、担任教師に「臭い」とからかわれたりする毎日。少しだけ普通の生活を望む春人に、世間が手を差し伸べることはなく、ただ日々は過ぎゆきます……。

やるせなさと無力感を味わうことになる「スラップスティック」は、青野春秋自身が体験したほぼ実話だそうでです。年齢を重ねるごとに過酷さを増していく生活に、胸が締め付けられない人はいないでしょう。

青野春秋の「100万円の女たち」がテレビドラマ化!主演はブレイク中の「RADWIMPS」野田洋次郎!

売れない小説家と5人の女性による、謎が謎を呼ぶ同居生活を描いた青野春秋「100万円の女たち」がTVドラマ化されることが発表されました。放映は、映像配信サイトNetflixにて2017年4月7日から、テレビ東京では、2017年4月13日から、毎週木曜日25:00に放送開始予定です。主人公の道間慎を演じるのは、ロックバンド「RADWIMPS(ラッドウィンプス)」の野田洋次郎。

2016年に大ヒットした、新海誠監督のアニメーション映画「君の名は。」の主題歌や劇中歌など、作品中に使用されたすべての楽曲を担当していたことで、「RADWIMPS」は広く名前が知られるようになりました。中でも野田洋次郎は、ほぼ全ての楽曲で、作詞、作曲と、ボーカル、ギターを担当しています。

実は、これまでにも俳優経験がある野田洋次郎。2015年に公開された「トイレのピエタ」で主演を務め、第39回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞しています。連続ドラマは初出演。バンド活動では男ばかりなので、女性5人と同居という夢のようなシチュエーションに翻弄されないか不安と言いながらも、ちょっとイビツな新体験を視聴者に届けられれば、と意気込みを語っています。

主題歌は、こちらも話題となったアニメーション映画「この世界の片隅に」の音楽を担当したコトリンゴ。奇しくも2016年に大ヒットとなったアニメーション映画に関わった2名が、一風変わった形で共演をすることになりました。気になる同居生活を送る5人を演じる女優陣については、2017年3月15日時点では未発表。野田洋次郎がどのような演技を見せるのか、そして、物語を彩る女優たちはいったい誰なのか……放送開始に向けて、興味は高まるばかりです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る