エルトン・ジョン同性結婚!「体外受精」問題でドルガバと戦闘状態!

エルトン・ジョン同性結婚!「体外受精」問題でドルガバと戦闘状態!

エルトン・ジョン同性結婚!「体外受精」問題でドルガバと戦闘状態!

エルトン・ジョンが同性結婚!「ドルガバなんてもう着ない!」

エルトン・ジョンは現在、同性結婚をしています。2005年に事実上の同性結婚を開始したエルトン・ジョン。2014年にイギリスで同性結婚が合法化された後、正式に入籍しました。

そんなエルトン・ジョンが「ドルガバなんてもう着ない!」と発言しました。それはドルチェ&ガッバーナのデザイナー、ドメニコ・ドルチェとステファノ・ガッバーナが、同性愛カップルは子供をもうけるべきではないと雑誌のインタビューで語ったからです。
エルトン・ジョンには、夫デービッドとの間に、体外受精で生まれた子供が、すでに2人います。

ドルチェ&ガッバーナの2人は、体外受精で生まれた子どもを「化学の子ども、人工的な子ども」といい、借り物の子宮から生まれた「合成児」と発言。「生命には自然の流れがあり、手を加えてはいけない物事が存在する」と主張しているのです。これに対してエルトン・ジョンは、ドルチェ&ガッバーナ製品のボイコットを決めました。

エルトン・ジョンが「体外受精」問題でドルガバと戦闘状態!

エルトン・ジョンは、ドルチェ&ガッバーナのデザイナー、ドルチェとガッバーナに「体外受精」を問題視され、2人と戦闘状態になっています。エルトン・ジョンは、「(体外受精を)よく知りもせず、論評する恥を知れ」「ドルガバなんてもう着ない!」と絶縁状をたたきつけた形です。対するガッバーナは「発言の自由」を主張。こちらも、エルトン・ジョンに対するボイコットを呼びかけ、すっかり険悪な様相になってしまいました。

スポンサーリンク

ツイッター上では、エルトン・ジョンを応援する声が多い現在。ドルチェ&ガッバーナボイコットのハッシュタグ

「#BoycottDolceGabbana」は3万5000回以上リツイートされ、2008年8月に、代理母出産によって2人の子どもを授かったリッキー・マーティンもドルチェ&ガッバーナ2人のコメントに「目を覚ませ」と呼びかけています。有名セレブたちの多くも、エルトン・ジョンを支持しているようです。

もちろんガッバーナ側にも、発言の自由を支持する人たちがコメントを寄せています。その多くの意見を要約すれば「異なる意見も受けいれるべきだ。民主主義社会に暮らしているのだから」というもの。思わぬところから論争に火がついた、命の倫理テーマ。エルトン・ジョンと。ドルチェ&ガッバーナ2人を中心に、この先どのような展開を見せていくのでしょうか。

スポンサーリンク

エルトン・ジョンがマドンナを酷評するワケ!「ライオンキング」挿入歌他オススメ名曲!

エルトン・ジョンがマドンナを酷評するワケとは?!

マドンナがレディー・ガガに対して、暗に「私の曲をパクった」と批判した騒動を覚えているでしょうか。当時、これを聞いたエルトン・ジョンは、マドンナを「カーニバルのストリッパーに過ぎない」とバッサリ酷評。レディー・ガガが、エルトン・ジョンの息子ザッカリーの後見人ということもあり、2人の関係は深いようです。

しかし、レディー・ガガの一件以前から、エルトン・ジョンとマドンナは長年の確執がありました。かつてマドンナが担当した007のテーマ曲を、エルトン・ジョンが「007史上最悪」と批判して以来、エルトン・ジョンは「マドンナは口パク」と批評し、それに対しマドンナが皮肉で報復したりと、絶え間ない抗争が続いているのです。

エルトン・ジョンの「ライオンキング」挿入歌他オススメの名曲を紹介!

エルトン・ジョンは、シングル・アルバムの総売上が約3億枚を記録しています。26曲が全米トップ10入りし、8曲がナンバーワン・ヒットを達成した偉大なアーティストです。そんなエルトン・ジョンのオススメ名曲といえば、ディズニー映画「ライオンキング」の挿入歌。「愛を感じて」Can You Feel the Love Tonightは、主人公シンバとナラが初めてデートをするシーンで流れる名曲です。その他にもエルトン・ジョンには「僕の歌は君の歌」「クロコダイル・ロック」「キャンドル・イン・ザ・ウィンド」「ダニエル」などなど名曲ぞろい。

日本でも人気を博した曲ばかりなので、エルトン・ジョンの名前は知らなくても、曲をも耳にした方は多いはず。「僕の歌は君の歌」Your Song は1970年にリリースされ、日本ではドラマやCMに使われ人気が高まりました。「キャンドル・イン・ザ・ウィンド」Candle in the wind は、ダイアナ元英皇太子妃への追悼曲として有名になりましたね。

もともとは1973年にマリリン・モンローへ捧げた曲として発表されていましたが、ダイアナ元英皇太子妃の葬儀で歌ったものがCD化され、1997年に全英シングルチャート1位、ビルボードの年間ランキング1位と14週連続1位を獲得します。全世界で3700万枚以上のセールスはギネス記録。エルトン・ジョンは曲を通し、多くの人たちに感動を与えているのです。

エルトン・ジョンの同性結婚はどうなる?!新曲発表で今後の活動は?

2014年にイギリスで同性結婚が認められたことから、エルトン・ジョンはパートナーと正式に結婚をしました。結婚式は自宅の大豪邸で行われ、ベッカム夫妻など50人ほどのゲストが二人を祝福したそうです。1993年から交際しており、今年で22年目になるといいます。

実はエルトン・ジョン、女性と結婚をしていた時期もあるのです。しかし4年で離婚。20015年に現在のパートナーである男性と事実再婚しました。

エルトン・ジョンは、薬物やアルコール依存を克服した過去があります。また最近では、マドンナやジョージ・マイケルとの確執や、奇行などが目立ち「お騒がせセレブ」として、名前が挙がることも少なくありません。しかし、今では大切なパートナーに加え、守るべき子供たちがいるエルトン・ジョン。家族の存在が、エルトン・ジョンの心の支えになることを願わずにはいられません。

エルトン・ジョンの音楽活動は、ソロデビュー45周年を迎え、2016年2月に33作目となるニュー・アルバムを発表します。そして現在は45周年のワールドツアー中で、大阪と横浜での来日公演も間近に控えています。エルトン・ジョンが日本でライブを行うのは14年ぶりのことです。アーティストとして、パパとして、夫として、エルトン・ジョンにはまだまだ元気な姿を見せて欲しいですね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る