福留孝介 年俸、打撃成績推移、評価は?阪神で4億円超え!?

福留孝介 年俸、打撃成績推移、評価は?阪神で4億円超え!?

福留孝介 年棒、打撃成績推移、評価は?阪神で4億円超え!?

福留孝介 年棒、打撃成績推移、評価は?プロデビューからメジャー移籍まで、日本球界屈指の選手!

福留孝介は、1998年に逆指名を行い、契約金1億円で中日に入団します。評価は、選球眼の高さと広角打法が持ち味。福留孝介は、ゴールデングラブ賞を獲得するほど守備力も高く、平均を上回る強肩を備えた選手です。全盛期に、怪我と松井秀喜がいなければ、間違いなく3冠王をとっていたでしょう。

1999年には、入団1年目にして、当時監督だった星野仙一監督によってスタメンに抜擢され、年棒は1300万円。打率2割8分4厘、本塁打16、打点52。2000年には前年の成績が評価され、年棒が4200万円に跳ね上がり、打率は2割5分3厘、本塁打13、打点42という成績でした。

2001年と2002年は年俸が4200万円と変わらず、打撃成績は、2001年に2割5分1厘本塁打15打点56、2002年は3割4分3厘と3割をキープしてシーズン終了。本塁打19打点65で首位打者を獲得しています。2003年には、名実共に中日ドラゴンズの看板選手となった福留孝介。年俸は1億2200万円に上がり、打率3割1分3厘本塁打34打点96と好成績をマークし、リーグ最多三塁打も記録。

2004年にはさらに年俸はアップし2億円に!打率は2割7分7厘、本塁打23、打点81でした。続く2005年は年俸2億のままで、打率は3割2分8厘本塁打28打点103と、最高出塁率と通算3度目のゴールデングラブ賞を受賞しています。2006年には2億5500万円にアップした年俸で、打率も3割5分1厘本塁打31打点104をマーク。首位打者も獲得しています。

スポンサーリンク

2007年には年俸が3億8500万円になりますが、打率は2割9分4厘本塁打13打点48に止まります。この年に故障者特例措置によりFA権を取得。シカゴ・カブスと4年総額53億円で契約し、MLBに挑戦します。2008年は打率2割5分7厘本塁打10打点58と、MLB挑戦のスタートとしては上々の成績でした。2009年は打率2割5分9厘本塁打11打点54、2010年は打率2割6分3厘本塁打13打点44と調子はそのまま維持していましたが、2011年は打率2割6分2厘本塁打8打点35に。

シーズン途中の7月に、急遽クリーブランド・インディアンスに移籍することになります。4月までは打率3割8分3厘だったものが下降したのが移籍が原因でしょう。そして、福留孝介は、予期せぬ移籍から調子を落とし、同年にインディアンスを退団。2012年にシカゴ・ホワイトソックスに入団。年俸は約1億円で打率1割7分1厘本塁打0打点4と調子に影を落とし始めた福留孝介は、とうとうホワイトソックスを解雇されてしまいます。

失意の中、2013年には日本球団へ移籍を模索し、各球団が獲得合戦の結果、阪神に入団します。3年契約で、年俸は1年約1億5000万円でした。2013年入団直後からスタメンに起用されますが、打率1割9分8厘本塁打6打点31とシーズン途中の怪我などで思うような活躍ができませんでした。福留孝介は、2014年もスタメンとして開幕3戦目から出場しています。

スポンサーリンク

しかし、打率は2割9分6厘で本塁打6、打点31という打撃成績残しつつも、またも怪我を負ってしまいます。それでもプロとしての意地でしょうか、前年よりも調子を挙げて行きました。

福留孝介 阪神で4億円超え!?銭闘を繰り広げる球団間で悩む福留!

