フジテレビはもはや死に体か?亀山社長の退陣決定?!

フジテレビはもはや死に体か?亀山社長の退陣決定?!

フジテレビの新情報番組が苦戦、亀山社長退陣の可能性も?

フジテレビ、新情報番組が視聴率でまさかの大苦戦

今年四月、フジテレビがベテラン俳優の高橋克美と安藤優子キャスターを司会に据えてスタートさせた報道番組『直撃LIVEグッディ』でしたが、視聴率が伸びず、思わぬ苦戦を強いられています。

裏番組の『情報ライブ・ミヤネ屋』の対抗番組として、盤石の体制で臨んだはずのフジテレビだったのですが、初回から2~4%(ビデオリサーチ・関東地区による)を行ったり来たりの状態で、20日放送においては何と、1%台にまで落ち込んでしまいました。

フジテレビは、もはや死に体?亀山社長の策は?

元々、ドラマとバラエティ関係で絶大な人気を誇っていたフジテレビ。『直撃LIVEグッディ』のような情報番組系には実績がなく、余り得意ではなかったようです。今月24日に都内で行われた定例会見において亀山千広社長は「これから視聴率が伸びていく可能性はあると思う。長い目で見ていきたい」と語っていましたが、このままの状態が続けば、亀山社長の進退にも影響を及ぼしかねません。果たして起死回生の策はあるのでしょうか。

高橋克美のプロフィール 再婚した妻と元妻 カツラ疑惑の真相

高橋克美、元妻は兎本有紀 再婚した妻との間に息子誕生 

高橋克美さんは1961年4月1日生まれ。新潟県三条市出身です。身長は175センチ。新潟県立三条東高校卒業後、予備校に通うため上京。2浪して大学に入りましたが、色々と自分の将来について悩んだ末に中退。憧れの松田優作と同じ役者の道を目指します。高橋克美さんを一躍有名にしたのは1990年代後半のドラマ『ショムニ』の人事部長役。その後は八代智人と司会を組んだバラエティ番組『トリビアの泉』で高視聴率を記録し、マルチタレントとしての地位を確立しました。私生活では1995年に女優の兎本有紀さんと結婚しましたが、1999年に離婚。憎しみ合っての別れではなかったのか、今でもお互い交流があるそうです。2011年に14歳年下の一般女性の方と再婚され、翌年2012年には待望のお子様が。遅い年齢で出来た子供さんだからでしょうか。息子さんが可愛くてしょうがないようです。

スポンサーリンク

高橋克美が『嵐にしやがれ』で作った豚鍋が評判に 二宮とも仲良し

高橋克美が出演した、日本テレビ系バラエティ番組『嵐にしやがれ』で紹介した豚鍋が人気を呼んでいます。作り方は土鍋にもやしを山盛りにして、その上に豚肉を敷き、刻んだしょうが、日本酒を入れて中火で10分~15分蒸して出来上がり。実は番組終了後、この簡単で美味しい鍋が評判になり、ヤフー知恵袋に「嵐で紹介された豚鍋について教えて下さい」などの質問が寄せられるほどに。日頃から嵐のメンバーと仲の良い高橋克美さん。五人からは「アニキ」と慕われています。メンバーの中では特に二宮和也と親交が厚く、ドラマ『優しい時間』『拝啓、父上様』などで共演したことから意気投合し、プライベートでも仲良くしているそうです。
ちまたでは「トリビアの頃と髪型が変わった」「カツラをとったのでは」と噂されている高橋克美さんですが、事実は「薄くなった頭頂部をカバーするために伸ばした側頭部の髪の毛に限界がきた」という話。業を煮やした高橋さんが「それならいっそ剃ってしまえ!」今の髪型になったのも納得ですね。

高橋克美の出身地 新潟県三条市とはどんなところ?

高橋克美の出身地、新潟県三条市のソウルフード 燕三条系ラーメン

燕三条系ラーメンとは、新潟の燕市と三条市でよく食べられているご当地ラーメンです。麺は煮干しなど魚介類の出汁のたっぷり効いた醤油味のスープが絡みやすい、うどんのような極太麺が使われています。濃い醤油味の理由は、高温下で長時間働く肉体労働者向けに作られたから。すぐに食べられない労働者のために、時間がたっても冷めにくい太めの麺が使われ、塩辛いスープをまろやかに味わってもらうため、豚の背油をトッピングしたそうです。燕三条系ラーメンは東京でも人気があり、各店舗のオリジナルが見られますが、その中で最も伝統的な燕三条系ラーメンを出す店は、豚の背油たっぷりの「らーめん潤」蒲田店。亀戸に二号店もあります。ちなみに一番人気は「岩のりらーめん」。中身が見えない程に岩のりのトッピングがてんこもり!ド迫力の逸品です。

高橋克美の出身地、新潟県の三条市VS燕市問題について

新潟市と長岡市のちょうど中間辺りに位置する三条と燕の両市。この両市の間には昔から数々の因縁があったようです。代表的なものを紹介すると、まずは新幹線の燕三条駅問題。この駅は現在三条市に所在していますが、新幹線建設の際に駅名と所在地をめぐって両市が対立。壮絶なバトルの末、時の権力者だった田中角栄の大岡越前采配により、新幹線「燕三条駅」が誕生。その代償として燕市には高速道路のインターを「燕IC」とし、燕市に所在させることで治めたそうです。また、その美味しさゆえ東京に進出した燕三条系ラーメンの影響か、県外の人から出身地を聞かれた時に「燕市です」「三条市です」と別々に答えても、「あの燕三条ね」と同一視にされることにお互い激憤しているとか。ちなみに「燕三条系ラーメン」の発祥の地は燕市。燕市はこの三条と一緒にされたラーメンの呼び名に激怒しているそうですが、一方の三条市には燕三条系とは全く異なる「三条っ子ラーメン」があり、燕三条系という名称のラーメンはないそうです。そもそも両市の因縁のルーツは江戸時代まで遡るようですから、外から見るより相当根深いようですね。
高橋克美さん、これから視聴率伸びるといいですね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る