Chage 結婚しているの?隠し子疑惑とは!

Chage 結婚しているの?隠し子疑惑とは!

Chage 結婚しているの?隠し子疑惑とは!

Chage 謎の結婚事情!気になるお相手はラジオパーソナリティ?

数々の名曲を発表し、一世を風靡したCHAGE and ASKAのChage。現在、CHAGE and ASKAは無期限活動休止となっているため、Chageは、ソロでライブを行ったり、ラジオ番組に出演したりして活躍しています。現在57歳のChageですが、結婚はしているのでしょうか?結婚相手はどのような方なのでしょうか?

あまり知られていませんが、Chageは1986年、幼馴染だという一般女性の方と結婚しています。「YAH YAH YAH」が発表された1993年より前、「SAY YES」が発表された1991年、CHAGE and ASKAが全盛期を迎える前に結婚していたようですが、2000年に離婚。しかし2001年には、近藤美江子という女性と再び結婚しました。

近藤美江子は、ラジオパーソナリティを務めており、ドラマ「101回目のプロポーズ」にも出演していたそうです。馴れ初めは、CHAGE and ASUKAのラジオ番組でChageのアシスタントをしていたこと。結婚した当時、Chageが43歳、近藤美江子が32歳とのことでしたが、2008年には無事に男の子が誕生。現在は5歳とのことで、幸せな家庭を築いているそうです。

スポンサーリンク

Chage まさかの隠し子疑惑!現在はお笑い芸人!

突然ですが、鈴川絇子という方をご存じでしょうか?鈴川絇子は千葉県出身の1991年3月25日生まれ。東京NSC16期生として、伊豆田なつみと「F2」というコンビを組んで活動しているお笑い芸人です。その鈴川絇子が、Chageの隠し子なのではないか?と騒がれています。

とあるバラエティー番組に出演した際、鈴川絇子が「実はお父さんがミュージシャンで、今も隠し子にされている」という驚きの発言をしたそうです。また、ニコニコチャンネルのブロマガにて、実の父親に隠し子的な扱いをされているとコメントしており、「その父親というのはミュージシャンの、某チ○ゲ&」とも書いています。これはCHAGE and ASKAのChageしかいないのではないかということで、Chageの隠し子疑惑が浮上しました。

鈴川絇子のブログでは、冒頭で冗談だと断言していますが、バラエティー番組出演時の発言もあり、冗談で書ける内容ではないということで、Chageの隠し子疑惑は深まるばかり。また、本妻ではなく、Chageと愛人との間にできた子供なのではないかという噂も出ているようです。真相は現在も不明のまま。いつかChage本人から真相について語られる日が来るのでしょうか。

スポンサーリンク

Chage ディナーショーが人気!代表曲エピソード!

Chage 大好評のクリスマスディナーショー!その内容とは?

ソロとして活動を始め、ライブやラジオなどで活躍されているChageですが、2014年12月21日に、自身初のクリスマスディナーショーを東京・グランドプリンスホテル新高輪で開催しました。チケットは、一人につき3万円で、ドレスコードあり。ディナーで1時間、ショーで1時間といった内容でした。Chageとしては初めてのディナーショーでありながら、チケットが発売と同時に即完売。あまりにも好評だったため、12月28日にイヤーエンドディナーショーと称し、追加講演を行ったほどの人気ぶりでした。

Chage自身が作詞・作曲した曲はもちろん、CHAGE and ASKA時代に発表した曲や、クリスマスに合わせて選んだ曲なども披露されたこのクリスマスディナーショー。客席エリアを歩き、ファンと握手しながらChageが歌う場面もあったそうです。歌が素晴らしいだけではなく、トークも面白いと大評判。笑いあり、感動ありでファンは皆大満足の内容だったようです。
Chageのクリスマスディナーショーは、2015年も講演予定とのこと。東京だけではなく大阪や愛知でも開催されるそうです。

Chage 代表曲「終章(エピローグ)(PRIDE)」!進化を続ける伝説の曲エピソード

Chageの代表曲というと、どの曲が思い浮かぶでしょうか?CHAGE and ASKA時代にヒットした曲は、ASKAが作曲・作詞し、メインボーカルを務めた曲がほとんど。そのためか、ASKAと比較すると、ハモリ要員というイメージが強く、影が薄いと思われがちですが、Chageはアーティストとして素晴らしい才能を持っています。

CHAGE and ASKAのファーストアルバム「風舞」に収録されている「 終章(エピローグ)(PRIDE)」。Chageが作曲・作詞、またメインボーカルを務めており、Chage ファンの間では代表曲・名曲と名高い曲です。Chageが19歳の時に作曲・作詞したそうで、文字を見ていたら曲ができてしまっていたというから驚きです。たまに「曲が降りてきた」という話を聞きますが、「 終章(エピローグ)(PRIDE)」もおそらく降りてきて、生まれた曲なのでしょう。

「 終章(エピローグ)(PRIDE)」は、シングルのメイン曲、カップリング曲のいずれにもなったことがなく、これまでにリリースされたアルバムに何度か収録されただけという特殊な曲です。しかし、新しくリリースするたびに異なる歌い方とアレンジが施され、曲が表す情景を変え続けています。まさに、音楽が持つイメージの力を思い知らされる曲として、Chageといえば、「終章」と答えるファンは多いのです。今後も「終章」の進化した姿が披露されることをChageのファンは期待しています。

Chage ファン待望のチャゲアス曲の全面解禁!

Chageは、1年ぶりとなる自身の全国ライブツアー「Chage Live Tour 2015~天使がくれたハンマー~」を開始。9月27日に、東京の日本橋で、初日講演を迎えました。そのライブにて、Chageは、CHAGE and ASKAの曲を全面解禁すると発表しました。

2014年5月に覚せい剤取締法違反により、相方のASKAが逮捕されて以来、テレビやラジオでの放送、CDショップでの販売などを自粛し、CHAGE and ASKAの楽曲を封印して活動してきたChage。しかし、今回のライブツアーで、「事件とは関係なく心の中でCHAGE and ASKAの楽曲が鳴っている」と自身の心中を明かし、さらに「チャゲアス時代に曲やライブを作る楽しさ、おもしろさ、厳しさを教わったからこそ、今こうしてステージに立っている。

もう自分の楽曲に誇りを持とうと思いました」と話し、今回のライブツアーをきっかけにCHAGE and ASKAの曲を復活させることを力強く宣言。この発表に対し、大きな拍手が鳴り響き、号泣するファンも続出したそうです。

幼い息子がいる手前、胸を張って生きる父親の姿を見せたいという思いもあったのかもしれません。しかし何よりも、音楽を心の底から愛しているChageにとって、ASKAと共に生み出してきた楽曲の数々は特別なもの。それらの楽曲を、彼から遠ざけることなど不可能だったのでしょう。

彼の代表曲と噂される「 終章(エピローグ)(PRIDE)」もまさにチャゲアス時代に生まれた名曲。封印が解けた今、懐かしい他の楽曲も含め、さらに進化した姿を披露してほしいと思います。CHAGE and ASKAの終章(エピローグ)、Chageの挑戦は今大きな第一歩を踏み出したと言えそうです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る