「ブラインドスポット タトゥーの女」の評価と打ち切りの可能性は?

「ブラインドスポット タトゥーの女」の評価と打ち切りの可能性は?出典:http://yy-news.com

「ブラインドスポット タトゥーの女」あらすじネタバレキャスト!視聴者の評価は?

「ブラインドスポット タトゥーの女」全身をタトゥーで覆われた記憶喪失の女性が陰謀の鍵に?

「ブラインドスポット タトゥーの女」は、2015年から、アメリカのNBCで放送中のテレビドラマです。あらすじは、ある日、タイムズスクエアの路上で不審な大型ボストンバッグが発見されます。警察が警戒線を張って中を確認すると、そこには全身をタトゥーで覆われた裸の女性ジェーン・ドウが入っていました。

ジェーンは、記憶喪失となっており、自分がバッグに入っていた理由が分かりません。しかし、ジェーンの体を覆うおびただしい数のタトゥーを解読していくと、いずれも犯罪や陰謀につながっていることが判明しました。凶悪犯罪の阻止に向けて、FBI特別捜査官カート・ウェラーらが動き出すにつれ、ジェーンの過去も次第に明らかになっていきます。

「ブラインドスポット タトゥーの女」主役は「カイルXY」のジェイミー・アレクサンダー

「ブラインドスポット タトゥーの女」で主役ジェーン・ドウを演じるのは、ドラマ「カイルXY」でメインキャストのジェシー・ホランダー役を務めた美人女優ジェイミー・アレクサンダーです。ジェーン・ドウをサポートするFBI捜査官カート・ウェラー役は、ドラマ「ストライクバック:極秘ミッション」ダミアン・スコット役で知られるサリバン・ステイプルトンが演じています。

「ブラインドスポット タトゥーの女」シーズン1の初回エピソードは、いかにもミステリアスな設定が注目を集め、1000万人を超える視聴者数を獲得しました。そのため、すぐさまシーズン2の製作が決定されるなど快調でな滑り出しでしたが、回を重ねるごとに視聴率がみるみる低下。最終話が放映されたころには、視聴者数が半減していたと言います。

スポンサーリンク

NBCのドラマ部門では当時過去最大の製作費が費やされたことでも話題となっていた「ブラインドスポット タトゥーの女」。物語の中盤以降は、全身に入れられたタトゥーが意味を失い、巨大組織の陰謀といった最近のテレビドラマにありがちな展開に落ち着いてしまったことにがっかりした視聴者も少なくなかったようです。

とはいえ、2016年秋からは、本国アメリカで予定通りにシーズン2の放映がスタートしています。人気挽回となるかどうか気になるところです。

「ブラインドスポット タトゥーの女」シーズン2の最終回!打ち切りの可能性は?

「ブラインドスポット タトゥーの女」シーズン2でジェーン・ドウの過去が明らかに?

「ついにジェーン・ドウの正体が明らかになる!」と謳われてスタートした「ブラインドスポット タトゥーの女」シーズン2は、2016年9月に放送が開始され、現在は、全22話のうち18話までが放送済みとなっています。1度は捕らえられたジェーン・ドウが、CIA(アメリカの情報機関)の拷問じみた尋問から自力で脱出。NSA(アメリカ国家安全保障局)と接触すると、国を脅威から守るために協力することになります。

スポンサーリンク

そのため、ジェーンは、昔のテロリストの仲間の元に潜入捜査することに……。ジェーンは人類の救世主なのか、はたまた破壊者なのか、その謎はいまだ明かされていません。最終回まで残り数話。世界を危機に陥れる壮大な陰謀は、どのような形で幕を閉じることになるのでしょうか?

「ブラインドスポット タトゥーの女」シーズン2で最低視聴者数を記録も打ち切りはあるか?

現在アメリカで放送中の「ブラインドスポット タトゥーの女」シーズン2は、シーズン1同様に、第1話から視聴者数が減少を続けました。とうとう第14話では、シリーズ最低の視聴者数を記録。当然、シーズンの更新はまだ確定していません。とはいえ、NBCによると、打ち切りになることが確定したわけでなく、検討中とのことです。

「ブラインドスポット タトゥーの女」80を超える豪華特典映像が収録されたブルーレイ&DVDがリリースされることが明らかに

現在、「ブラインドスポット タトゥーの女」は、BSのWOWOWにてシーズン2が放送中となっています。同時に、4月26日には、ブルーレイ&DVDがリリースされることが明らかになりました。今回発売されるブルーレイ&DVDには、キャストやスタッフのインタビューや、撮影の舞台裏が収録された80分を超える豪華特典映像が収録されることも発表されています。

特典映像では、物語の鍵となるジェーン・ドウの全身タトゥーは、脚本を書き終える前にデザインする必要があったため困ったというエピソードなども明かされているようです。アメコミが原作のアクション・ドラマ「ARROW/アロー」や「THE FLASH/フラッシュ」などを手がけたグレッグ・バーランティが製作総指揮を務める「ブラインドスポット タトゥーの女」は、アクションシーンも魅力の1つ。

その舞台裏が覗けるとなれば、リリースされるブルーレイ&DVDは、ファンならば必見ですね。残念ながら、当初期待されていたほどの盛り上がりが見られず、決して好調とは言えない視聴者数を記録している「ブラインドスポット タトゥーの女」。

しかし、アクションだけでなくサスペンス要素もふんだんに盛り込まれたテンポの良い作品であることは事実です。不調の原因は、期待値が高すぎたからと見ることもできるでしょう。日本でもファンは少なくないので、シリーズ更新が無事に達成されることを期待したいですね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る