荒川静香は美人だけど性格は?浅田真央に対する解説の評判

荒川静香は美人だけど性格は?浅田真央に対する解説の評判出典:http://topicks.jp

荒川静香は美人だけど性格は?浅田真央に対する解説の評判

荒川静香は美人スケーター!どういう性格なの?

荒川静香は、トリノオリンピックで金メダルを獲得し、得意技「イナバウアー」が流行語に入るほどの人気を得たフィギュアスケーターです。現在は、プロスケーターとして、また、フィギュアスケートの解説の仕事もするなど、相変わらず活躍していますが、選手の頃の美しさは変わりありません。

そんな美人で、実績もある荒川静香ですが、いったいどのような性格をしているのでしょうか?
荒川静香に対する世間のイメージは、冷静沈着なクールビューティといったものが大半だと思います。しかし、著書である「Tira mi su 〜だから私はがんばれる!」や「金メダルの道」で、本番前にマツケンサンバを踊っていたり、演技前にかんぴょう巻きを食べていたり、衣装を忘れたりといったエピソードを紹介しています。

どこかドライなイメージが強い荒川静香ですが、実はその反対で、ちょっとお茶目な一面もあるようです。美しいだけではない、リンクの外で見せる可愛らしい一面もまた、荒川静香の魅力の一つなのでしょう。

荒川静香は浅田真央が嫌いなの?!浅田真央に対する評価が辛口と解説が話題に!

荒川静香によるフィギュアの解説が、浅田真央に対してかなり辛口だと話題になっています。さらに飛躍して、荒川静香は浅田真央が嫌いなのではないかという憶測まで飛び交う始末です。荒川静香による浅田真央の解説が辛口だと叩かれる理由は、「浅田真央のミスをことさら細かく説明する」「ライバルのキム・ヨナをほめすぎる」の2点が多いようです。

スポンサーリンク

しかし、一方で、冷静で時に厳しいコメントが出るのは、荒川静香が、スケーターとして、ライバルとして、浅田真央を対等に見ているからだという意見も少なくありません。かつて、浅田真央と同じコーチの元で練習をしていたときに、あまりにも比較されることが多く、「彼女(浅田真央)と比べないでください」と言ったこともあったという荒川静香。

それでも、浅田真央が世界選手権女子シングルで素晴らしい演技を見せた時には、荒川静香は、「得意のトリプルアクセルだけでなく、すべての面がパーフェストだった」と褒めたたえています。どちらかといえば、荒川静香は、同じスケーターとして、同じ高みを目指した競技の先輩として、これからの成長を応援する思いを込めて、浅田真央の解説をしているのではないでしょうか。

荒川静香が結婚した夫や子供!村主章枝との不仲の真相は?

荒川静香が結婚!結婚した夫や子供について徹底解説!

荒川静香は、2013年12月29日、荒川静香の誕生日に、一般男性と結婚したことを発表しました。荒川静香が結婚したお相手は、身長が180㎝もあるという外科医の男性。交際から結婚まで、わずか2カ月というスピード婚となりましたが、馴れ初めは、お見合いだったといいます。これまでの人生をすべてスケートにつぎ込んできた荒川静香は、ある時、母親を通じて現在の夫を紹介してもらい、そのままゴールインしました。

スポンサーリンク

結婚を発表した翌年の2014年には、妊娠3カ月であることも発表されました。11月に荒川静香が出産したのは、2860gの元気な女の子。最近は、子供も随分と成長した様子で、おやつに夢中になっている間に髪の毛を結んだというほほえましい日常の一コマをツイートしています。妻となり、母となった荒川静香の表現力がどのような進化を見せるのか、今後のスケーティングがますます楽しみです。

荒川静香は村主章枝との仲が悪い?2人の不仲説の真相はいかに?

荒川静香には、長年のライバル村主章枝との間に確執があり、2人の仲は非常に悪かったという噂があります。荒川静香と村主章枝は、オリンピックの日本代表枠がたった1枠しかなかったころから、出場枠を競い合ってきた関係です。ライバル関係が激化していったのは当然で、同じコーチに師事していたときには、練習時間をずらすなど、荒川静香と村主章枝が極力顔をあわせなくてすむように調整されていたといいます。

ライバル関係が激化していった理由には、村主章枝の気性も関係していたようです。荒川静香は、誰とでも話すようなオープンな性格ですが、村主章枝は、やや繊細で神経質なところがあるとか。代表の座を争っている間は、合宿先で部屋が一緒になっても、話すこともないほどだったというから、2人の間の緊張感の強さが想像されます。

しかし、トリノオリンピック直前に開催された日本代表合宿の際に、村主章枝が苦手としているスピンについて、荒川静香からアドバイスを受けた場面がメディアに報じられました。これが、実質的な和解となった様子です。今後は、真剣勝負に臨んだ者同士、時に協力し合いながら、フィギュアスケートの発展に尽力していくに違いありません。

荒川静香の発言が羽生結弦を金メダルの道に導いた!

荒川静香がトリノオリンピックで金メダルを取って、日本中が歓喜にあふれたのは、2006年のことです。荒川静香の金メダル獲得から8年。男子フィギュア界で同じ偉業を成し遂げたのが、羽生結弦でした。2014年、ソチオリンピックで金メダルを獲得した羽生結弦は、インタビューで、「荒川さんがいて、僕は今ここにいるのです」と語りました。

羽生結弦の金メダルの影には荒川静香ありといわれる理由、それは、羽生結弦の練習拠点である仙台市のスケート場が、2004年に閉鎖してしまったことがはじまりでした。羽生結弦は、そのとき小学5年生。別のリンクで練習することになったものの、練習時間が激減し、技術や体力の向上を目指すことが困難な状況になってしまいました。

そんなときに、仙台のアイススケートの指導や練習環境の悪化を懸念している旨を訴えたのが、トリノオリンピックで金メダルを獲得したばかりの荒川静香です。それを受け、羽生結弦が練習していた仙台のスケート場も復活。羽生結弦は、スケートを諦めずに、滑り続けることができました。

羽生結弦が荒川静香に助けられたのは、物理的な面だけではありません。東日本大震災で、故郷の仙台市内が被災した2011年。「スケートをやっていていいのか」と悩んだ時にも、荒川静香が金メダルで、多くの人に夢を与えたことを思い出し、「自分にできることは、スケートで期待に応えることだ」と気持ちを新たにしたそうです。

このように、演技や発言で、多くの人に夢や勇気を与えきた荒川静香。これからは、解説者やプロスケーターの立場から、夢や勇気を与え続けてくれたらと思います。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る