「美人が婚活してみたら」にアラサー女子共感!婚活漫画が実写映画化

「美人が婚活してみたら」にアラサー女子共感!婚活漫画が実写映画化出典:http://vcomi.jp
スポンサーリンク

「美人が婚活してみたら」アラサー女子共感の婚活漫画!タカコの婚活の行方は?

「美人が婚活してみたら」美人なのに婚活は前途多難!

婚活が当たり前になった現代における、アラサー女子の婚活を描いたマンガ「美人が婚活してみたら」。ある一定年齢に差し掛かると、より強く意識させられる結婚。美人ならば、婚活しなくても結婚できるだろうと思ってしまいがちですが、現実はそうでもないようです。

少なくとも、ゴージャス系の美女で、スタイルも抜群な本作の主人公タカコは、25歳から不倫の恋ばかり続けてきた結果、32歳になった今も独身。自身が恵まれていると感じていても、「死にたい」という気持ちを拭い去れないタカコは、ふと見かけた子連れ家族の姿を見て、「結婚したい」「子供を産みたい」という気持ちが芽生えます。

事あるごとに死にたいという気持ちに苛まれながらも、婚活サイトに登録し婚活をスタート。「美人が婚活してみたら」で描かれているのは、婚活での奮闘ぶりや日常のエピソードが中心ですが、ふとした瞬間に吐露されるタカコの本音は、女性ならば共感必至でしょう。迷走しつつも婚活に前向きなタカコの姿からは、勇気をもらうことができます。

「美人が婚活してみたら」タカコの婚活の行方は?

「美人が婚活してみたら」は、32歳のアラサー美女タカコの婚活を描いた作品です。美人なので婚活もスムーズに進むのではという読者の想像を裏切り、タカコの婚活は万事順調とは言えません。そもそも、婚活サイトを通して送られてくるメッセージの送り主は、やや年齢が高めの男性ばかり。「恋ではなく結婚をするのだから」と、まともそうな人に会ってみても、美人局やサクラを疑われてしまいます。

スポンサーリンク

それならばと、自分からメッセージを送った相手は、やり取りから想像したイメージとは違い、理想とのギャップにがっかりするタカコ。婚活ばかりを気にして体調を崩したり、やっぱり結婚ではなく恋がしたいと思ったり、迷走を続けます。Twitterなどで数多く寄せられているのは、自分の気持ちに素直で、迷走しながらも前向きなタカコを応援する感想です。同時に「共感した」という言葉も多く見られます。

「美人が婚活してみたら」アラサー女子、男子も共感する名言!作者とあるアラ子プロフィール

「美人が婚活してみたら」のアラサー女子だけじゃない男子も共感する名言

「美人が婚活してみたら」で、主人公のタカコからふとした瞬間にポロりとこぼれだす本音はとてもリアルで、胸に刺さります。特に「共感した」という意見が多いのが、「結婚は好かれる力より好きになる力」という言葉。モテた経験の多いタカコだからこその言葉と言えますが、恋と結婚は別なのだと強く意識させられる名言です。「女の生きづらさと男の生きづらさは繋がっている」という的確な分析も登場しました。

生活を安定させるために結婚相手に安定した収入を求める女性と、頑張って働くものの重圧にストレスをためる男性。男性の状況や心理状況を見せつけられると、自身の生活をどうにかしたいという自分本位な気持ちから目が覚める思いがします。ある時、婚活をしてきたタカコは、「心のどこかで自分は『選んでる側』だと思っていた。

スポンサーリンク

でも本当は『選ばれてた』のかもしれない」と気が付きます。女性のそういった態度を男性は敏感に感じるもの。読者は女性のほうが多い「美人が婚活してみたら」ですが、このような名言は、男性読者も共感できるのではないでしょうか。

「美人が婚活してみたら」作者とあるアラ子のプロフィールや作品は?

「美人が婚活してみたら」は、スマートフォンやタブレット、PCで利用できるコミック配信アプリ「Vコミ」に連載されている作品です。1000万PVを突破し、小学館で書籍化も決まるなど、数多くの読者の共感と支持を得ている本作を描いているのは、とあるアラ子。主人公のタカコと同様、アラサーの女性漫画家です。

とあるアラ子は20代で漫画家デビューしましたが、売れずにフリーターに。趣味で書いていた音楽レビューブログが話題となり、再び漫画家として活動を始めました。「美人が婚活してみたら」のタカコのモデルは友人女性だそうですが、過去に出版した作品は、自身のリアルな生活や心情をモチーフとしたものが中心です。

「わたしはあの子と絶対ちがうの」では、SNS時代に対応できない自身の心情を赤裸々に吐露。負の感情も包み隠さない潔さがいっそ清々しく感じられます。現在は、「美人が婚活してみたら」の連載のほか、「あなたよりちょっとマシなわたしでいたい」と「婚活について考えてみました」も連載中。ブログやTwitterなどでも、赤裸々な日常を綴っています。

「美人が婚活してみたら」アラサー女子のリアルを感じる婚活漫画実写映画化!

数多くの女性の共感を得た「美人が婚活してみたら」の実写映画化が決定しました。本編は、婚活というテーマはあるものの、一つのまとまった物語として作られたものではありません。一方の映画版では、不倫の恋を終えて燃え尽き症候群となったタカコが、結婚をしたいと思いつき、婚活サイトに登録。さまざまな苦難の末に出会った2人の男性の間で揺れ動く姿が描かれます。

主人公のタカコを演じるのは黒川芽以です。1993年にCMデビューと子役時代から活動しており、数多くのドラマや映画に出演。2005年NHK連続テレビ小説「風のハルカ」では主人公の妹・水野アスカ役を演じたほか、バラエティ番組やラジオ番組、舞台に音楽活動と、マルチな才能を発揮しています。本作のオファーが来た際には、美人が務まるか不安を感じたという黒川芽以。

しかし、自身もタカコと同世代であるためか、婚活経験はないものの共感する部分は多かった様子です。「自分が共感した部分も役を通して届けられる」と意気込みは十分。「たくさんの方に見ていただける作品になるように頑張ります」と抱負を語りました。監督を務めるのは、2017年に公開され、第30回東京国際映画祭コンペティション部門で観客賞を獲得した「勝手にふるえてろ」を手掛けた大丸明子。

明治大学を卒業して、官庁の外郭団体に秘書として就職した後、お笑い芸人や女優として活動してきたという異色な経歴の持ち主です。脚本は、2014年TBS主催のコントコンテスト大会「キングオブコント」で王者となったお笑いコンビ「シソンヌ」のじろうが担当します。

コントでも演じる熟女キャラクター「川嶋佳子」名義で出版した日記小説「甘いお酒でうがい」や、連載短編小説「あの子が故郷に帰るとき」など、文筆業でも認められている才能に期待大です。本編の連載はまだ続いており、書籍版の第2巻が2018年4月11日に発売されたばかりの「美人が婚活してみたら」。タカコの婚活の行方を見守りながら、2019年に予定されている映画の公開を待ちましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る