藤嶋健人(東邦高校)ドラフト指名は投打どっち?愛知ミスターパーフェクトの実力

藤嶋健人(東邦高校)ドラフト指名は投打どっち?愛知ミスターパーフェクトの実力出典:http://www.hb-nippon.com

藤嶋健人(東邦高校)ドラフト指名は投打どっち?愛知ミスターパーフェクトの実力

藤嶋健人(東邦高校)ドラフトの有力候補に!投打両刀使いの愛知ミスターパーフェクトに注目!

藤嶋健人(東邦高校)は、2016年秋のドラフト会議で、間違いなく中心人物になるであろう選手です。一昨年の秋頃から、プロのスカウト陣が注目してきた藤嶋健人は、愛知県・東邦高校の主将にして、1番を背負うエースであり、4番バッターでもあります。

東邦高校が連続出場した2016年春夏の甲子園大会でも、藤嶋健人は、投打で大暴れしています。夏の大会では、藤嶋健人が登板した3回戦で聖光学院に敗れ、ベスト8入りは果たせなかったものの、”愛知のミスターパーフェクト”たる存在感は、常に異彩を放っていました。「結果は残せなかったが、プロでやりたい」と語った藤嶋健人。その夢が叶う可能性は限りなく高いと思われますが、スカウト陣の間では、「藤嶋健人は、投手か打者か?」という適性の目利きで、意見が真っ二つに分かれているようです。

藤嶋健人(東邦高校)プロスカウトの見解!投手と打者、どちらが伸びる?

藤嶋健人(東邦高校)について、あるプロのスカウトは「投手のほうが断然伸びる」と断言しています。藤嶋健人の最高球速は146km/hですが、試合中は130~140 km/h前半と、常に豪腕ぶりを発揮しているわけではありません。しかし、ただ捕手のサイン通りに投げるのではなく、打者の顔色をうかがいながら投球を組み立てることができる、”読みの良さ”は群を抜いています。

プロにさえ、ここまでのテクニックを持つ投手は少ないとの声もあります。一方で、この類いまれなる”読みの良さ”を、「打者として活かすべき」という意見もありました。それに加え、各大会を賑わせてきた、爆発的な打球の飛距離にも注目が集まっています。

スポンサーリンク

中学時代からのチームメイト・鈴木理央(東邦高校)によると、藤嶋健人は、バッティング練習でも、防球ネットを超える、推定飛距離140mの特大アーチを続発させているといいます。鈍足とまではいえないものの、外野を守る脚力の不足を指摘する声もありますが、このバッティングセンスを埋没させてしまうのは、あまりにももったいない気がします。

藤嶋健人(東邦高校)中学時代もスゴかった!身長体重、プロフィールは?

藤嶋健人(東邦高校)中学時代の球速140km/h!ジュニア日本代表にも!

藤嶋健人(東邦高校)は、愛知県豊橋市立南部中学校に通っていたとされていますが、中学時代は野球部に所属せず、イースト三河ボーイズ(現・東三河ボーイズ)というクラブチームで硬式野球をしていました。その頃から、すでに球速140km/hを誇る投手として活躍していた藤嶋健人は、元メジャーリーガー・野茂英雄率いるジュニア日本代表の選手に選抜され、アメリカ遠征の経験もある精鋭中の精鋭でした。

東邦高校への入学は、こうした活躍に惚れこんだ高校野球部・森田監督のスカウトによるものだったそうです。東邦高校野球部といえば、1930年の創部以来、春夏合わせて45回の甲子園大会出場を誇る、愛知県きっての強豪です。地方からの強豪選手獲得は少ないようですが、部員数は90名近くに上ります。

スポンサーリンク

そんな中、1年生の春にはベンチ入りしていた藤嶋健人は、東邦高校が6年ぶりVを飾った同年夏の甲子園地方予選で、2完投勝利。甲子園初戦にも登板し、白星で飾っています。後に、主将・エース・4番の三役を担う愛知のミスターパーフェクトは、すでに中学時代からモノが違ったようです。

藤嶋健人(東邦高校)身長体重、プロフィール!父親や兄も野球関係者?

藤嶋健人(東邦高校)は、身長176cm、体重80kgと、ガッチリながら、上背では、体格に恵まれた選手というわけではありません。野球界ではサウスポーが重宝されるところですが、藤嶋健人は、投打とも右利きです。しかし、最速146km/hのストレートの他、スライダー・カット・カーブ・スプリットを巧みに駆使したクレバーな投球は、全てを埋める強力な武器となっています。

バッティングでも、2014年夏、2016年春夏の3回の甲子園大会、7試合の通算成績は、打率.481、長打率.852と上々です。愛知のミスターパーフェクト・藤嶋健人は、1998年5月8日、愛知県豊橋市生まれ。小学2年生から、豊橋市の軟式野球スポーツ少年団・栄ドリームスで野球を始めています。この栄ドリームスの代表者は、藤嶋公英という方のようですが、藤嶋健人の父親という可能性はなきしもあらず。3歳上の兄・藤嶋大貴も、東邦高校野球部に所属していたそうなので、藤嶋家の父親が熱い野球人だったと考えても不自然ではありません。

藤嶋健人(東邦高校)投手でプロ入り希望!岩手国体がドラフトの鍵を握る!

藤嶋健人(東邦高校)の近況といえば、2016年8月30日から台湾で開催された、第11回アジア野球連盟U-18アジア選手権での活躍です。18歳以下の日本代表18人の1人に選ばれた藤嶋健人。投手として出場したインドネシア戦は、初回を三者三連続三振で抑える力投で、5回コールドながら、完全試合を達成しています。

また、打者としてスタメン出場した香港戦では、4打数3安打と力を見せつけました。日本代表チームを2大会ぶり、5度目となる優勝に、大きく貢献したことは間違いありませんが、藤嶋健人がスタメン出場したのは、全6試合のうちわずか2試合。愛知のミスターパーフェクトをもってしても、なかなかスタメン起用されないほど、日本の高校野球のレベルは上がっています。

だからこそ藤嶋健人には、いきなりプロではなく、大学、社会人野球を通して、丁寧な野球を積んでいくべきという意見があるのも事実です。しかし、藤嶋健人自身にも、同じU-18代表の熊本秀学館・九鬼隆平をはじめ、すぐにでもプロで通用する選手たちより格下であるという意識はありながら、「プロの世界で、彼らを追い越したい」との意志は固い様子。

また、アジア大会終了時点では、「投げるほうに興味がある」とも語っていました。夏の甲子園大会では、右ひじの張りのために、投手としての株を少し下げてしまった藤嶋健人にとって、10月2日から始まる岩手国体は、スカウトにアピールするラストチャンスです。とはいえ、プロでも投打両刀をやってのける大谷翔平のような怪物ならいざ知らず、打っては投げる全力野球ができるのは高校まで。藤嶋健人には、高校野球最後の大会を、チームメイトと共に青春してほしいですよね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る