ダレン・ブラウンにやらせ疑惑!?ドッキリ催眠、宝くじ予想を検証!

ダレン・ブラウンにやらせ疑惑!?ドッキリ催眠、宝くじ予想を検証!出典:http://psychologicaleffect.hatenablog.com/

ダレン・ブラウンにやらせ疑惑!?ドッキリ催眠、宝くじ予想を検証!

ダレン・ブラウンにやらせ疑惑噴出中!メンタルマジックは本物なの?

ダレン・ブラウンは、「心を操る悪魔」「心の魔術師」とも呼ばれ、メンタルマジックを専門としているイギリスのメンタリストです。古来より、手品や奇術などといった一見信じられないパフォーマンスに、種明かしはつきもの。そのため、ダレン・ブラウンが、心理学や催眠、予言を取り入れたパフォーマンスをして、その様子に驚きはしても、いや驚きが大きいほど、まったくやらせなしとは、にわかに信じられない人も多いことでしょう。

特にテレビで観ている視聴者は、ダレン・ブラウンのパフォーマンスを「やらせ」だと感じてしまいがち。ダレン・ブラウンに催眠をかけられると、一瞬で眠ってしまう人たちの姿に、「こんなにもあっさり眠ってしまうものなの?」と、ダレン・ブラウンが完璧すぎるあまり、むしろやらせ疑惑が強まる始末。こればかりは、実際に自分が催眠をかけられてみないと、信用できないものかもしれません。

ダレン・ブラウンのドッキリ催眠、宝くじ予想を検証するも凄すぎて理解不能か?!

ダレン・ブラウンは、街を歩いている人を呼び止め、催眠や心理誘導とマジックを混ぜたドッキリ催眠のパフォーマンスを行ってきました。ダレン・ブラウンが話しかけるだけで、自分が何をするところだったのか忘れてしまう、ダレン・ブラウンが話しかけているごくわずかの間に、相手から時計や財布や家の鍵を奪ってしまう、などは、一見単なる手品の類とも思われますが、ダレン・ブラウン曰く、催眠術・暗示を多用したれっきとしたメンタルマジック。

それ以外にも、ダレン・ブラウンは、生放送で、宝くじの当選番号を予想するというパフォーマンスも行っています。ダレン・ブラウンの宝くじ予想は見事に当たり、翌日には、新聞にも載ってしまうほどの大騒ぎに。種明かしもしたダレン・ブラウンでしたが、彼が説明した数学的な手法には専門家からの批判が殺到します。

スポンサーリンク

ダレン・ブラウンの宝くじ予想については、テレビ画面を意図的に操作しただけという見方が大半ではありますが、ダレン・ブラウンの世界が凄すぎて、一般人がついていけていないだけという可能性もありますよね。

ダレン・ブラウンの本「メンタリストの罠」ネタバレ!メンタリストDaiGoとの関係?

ダレン・ブラウン著書「メンタリストの罠」ネタバレ!

ダレン・ブラウンは、自著「メンタリストの罠」の中で、「魔法」と呼ばれるレベルに達している「催眠術」のかけ方を具体的に明かしました。そして何より、その仕組みを知ることで、「こういうことに騙されるな!」と警告しています。

初めに催眠術の勉強にのめり込んだというダレン・ブラウン。人の感情や脳の動き方を知れば知るほど、人が面白いほど簡単に催眠にかかってしまうことに気づき、「魔法」と呼ばれるほどの実力を身につけました。ダレン・ブラウンが当たり前のように行う催眠・誘導。これは、本人も言っている通り、マジックというよりは、人間の心理を読み取る技術の活用というほうが実像に近いのでしょう。

スポンサーリンク

技術は技術ですが、ダレン・ブラウンの域に到達するには、単なるトレーニングだけではなく、より敏感な感性や鋭い観察眼が必要なのかもしれません。

ダレン・ブラウンは日本のメンタリストDaiGoの師匠?2人の共通点とは?

ダレン・ブラウンの名を日本で広めたのは、メンタリストDaiGoかもしれません。メンタリストDaiGoのパフォーマンスがテレビで紹介されることが多くなるにつれて、「メンタリスト」という言葉が、日本でも知られるようになりました。DaiGoは、ダレン・ブラウンを知ったことでメンタリストの道を歩むことになったといいます。

当然、ダレン・ブラウンは、メンタリストDaiGoの憧れの人、心の師匠ということになるでしょう。メンタリストDaiGoは、テレビに出た当初こそ、ダレン・ブラウンと同じようにマジックのようなこともしていましたが、現在はそうしたパフォーマンスは控えめにして、「メンタリスト」として、心理学を多用した講演や研修などのビジネスを行っています。

メンタリストDaiGoがパフォーマンスに失敗して悔しがる姿は、本家ダレン・ブラウンが悔しがる姿とそっくり。そんなダレン・ブラウンとメンタリストDaiGoの共通点は、何より「メンタリズムという分野を知ってもらいたい」という気持ちのようです。

ダレン・ブラウンのメンタリズムは本物か?!

ダレン・ブラウンは、小さい規模からメンタリズムを披露し始めました。そのパフォーマンスはあっという間に世界に知られるようになり、世間を挑発するかのように、「こういうことをしたらどうなる?」、「ここまではできないと思うだろう?」と、ダレン・ブラウンのパフォーマンスの規模はだんだんと大きくなっていきました。

あれだけのパフォーマンスをするのですから、さぞ多大なプレッシャーにさらされているのではと思いますが、ダレン・ブラウン自身は「成功を求め続けたらきりがない。いつまでもたどり着くことができなくなる」、「今この瞬間、自分が楽しめているかどうかだけ」と話しています。自身の心のコントロールができているところは、さすがはカリスマメンタリストですね。
面白おかしくダレン・ブラウンのパフォーマンスを見ている人たちは、ただ一方的にダレン・ブラウンを批判しているだけに見えます。彼らは、信じられない光景を前に、「あのカメラのトリックはどうなっているんだ?」「全員がエキストラでやらせだ!」と騒ぐばかり。

しかし、ダレン・ブラウンの狙いは、彼らを騙し通すことではありません。凄さを思い知らせた後には、必ず手口を全て見せて、「引っかかりやすいから気を付けろ」と啓示します。ダレン・ブラウンのメッセージは一貫して、「メンタルの罠には気をつけろ」で、それ以上でも以下でもないのです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る