アーノルド・シュワルツェネッガーの筋肉伝説は史上最強!現在は見る影なく?!

アーノルド・シュワルツェネッガーの筋肉伝説は史上最強!現在は見る影なく?!出典:http://www.cinemacafe.net

アーノルド・シュワルツェネッガーの筋肉伝説は史上最強!現在は見る影なく?!

アーノルド・シュワルツェネッガーの筋肉伝説がヤバすぎて史上最強!その内容とは?

アーノルド・シュワルツェネッガーといえば、泣く子も黙るハリウッド俳優。アーノルド・シュワルツェネッガーが、1980年代以降のハリウッド映画における、マッチョ伝説を作ったといっても過言ではありません。そんなアーノルド・シュワルツェネッガーは、実は、ボディビルディング業界の出身でした。

オーストリア生まれのアーノルド・シュワルツェネッガーは、若いころの兵役期間に体を鍛え始め、もともとの恵まれた体格もあってか、1966年のミスター・ユニバースロンドン大会でいきなり準優勝を遂げます。一躍トレーニング業界の有名人になったアーノルド・シュワルツェネッガーは、ロンドンで本格的にボディビルの鍛錬を積み、1967年には、ミスター・ユニバースで優勝します。

1968年、カリフォルニアに転居してからは、ゴールド・ジムで、ジョー・ウィダーという伝説的なボディ・ビルダーのもと修行。1970年代には、ニューヨークで、ボディビルの最高峰ミスターオリンピアで5年の間チャンピオンとして君臨し続けました。その後に映画俳優としてデビュー、順調にキャリアを積んでいったのです。

アーノルド・シュワルツェネッガーも老化には勝てない?かつての面影は今どこに?

アーノルド・シュワルツェネッガーは、1947年生まれで、御年69歳のご高齢。当然、寄る年波には勝てないのか、最近では筋肉の露出も少なめ……という評判が多いようです。アーノルド・シュワルツェネッガーが、カリフォルニア州知事を務めていた頃は、まさにそんな様子でした。

スポンサーリンク

その頃パパラッチされた画像では、20代の頃の筋骨隆々な面影はどこへやら。筋肉は落ち、肌の色つやもやや衰えている感じで、あのアーノルド・シュワルツェネッガーが、ちょっとごついおじさん程度になってしまった、という印象がぬぐえませんでした。それもそのはず、アーノルド・シュワルツェネッガーがあの肉体美を維持するためは、全盛期で、1日数時間以上のトレーニングをしなければならなかったそうです。

行政に関わる多忙な毎日では、トレーニング時間を確保することは予想以上に難しいこと。言い換えれば、アーノルド・シュワルツェネッガーは、年相応の普通の男性と同じ状態になった、ともいえるでしょう。そんなアーノルド・シュワルツェネッガーですが、知事勇退後は、再びトレーニングを始めて、老人とは思えない体を作り上げています。やはりチャンピオンは違いますね!

アーノルド・シュワルツェネッガー主演映画「ターミネーター」シリーズあらすじネタバレキャスト!

アーノルド・シュワルツェネッガー名作中の名作「ターミネーター」シリーズのあらすじネタバレ!

アーノルド・シュワルツェネッガー主演の名作といえば、やはり「ターミネーター」だと、映画ファンは口をそろえて言うでしょう。シリーズ化して何本も続編が出た、名作「ターミネーター」。ここで、あらすじネタバレ!舞台は、コンピューターテクノロジーから生まれた人工知能スカイネットが人間を支配するようになった近未来で、人類のリーダーとなったのは、ジョン・コナーという男性。

スポンサーリンク

スカイネットの人間型殺人ロボット「ターミネーター」が、タイムマシンを使って、ジョン・コナーの母を殺害しようと企みます。これに対して人間側も戦士を送り込み、ジョンの母サラを巻き込んだバトルへ……というのが初代「ターミネーター」のあらすじです。

初代では、ターミネーターは、工場のプレス機で撃破されますが、その後大ヒットを飛ばした「ターミネーター2」では、流体金属のターミネーターと、初代ターミネーターが敵味方に分かれて戦いました。その後3、4までシリーズが続いた映画「ターミネーター」は、「ターミネーター:新起動/ジェニシス」という最新作までが製作されています。

いずれも、初代悪役だったターミネーターが味方となって、敵のスカイネットと戦い勝利する、という構成です。初代「ターミネーター」は、SFアクションの金字塔として評価が高く、辛口評価のロッテントマトでも100%満点を得るほどです。

アーノルド・シュワルツェネッガー「ターミネーター」キャストを教えちゃいます!

アーノルド・シュワルツェネッガー主演の「ターミネーター」シリーズで、未来から送り込まれる、人の皮を被った筋骨隆々のサイボーグT800を演じたのは、我らがアーノルド・シュワルツェネッガー。初代「ターミネーター」では敵でしたが、以降はずっと正義の味方です。

サラ・コナー役は、初代「ターミネーター」監督ジェームズ・キャメロンの妻となったリンダ・ハミルトン。サラ・コナーを救う戦士には、マイケル・ビーンが配されています。このほかにも、サラ・コナーを詰問する警察署の刑事には、「エイリアン」でのアンドロイド役を好演したランス・ヘンリクセンが出演。アカデミー賞を獲得した「ターミネーター2」では、これに加えて、有名子役となったエドワード・ファーロング、流体金属でできた悪役T1000には、ロバート・パトリックなどが出演しました。

その後のターミネーターシリーズにも、クレア・デーンズ、サム・ワージントン、サミュエル・L・ジャクソンなど有名俳優が多く出演しています。回を追うごとにさまざまな味付けがされる「ターミネーター」シリーズですが、T800は、いつまでもアーノルド・シュワルツェネッガーのままです。それほどインパクトが強かったのですね。

アーノルド・シュワルツェネッガーもう1つの名作「プレデター」の最新作が制作開始!

アーノルド・シュワルツェネッガーが全盛期に出演したもう1つのSF映画の名作に「プレデター」があります。宇宙の彼方から、超技術を使って地球に忍び込んだエイリアン。「プレデター」は、このエイリアンが、人の目には認識できない光学迷彩や、レーザーガンなどを使い、コレクションとして、人間の皮を集めるという恐ろしい設定の映画です。初代「プレデター」は1987年に公開され、こちらもSFアクション映画の金字塔として高い評価を得ました。

残念ながら、メジャーな賞の受賞はかないませんでしたが、奇怪で醜いデザインのプレデターは、SFファンの人気を博し、その後には、ゲームや映画も含めて、さまざまな続編が作られるように。アーノルド・シュワルツェネッガーも、「プレデター」で、筋肉美を活かしたアクションを魅せたことで、「ターミネーター」役の高評価とあいまって、ハリウッド映画の大スターとなりました。

そんな「プレデター」ですが、ヒスパニック系名俳優ベニチオ・デル・トロを主演に据えた最新作が制作されているとの情報が入っています。前回の「プレデター2」の時には、アーノルド・シュワルツェネッガー演じる「プレデター」の主人公ダッチは参加しませんでしたが、今回は、出演交渉が行われているという情報もチラホラ。

まだ公にアーノルド・シュワルツェネッガーが参加するという情報はありませんが、できることならぜひとも参加して、今やいぶし銀となったアーノルド・シュワルツェネッガーとプレデターとの戦いを観てみたいですね!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る