有賀さつきに病気の噂!?元夫の和田圭との馴れ初めや離婚理由は?

有賀さつきに病気の噂!?元夫の和田圭との馴れ初めや離婚理由は?出典:https://geinou-resistance.info

有賀さつきが激やせやカツラで病気の噂!?身長やプロフィールは?

有賀さつきが激やせやカツラで病気の噂!?その真相は?

有賀さつきは、フジテレビの女子アナとして活躍していましたが、現在はタレントとして活動し、日本語の話し方指導も行っています。アクティブに活動している印象ですが、最近激ヤセしたことから、「病気なのではないか」と噂されていいます。

有賀さつきがテレビ出演した際に、激やせした姿や、明らかにカツラをかぶっていると分かるヘアスタイルが、ネットで話題となっています。カツラが必要なほど頭髪にダメージがあるものと言えば、抗がん剤のイメージが強いもの。そのため、「有賀さつきは癌なのでは」という意見が噂の大半を占めています。

しかし、今のところ、有賀さつき本人は、激やせやカツラについては何もコメントしていないため、真相は謎のままです。

有賀さつきの身長やプロフィールは?女子アナブームの先駆け!

有賀さつきは、1965年9月9日生まれ。身長170cmと、女性にしては高身長で、モデルのような体型。フジテレビの女子アナ同期には、河野恵子アナや八木亜希子アナがいる有賀さつき。1980年代には、花の三人娘として人気がブレイクし、「オレたちひょうきん族」などのバラエティ番組にも出演することで女子アナの仕事の幅を広げ、女子アナブームの先駆けとなりました。

スポンサーリンク

父親の仕事の関係で5~8歳の頃までニューヨークに住んでいた帰国子女で、英語が得意。ゴルフなどスポーツも得意で、フランス料理学校「Le Cordon Bleu」代官山校・菓子本科を修了し、フランスの菓子コンクール「シャルル・ブルースト」シニア部門3位入賞という輝かしい経歴の持ち主でもあります。有賀さつきは、あらゆる方面で活躍できる素質を持っていえますね。

有賀さつきと元夫の和田圭の馴れ初めや離婚理由は?子供の現在は?

有賀さつきと元夫の和田圭の馴れ初めや離婚理由は?テレビ番組で仮面夫婦生活を暴露?

現在は独身の有賀さつきですが、結婚していた時期もありました。お相手は、フジテレビ解説委員の和田圭。当時フジテレビアナだった有賀さつきにとっては、上司にあたる存在でした。13歳と一回り以上年齢が離れており、最初に和田圭からプロポーズを受けた際には断ったものの、そのすぐ後に妊娠が発覚し、結婚に至ったとか。もともと結婚に乗り気ではなかったこともあり、結婚生活は上手くいかず、わずか4年で離婚となりました。

2015年に、有賀さつきがテレビ番組に出演した際には、「ずっと低体温のままだった」「水と油の関係だった」と、2人の結婚生活が最悪だったことを赤裸々に告白。離婚した理由を元夫の和田圭に押しつけたことで、番組を視聴した主婦層からは共感は得られず、むしろ反感を買う結果となっています。

スポンサーリンク

有賀さつきの子供の現在は?早期英語習得に成功?

有賀さつきと元夫の和田圭の間に生まれた子供は、現在は高校生へと成長しています。帰国子女であり英語が堪能な有賀さつきは、自身の子供に対しても早い段階で英語教育に取り組み、早期英語習得に成功したことを明かしているので、英語力が活かせる高校に通っているのかも知れません。離婚後も、元夫の和田圭と有賀さつき親子は時々外で会っているそうで、今は夫婦という形ではなく、新しい関係を築いているようです。

有賀さつきが「ネプリーグ」に参加!英語も漢字も準一級の実力で大活躍!

有賀さつきは、2017年7月31日放送の「ネプリーグ」に、露木茂らと共に「フジレジェンドアナチーム」として参加して番組を盛り上げました。英語力や漢字力を試される問題が多数出題された「ネプリーグ」。漢検準一級と英検準1級の資格を持つ有賀さつきは、「フジレジェンドアナチーム」の頼れる存在として大活躍。特に、2ndステージの「林先生の漢字テストツアーズ」では、有賀さつきの漢字力が大いに発揮されました。

結果的には、対戦相手の「成り上がりチーム」に惜敗してしまいましたが、あの林修さえもミスしてしまった漢字「喇叭(らっぱ)」を正確に書いてみせるなど、漢字力を存分に見せつけた有賀さつき。元夫・和田圭との過去を暴露する形で注目を集め、好感度は下がってしまっていますが、語学力や漢字力という知的な武器があることをあらためて証明しています。

今後テレビ出演する際には、相手を一方的に貶めるような暴露話で株を落とすのではなく、「ネプリーグ」で活躍したように、その聡明さを活かしていくほうがイメージアップに繋がるのではないでしょうか。将来には、親子でクイズ番組に出演するというのも話題としては良いかも知れませんね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る