荒川良々が所属する劇団「大人計画」(宮藤官九郎、松尾スズキ所属)の特徴は?

荒川良々が所属する劇団「大人計画」(宮藤官九郎、松尾スズキ所属)の特徴は?

荒川良々の劇団「大人計画」(宮藤官九郎、松尾スズキ所属)の特徴は?

荒川良々が劇団「大人計画」(松尾スズキ主宰)に入ったきっかけは?

荒川良々(あらかわ よしよし)といえば、ぽっちゃり体系に丸刈り頭の独特な雰囲気が印象的な俳優。10年ほど前のカロリーメイトのCMで、ブルース・リーの格好でいきなり現れる姿が記憶にある方も多いのはないでしょうか。

そんな荒川良々が所属する劇団は「大人計画」というグループ。松尾スズキ主宰の劇団です。ちなみに「荒川良々」という芸名をつけてくれたのもこの松尾スズキ。

実は荒川良々、この劇団に入ったきっかけは当時付き合っていた彼女だそう。一緒に「大人計画」の演劇を観に行った時、オーディションのチラシを見て「あなたも何かしてみたら」と言われて受けてみたとのこと。ちなみに、松尾スズキが荒川良々を選んだ理由は「顔」なのだそうです。

スポンサーリンク

荒川良々の劇団「大人計画」(宮藤官九郎、松尾スズキ所属)の特徴は?

荒川良々が所属する劇団「大人計画」の特徴は、なんといっても主宰の松尾スズキをはじめ、宮藤官九郎、阿部サダヲなど個性的な俳優が勢ぞろいしている点にあるでしょう。大ヒットしたNHKの朝ドラ「あまちゃん」には、荒川良々をはじめ、数多くの「大人計画」俳優が出演していました。

俳優たちの役柄の印象からか、ユルいイメージのある「大人計画」ですが、実は稽古は相当厳しいようです。その稽古に耐えてきた人たちだからこそ、各個人それぞれに味のある素敵な演技ができるのですね。
また、ファブリーズのCMで松岡修造の妻役を演じている平岩紙(ひらいわかみ)も「大人計画」所属。この平岩紙は、荒川良々と2008年に手つなぎデートを報じられていました。

荒川良々出演「予告犯」感想あらすじネタバレ!熱愛彼女と結婚?!

荒川良々出演「予告犯」感想あらすじネタバレ!

荒川良々は2015年公開、生田斗真主演の「予告犯」に出演しています。荒川良々の役どころは、インターネットを使った社会の悪を制裁する集団「シンブンシ」の一味である「メタボ」という役。

スポンサーリンク

映画「予告犯」のあらすじは、公的な機関が解決できない事件や、理不尽な出来事を起こした悪人たちをつぶすべく立ち上がった「シンブンシ」なる一味のお話。彼らは悪人たちに対する制裁予告を、次々YouTubeにて公開し、実行していきます。そして捜査の手が徐々に彼らへと及んでいく中、追い詰められた「シンブンシ」一味の選んだ選択とは……という内容です。

最近何かと問題になっている時事ネタやネット炎上などを取り扱っていて、私たちが「理不尽だなぁ」と日頃感じることを、「シンブンシ」一味が次々に制裁していく姿はとても小気味よいです。彼らはネットの中で神格化されていくのですが、彼らが行っていることも所詮犯罪。その先には、荒川良々演じる「メタボ」も含め、やはり悲しい結末が待ちうけているのです。

荒川良々が熱愛彼女と結婚?!

荒川良々は2015年10月、ホラン千秋似の美女と手つなぎデートをフライデーされました。しかも直撃した記者に対して、荒川良々は、あっさり熱愛彼女の存在を認めています。

インタビューで、彼女と付き合ってから3カ月ほどで、結婚の予定はまだないと語っています。荒川良々の彼女は20代のフリーターの方だそうで、すでに荒川良々の自宅で同棲を始めています。ちなみに荒川良々と彼女の身長差は、なんと30cmほどあるらしいです。
ちなみに2008年に手つなぎデートしていた平岩紙とは、その後、数年で破局しています。

荒川良々は仕事に恋に運気上々! 噂の彼女と所属劇団「大人計画」について。

荒川良々がホラン千秋似の美女の交際を、フライデーが突き止めた時、二人は、ほろ酔い加減で焼き肉屋から出てきて、お互いの背中をさすり合ったりしながら、荒川良々の自宅へと消えていったよう。その後、彼女が部屋のバルコニーから出てきて、洗濯物を取り込み始めたとか。その姿は、もはや夫婦のようだったそうです。

実はこの報道に対して、ネットでは「快挙!」と称賛する声が多いのです。性格派俳優の荒川良々が、41歳にして、20代の美女と付き合うことを、みんな好意的にとらえているようですね。

ところで、NHK朝ドラ「あまちゃん」には副駅長役の荒川良々をはじめたくさんの「大人計画」の俳優が出演していました。脚本は宮藤官九郎、主宰者である松尾スズキは喫茶店のマスター・甲斐役、皆川猿時(教師・磯野心平役)、村杉蝉之介(カメラ小僧、アイドル評論家・ヒビキ一郎役)など。

この大人計画、個性的な俳優がそろっているように見えますが、劇団員に共通する特徴があるようです。それは劇団員一様にシャイで無口で他の人間にあまり関心を示さないということ。

荒川良々も同様で、自分の世界があるから、あの個性的な面々の演技が引き立つと言ったところでしょうか。仕事に、恋に、乗りに乗っている荒川良々の今後が楽しみですね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る