綾野剛 ドラマ・映画共演者キラー!歴代熱愛彼女は?孤独な生い立ちとは

綾野剛 ドラマ・映画共演者キラー!歴代熱愛彼女は?孤独な生い立ちとは

綾野剛 ドラマ・映画共演者キラー!歴代熱愛彼女は?

綾野剛 ドラマ・映画共演者キラー!カッコイイけど女グセが悪い?!綾野剛を振った女優は誰?

男らしいけど色っぽい、どこかミステリアスな俳優・綾野剛は、ドラマ・映画の共演者を次々と射止めていく「共演者キラー」と言われています。確かにあのクールなルックスと、落ち着いた声と口調があれば、キレイどころの女優たちもいちころかもしれません。

そんな強力な武器を備え、綾野剛は、ロックオンした人気女優には撮影の合間をみて積極的に話しかけます。そうやって口説き落とした人気女優たちと、人目もはばからずデートをする……というわけです。これでは共演者の事務所側が「女グセが悪い」と警戒するのも当たり前。現場では、綾野剛と人気女優たちが共演する際には、「綾野剛に気を付けろ」という空気が流れるそうです。

しかし、共演者キラー・綾野剛でもドラマ「空飛ぶ広報室」で共演した新垣結衣のことは口説き落とすことができませんでした。その時、”新垣結衣がドストライク”だった綾野剛は、いつものように積極的に新垣結衣に付きまといましたが、人見知りすぎる彼女はそれを不快に感じ、後に事務所を通して「共演NG」を突き付けたそうです。

綾野剛 歴代彼女は?戸田恵梨香はどうなったの?

綾野剛の歴代彼女と言えば、やはり真っ先に浮かんでくるのは2010年に交際が発覚した戸田恵梨香ではないでしょうか。FRIDAYで戸田恵梨香の故郷に向かう道中の新幹線車内でリラックスした2人の様子が掲載されたことで、結婚間近と噂になっていました。しかし、写真家の蜷川実花が、お気に入りだった綾野剛を映画のキャストに抜擢したことで、戸田恵梨香と過ごす時間が激減してしまいます。

スポンサーリンク

そのためかどうかはわかりませんが、ついに綾野剛と戸田恵梨香とは破局。フリーになった綾野剛が次に射止めた歴代彼女は、14歳年下のNHK「あまちゃん」で足立ユイ役を演じた女優・橋本愛でした。お互いが交際について否定していたようですが、デート現場の目撃者によると「2人はどう見ても付き合いたてのカップル」だったといい、綾野剛は橋本愛を「愛ちん」と呼んでいたそうです。

さらに2013年9月末に、親密な雰囲気を漂わせながら綾野剛が映画デートしていたという相手は、10歳下の成海璃子。現在の彼女はというと、戸田恵梨香と復縁か?という噂もありましたが、今のところそれはなさそうですね。

綾野剛 本名、身長、体重は?父親の事業失敗、両親の離婚、孤独な生い立ちとは

綾野剛 本名、身長、体重は?出身中学、高校はどこ?

綾野剛は本名を公開していません。しかし、モデル時代に撮影されたスナップ写真には「川井剛」と書かれていました。某ラジオ番組で綾野剛自身が「剛だけ本名」と認めていますし、これが本名という可能性は高そうです。公表されている身長は180㎝ですが、以前182㎝の向井理と並んだ時の劇的な差から、サバ読み疑惑が浮上しています。

スポンサーリンク

体重は非公開ですが、セクシーな鎖骨の浮き具合からも明らかに細い!どうやら綾野剛は、食べても太りにくい体質のようです。綾野剛が岐阜県岐阜市にある藍川北中学校、関商工高等学校出身だということが第三者によって明らかになりました。

しかし、もともと出身中学や高校は、本名と同様、プロフィール上は非公開となっています。「誰も自分を知らないところに行きたかった」という理由で上京した綾野剛は、故郷を思い出したくないという思いから過去にフタをしているのかもしれません。

綾野剛 父親の事業失敗、両親の離婚、孤独な生い立ちとは?「もっと母親に見てほしかった…」

綾野剛が故郷にあまりいい感情を抱いていない原因は、孤独な生い立ちにあります。衣類の卸売業を営む父親とスナック勤務の母親はいつも多忙で、食事はいつも外食。独りで過ごすことが多かった幼き日の綾野剛は、がらんとしたリビングの孤独から逃れるために、狭い押入れに、お気に入りの物を持ち込んで過ごしていたという繊細な少年でした。

そんな一般的なぬくもりを欠いた綾野剛の家族をさらに追い込んだのは父の事業の失敗。自宅を差し押さえられ、行き場を失くした綾野剛の両親は、離婚してしまいます。そして綾野剛は母親の元に引き取られますが、孤独と空虚感は増すばかり。中高校時代は陸上部に所属し、800m競技で県大会優勝、準優勝と華々しい活躍残している綾野剛ですが、「一度も人生に充足感を持ったことがなかった」と語っています。

やがて綾野剛は、故郷を捨て上京。役者になることで「母親に見てほしい」という願望を満たしたかったのです。その時間を取り戻すかのように、今では帰郷した際には母親の店で飲み、東京に呼び寄せて食事をすることも。そして出会った際には、母親をハグして愛情を伝えているそうです。

綾野剛 光と影の魅力 もはやそれは視聴者キラー

多部未華子と共に出演している9月4日公開の映画「ピース オブ ケイク」の公開直前イベント「愛を叫ぼう」に参加した綾野剛の「キス謝罪」には、女性陣はかなりドキッとしたのではないでしょうか。この映画での綾野剛の役どころは”ヒゲ店長”こと京志郎。キスシーンの際に、綾野剛のヒゲがこすれて多部未華子の口元が赤くなっていたことがどうしても気になっていたといいますが、公の場でそんな生々しい話をされると変に意識してしまいますよね。

これも綾野剛流の、例の口説きテクの1つだったりするのでしょうか。その一方で、人の痛みに非常に敏感な性格とも言われている綾野剛。NHK「スタジオパーク」の出演が国会中継のために延期になってしまった時には、集まってくれたファンやスタッフたちにも重ね重ね心遣いの限りを尽くすという一面もあります。

自分のベースとなる家庭で、人の愛に恵まれなかったことが、今の綾野剛にそうさせているのかもしれません。気になる女性には即アタック!という姿勢も、「女グセ」というより、素直な愛情表現と言えなくもないですよね。

デビュー作「仮面ライダー555」で監督にたっぷり絞られたことによって、「自分に真剣に向き合ってくれる人がいる」と胸を熱くした綾野剛は、役者への道を進むことによって”変えられない過去の呪縛”を振り返らず、新たな自分を目指してきました。

31歳でブレイクという遅咲き俳優でありながら、光と影を帯びた魅力で、いまやドラマや映画に欠かせない存在となった綾野剛。単なる共演者キラーではなく、今ではすっかり名うての視聴者キラーという気がします。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る