福留孝介はシカゴ・ホワイトソックスを成績不振で解雇された後、日本の球団と交渉をしました。その際に、阪神は、当初年俸1億円ラインを基本として交渉に臨みましたが、両者の間に溝があると感じた阪神が2年で2億5000万円を提示。その後、横浜DeNAベイスターズが2年3億を提示したことから、阪神は価格を上げ、2年で3億円まで上げて交渉をしようとしたものを、さらにアップさせ、結局、2年4億に変更しました。その後、横浜DeNAベイスターズも2年4億にし、阪神はさらに上積み。こうして福留孝介の年俸は、3年契約で約4億円5000万。背番号は8、引退後の身分保障や、家族の住環境の準備などオプションも多く付けた阪神に、銭闘の軍配が上がりました。ただ、あちらこちらで交渉を何度も行ったことから、福留孝介のイメージが悪化したのも事実。やはり選手生命や家族のことを考えると、どうしても安い条件で妥協するわけにはいかず、金額で評価の高さを表してくれる球団を選ばざるを得なかったのかもしれません。

福留孝介 嫁、子供のために成績上昇中?寄付・隠れた慈善活動がカッコイイ!

福留孝介 嫁、子供のために成績上昇中?息子がプロゴルファーになるためには高額が必要!

福留孝介は2007年に6歳年上の女性、和枝さんと結婚されています。きっかけは友人を含めた食事会。2008年に生まれた長男は、現在、ゴルファーを目指しているそうです。福留孝介の成績が上昇中なのは、やはり福留孝介の嫁と子供のためと言えると思います。

2015年は契約最終年です。今年成績が悪ければ、福留孝介は年俸を下げられるか、移籍先を探すことになります。福留孝介の長男がプロゴルファーを目指すとなれば、学費以外に、練習場代やホールを回るお金など、ゴルフはスケートと同様にとてもお金が掛かるスポーツ。2015年4月で38歳を迎えたので、福留孝介の選手生命もあと何年できるかというところ。

銭闘や、阪神入団後も怪我で離脱をすることがあるなど、ネガティブなイメージを回復するまでには至っていません。そのため、今、成績を上昇させて、来年もしっかりとスタメンを確保し契約金を勝ち取らないと厳しいことは福留孝介自身が一番よく分かっていることでしょう。

福留孝介 寄付・隠れた慈善活動がカッコイイ!メディアが大々的に取り上げないのが良いのか!?

福留孝介の名言の中に「誠意ではなく金額」という言葉があります。これは2007年の契約更新の際に発言した言葉。当時はスポーツマンらしくないと批判を受けたものです。しかし2011年の東日本大震災の際、福留孝介個人が8000万もの寄付金をポンと出したことから、今度は福留孝介の名言として再クローズアップされました。

2007年は中日の対応に対して、2011年は自分の慈善活動で「誠意ではなく金額」を示した男らしさがカッコイイですよね!また2014年には「劇症型心筋炎」と診断され、心臓移植をしなければならなくなった少女へ、阪神の選手全員のサインが入ったユニフォームと、トラッキーのぬいぐるみを送る慈善活動もこっそりと行ってもいました。

メディアがうろうろしている球場で話題に上らせず、黙って、苦しむ少女への応援のために行動する福留孝介。福留孝介は、こういった慈善活動を、見えないところで他にも行っているような気がします。上の2件は、もっと大きくクローズアップされても良いと思う出来事ですよね。

福留孝介の今後は!? 38歳と言う選手として岐路に立つ!

2015年7月8日、NumberWebにて福留孝介はインタビューに応じています。そこでは、たび重なる怪我により、2軍に生活を送ったことが発奮材料になり、好調を維持するきっかけになったと語っていました。福留孝介は、非常に難しい岐路に立っているのは事実です。

2015年に38歳を迎え、最高齢ではないものの、選手として年齢は高いほう。今後は単年契約が続き、1年1年その真価を問われ続けることになります。才能だけでなく、努力、運も味方をすれば、まだ一軍で活躍できる選手です。福留孝介は、今までたどってきた軌跡が全て経験として生かされており、2015年は、その集大成を見ているようなシーズンになっています。バッティングセンスも入団当初から抜群に良く、守備も硬いという年齢から来る衰えとは少し離れているものが、福留孝介にはあります。

阪神との契約でのオプションについていると言われる、現役引退後の身分保障というものが、いかなるものなのかというものも気になります。もしかしたら、監督やコーチとして採用してもらえるということなのか。2015年以降の福留孝介の動向に注目していきたいですね。

福留孝介は才能もあり、努力も惜しみません。また怪我にもめげず、選手として一線を張っています。どこまで張り続けられるのか、楽しみですね!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る