藤澤恵麻は演技経験ゼロで朝ドラ主演に抜擢された異例の女優!仕事しながら卒業した大学も凄かった!

藤澤恵麻は演技経験ゼロで朝ドラ主演に抜擢された異例の女優!仕事しながら卒業した大学も凄かった!出典:http://maybe73.jp

藤澤恵麻は演技経験ゼロで朝ドラ主演に抜擢された異例の女優!本業はモデル!出演した作品や雑誌は?

藤澤恵麻が演技歴ゼロで主演した朝ドラ「天花」はかなりの酷評だった

藤澤恵麻(ふじさわえま)の女優としての初出演作品は、2004年に放送されたNHK連続テレビ小説「天花」です。しかもヒロインという大役でした。それまで演技経験のなかった藤澤恵麻。演技歴ゼロで朝ドラのヒロインに起用されることは異例の事態で、当時は大変話題になりました。そしていざドラマが開始されると、「大根役者」「セリフが棒読み」「発声がだめだ」など、藤澤恵麻の演技には手厳しい意見が多数寄せられたと言います。

藤澤恵麻演じる主人公の佐藤天花が、保育士という天職に出会い、故郷の宮城県で理想の保育園を作るべく奮闘する姿が描かれた「天花」。父親役に香川照之、母親役に片平なぎさなど、豪華なキャスティングにも関わらず、視聴率は、歴代の朝ドラでワースト5に入るほど残念な結果になりました。藤澤恵麻にとって、女優としてのスタートは、かなり厳しいものとなってしまったようです。

藤澤恵麻の本業はモデル?出演した中で印象深い作品や雑誌は?

藤澤恵麻は、「天花」で女優デビューして以降、20作品以上のドラマや映画に出演してきました。映画でも、2本主演も果たしています。初主演の映画は「奇談」(2005年)で、翌2006年には、人気少女コミックスを実写化した映画「ラブ・コン」のヒロイン小泉リサ役を務めています。

「ラブ・コン」は、必要以上に身長が高い女・小泉リサと、必要以上に身長が低い男・大谷敦士(小池徹平)の学園ラブコメディ。「ベタだけどテンポよく楽しめた」「笑いの要素も多く含まれていて楽しかった」と、朝ドラ「天花」出演時の酷評とは打って変わって、高く評価する声も多い作品となりました。ドラマでは単発出演も多い中、印象深い作品と言えば、やはり「獣医ドリトル」(2010年)ではないでしょうか。

スポンサーリンク

腕は一流なのにお金に汚い獣医・鳥取健一(小栗旬)が、動物の治療を通して、人間の心も癒していくという物語の中で、藤澤恵麻は、カリスマトリマーの不動ルミ役を演じています。奇抜なヘアスタイルにエキセントリックな性格という、ちょっと変わった役どころで、脇役ではあったものの、存在感の光る演技は、視聴者に「今までの藤澤恵麻とは違う」という印象を強く残しました。

2017年に放送されたドラマ「セシルのもくろみ」では、読者モデルの小田萌子役を演じましたが、本業がモデルだけあって、役柄も板についていた様子。性格がちょっと曲がっている意地悪な役でしたが、女性の腹黒い部分をリアルに演じて見せた藤澤恵麻。これまでさまざまな役柄を演じていますが、「笑っているけど何を考えているのか分からない」、そんな女性を演じるとぴったりなようにも感じられます。

このように、最近はすっかり「女優」のイメージも強いですが、もちろんモデルとしても順調です。「non-no」や「MORE」という超人気誌の専属モデルを経て、最近は、「InRed」や「美しいキモノ」でも活躍しています。

スポンサーリンク

藤澤恵麻は出身地香川県の名門進学校から上智大学へ!インスタグラムでみせる素顔が可愛い!

