ドリカム常に解散の危機?!ワンダーランドの日程徹底解剖!

ドリカム常に解散の危機?!ワンダーランドの日程徹底解剖!

ドリカム常に解散の危機って本当!?

 ドリカム26年目に突入!気になる解散の噂の真相は?

ドリカムの2人が3月25日の日本テレビ系「NEWS ZERO」に出演。DREAMS COME TRUE 結成26年目に突入し、ベースの中村正人、ボーカルの吉田美和が揃ってインタビューを受けました。
「これまでものすごいケンカをしたことは?」
吉田美和「あります。しょっちゅう。」
中村正人「毎日がバンド解散の危機です。日常茶飯事なので、そんなに驚かないです。」
1988年にドリカム結成。1989年3月21日にドリカム、デビュー。キーボードの西川隆宏の脱退を経てJ-POPのトップを走りながら26年目を迎えました。「解散の危機」は「日常茶飯事」との事、ケンカするほど仲が良いと言う事でしょうか?一カ月も口をきかなくても大丈夫なら、26年目も安心ですね。

ドリカムワンダーランド2015の日程を徹底解剖!!

ドリカムの史上最強の移動遊園地DREAMS COME TRUE WONDERLAND2015日本縦断5大ドームツアーが開催されます。
 《ドリカムワンダーランド2015 日程》
・東京ドーム 11月28日、11月29日
・福岡ヤフオクドーム 12月5日、12月6日
・京セラドーム大阪 12月12日、12月13日
・ナゴヤドーム 12月19日、12月220日
・札幌ドーム 12月31日
札幌ドームでは大晦日の公演となります。開演が21時ですから、カウントダウンがあるかも!!要チェックです!!

ドリカムワンダーランド2015のチケットは入手困難!?

 ドリカムワンダーランドのチケットを手に入れるには

ドリカムワンダーランドのチケットは争奪戦が予想されます。ファンクラブに入会すると優先予約で購入出来ます。まだファンクラブに入っていない方でこれから入会を検討している人は4月23日(木)までにファンクラブに入会すると第2次優先予約に間に合いますよ!!小学生以下のチケット(大人料金の半額)はファンクラブ会員しか購入出来ないので、ファミリーでコンサートを楽しみたい方はぜひ、ファンクラブに入会しましょう。
・ファンクラブ 年会費4110円・入会金1020円
ドリカムワンダーランド2015のチケット料金は8800円です。ファンクラブ会員には、ファミリーチケットがありますので、小学生以下のお子さんは半額のチケット代(4400円)で購入出来ますよ。
5大ドームツアーのチケットが入手出来なかった方に、チャンス!!
《ドリカムワンダーランド後夜祭2016》
・沖縄コンべンションセンター展示棟 2月6日(土)、2月7日(日)
・新青森県総合運動公園マエダアリーナ 2月20日(土)、2月21日(日)
・福島県民センター 3月12日(土) 3月13日(日)
・秋田県立体育館 3月19日(土) 3月20日(日)
こちらのチケット代は、7800円・立見席6800円ドリカムワンダーランド5大ドームツアーの料金より、少しお得に設定されています。
ドリカムベストアルバム「DREAMS COME TRUE THE BEST 私のドリカム」発売も決定しました!ドリカムワンダーランド2015開催を記念してリリースされるベストアルバムです。CD3枚組で50曲収録(3400円(税抜))2015年7月7日(火)発売です。

スポンサーリンク

ドリカム吉田美和の出身地は北海道池田町

ドリカム吉田美和の出身地 北海道池田町にはドリカム記念館

吉田美和さんの出身地である北海道池田町には「ドリカム記念館」があります。故郷に貢献したいという吉田美和さんの気持ちが地元の町おこしとタッグを組んで2005年10月に「DCTgardenIKEDA」が池田ワイン城敷地内にオープン!!ステージ衣装や受賞トロフィーなどゆかりの品が展示されています。吉田美和さんの故郷への思いは2005年のオープンの時にはサプライズでかけつけたり、2015年の成人式に出席したときには、2009年に地元の中学生と一緒に植えたブドウで出来たワインを新成人にプレゼントしたりとずっと届けられています。
「DCTgarden IKEDA」開館:10:00~16:00、休館日は火曜日と年末年始。観覧料は無料です。「DCTgardenIKEDA」では、オリジナルグッズも販売されています。人気はDCTgardenIKEDAオリジナルぶどうジューズ(500ml)1543円。もちろん、ドリカムのアルバムをはじめグッズも沢山取り揃えています。

ドリカム吉田美和の出身地 北海道池田町のグルメ

池田町では町営でブドウ栽培・ワイン醸造を行い「ワインの町」として有名です。池田町ワイン城は正式名称は池田町ブドウ・ブドウ酒研究所。建物の外観が中世のお城のようなので「ワイン城」と呼ばれています。十勝ワインの魅力について紹介しており、ワインやブドウ果汁の試飲も出来ます。ワインはもちろん池田町の特産品も販売していますので「ワイン城」にも足を運ぶのもおススメです。
その池田町で有名な物がもう一つ!「バナナ饅頭」です。全国にある「バナナ饅頭」の元祖ともいわれ、100年以上の歴史を持っています。当時高価な物だったバナナを大衆に親しんでもらおうと作られたそうです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る