藤澤恵麻は出身地香川県の名門進学校から上智大学へ!一時仕事を休業したワケとは

藤澤恵麻は、香川県出身で、1982年12月26日生まれ。実家は、呉服屋を営んでいるそうです。地元の香川県にある香川大学教育学部附属高松中学校と香川県立高松高校を卒業していますが、高松高校は、県内でも名門とされている進学校。上智大学への進学に際して上京した藤澤恵麻は、「non-no」第32回モデルオーディションに出場して見事グランプリを受賞して専属モデルとなり、芸能界デビューを果たしました。

そんな藤澤恵麻の身長は168センチ。松嶋菜々子や伊藤歩も在籍している芸能事務所「セブンス・アヴェニュー」に所属して初めて受けたオーディションで、朝ドラ「天花」のヒロイン役を勝ち取り晴れて女優デビューします。2005年に上智大学を卒業し、本格的に女優の仕事に専念するようになると、映画「奇談」で、俳優・阿部寛とのW主演に挑戦。いくつかのドラマや映画に出演していましたが、「役者としてうまくなりたい。自分の殻を破りたい」という想いから、仕事を休業し、2008年にロサンゼルスへ語学留学します。

2010年に帰国し、帰国後初めて出演したテレビドラマ「獣医ドリトル」では、トリマーの不動ルミ役が好評で、その後は、ドラマや映画、舞台にと活躍の場を広げていきました。香川県出身であることから、2008~2010年は「香川かがやき大使」に任命されたほか、香川県を舞台にした映画「UDON」(2006年)に出演するなど、香川県のPRに起用されることも多いようです。

藤澤恵麻のインスタグラムでみせる素顔が可愛い!着物姿も評判

藤澤恵麻は、ブログだけでなく2017年4月6日よりインスタグラムを開設しました。インスタグラムを始める際に、「自分はアナログ派なので」と明かした通り、開設してから5カ月あまりたっても投稿枚数は40枚程度。今どきの1日に何枚も写真をアップするようなタイプとは違うようです。

とはいえ、お気に入りの厳選写真だけを掲載しているのか、藤澤恵麻のインスタグラムは、どこかほっこりするような、彼女の人柄が出ているような素敵な写真ばかり。「藤澤恵麻の素顔が可愛い!」と、投稿数は少ないながらも、じわじわと人気が広がっています。

2016年に、長かったロングヘアを30センチもカットして10年ぶりのショートヘアを披露しました。現在は髪も肩にかかるくらいまで伸び、年相応の落ち着いた雰囲気を醸し出しています。着物に合わせて髪をアップにした姿は、「さすがモデル」「目の保養になる」と評判です。変に若作りするでもなく、その時々の自分をどうすれば最大限に美しく見せられるのか、藤澤恵麻は、それを良く理解していることが伝わってきます。

藤澤恵麻が結婚!デビュー当初の酷評にも負けず活躍中

藤澤恵麻が、2017年8月21日に結婚を発表しました。お相手は、上智大学時代の2学年上の先輩で、一般人であることから職業や名前は公表されていませんが、会社員のようです。夫とは知り合って15年の仲だそうで、藤澤恵麻が30歳を過ぎてから恋人関係に発展していき、1年の交際期間を経てゴールイン。2人の交際記念日である8月21日に婚姻届けを出し、現在はすでに生活を共にしているといいます。

結婚を発表したのは、藤澤恵麻がドラマ「セシルのもくろみ」に出演している最中だったので、撮影現場でサプライズのお祝いをしてもらったことも話題になりました。30歳を過ぎてからますます綺麗になっていると感じていましたが、プライベートではこんな素敵な恋愛をしていたのですね!公私ともに順調な藤澤恵麻ですが、多くの女優が辿ってきたように、モデルから女優へと徐々に仕事をシフトしていくのかは気になるところ。

新人女優にはかなりハードルの高いNHKの朝ドラ枠にいきなり出演したことで、心もお芝居もずいぶん鍛えられたことでしょう。さらに、自分を高めたいとアメリカ留学に挑み、帰国後の女優業で高評価を得ている様からは、見た目のおっとりなイメージとはまた違う、芯の通ったメンタルの強い女性なのかもしれないと思わされます。自らの目指すレベルまで演技を磨き続け、今後も素敵な作品にたくさん出演してほしいですね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る