ふなっしーがテレビから消えかけている!?今後のスケジュールは?

ふなっしーがテレビから消えかけている!?今後のスケジュールは?

ふなっしーがテレビから消えかけている!?今後のスケジュールは?

ふなっしーのテレビ出演が減った理由は増長!?

ふなっしーをテレビで見る回数が劇的に減りました。実は、ふなっしーは、売れ始めてから増長しつつあり、”ふなチェック”と呼ばれる厳しい事前台本チェックや、気に入らない有名人を共演NG指定したがために出演番組が激減しているという噂があるのです。

共演NG指定の相手とされているのは、例えば「SMAP×SMAP」で、「最初見た時、何だコイツって思った」と上から言い放った木村拓哉や、他の番組で「苦手」「臭い」と悪口を言った女優数名。ところが、ふなっしー曰くこれらは全て台本通りで、”ふなチェック”の存在も否定しています。関係者も、ふなっしーの裏表ないサービス精神を絶賛していますから干された可能性は低いでしょう。

キャラかぶりのねば~る君の台頭や、ふなっしー自体が物珍しくなくなったから?その上、年始のドラマ「ふなっしー探偵」が大コケしたから?さまざまな要因が考えられますが、結局は、今までが出過ぎだったと考えるのが自然ではないでしょうか。

ふなっしーの2016年スケジュールは大丈夫!?

ふなっしーのテレビ出演頻度は減りましたが、2016年4月のスケジュールは、トークショーやプロ野球始球式、表彰式プレゼンターや撮影会、ご当地キャラ祭出演などで埋め尽くされています。これだけ見ると、ふなっしーも、ゆるキャラとしてあるべき場所に落ち着いたという感が否めませんが、やはりふなっしーはただのゆるキャラではありませんでした。

スポンサーリンク

6月30日からは、世界初のホログラフィック専用常設劇場「DMM VR THEATER」で、長編舞台「レジェンドオブふなっしー」が開幕します。また、4月1日にはふなっしー自身がLINE本社で緊急会見を行い、8月23日に日本武道館で、8月29日には大阪城ホールで、単独ライブ「ふなっしー夏祭り2016~梨祭NASSYI FES.~」の開催を発表しました。

テレビに出ずっぱりの頃は「休みたい」を連発していたふなっしーですから、テレビ以外の活動が大規模になりすぎて、あえてテレビに出ていない可能性もなきにしもあらずです。

ふなっしーの正体(中の人)イケメン「北見健二」とは!武道館チケットの売れ行きは?

ふなっしーの正体(中の人)イケメン「北見健二」の職業や学歴!

ふなっしーの正体(中の人)が、特許庁の商標登録データベースによって「北見健二」であることが判明しました。しかも、なかなかオシャレなイケメンだったようです。「北見健二」は、千葉県船橋市でアメリカ製ヴィンテージ家具や雑貨を扱う店「VINTAGE-HOUSE」の経営者。

スポンサーリンク

店舗内が、ふなっしーカラーの黄色を基調としていることや、ふなっしーゆかりの船橋市に立地していること、「北見健二」の身長が160cm程度と小柄であることからも、ふなっしーの正体(中の人)は「北見健二」で間違いないと思われます。「北見健二」は千葉経済大学出身ですから、推定年収7億円まで上り詰めたふなっしーの自己プロデュース力やマーケティング力のレベルの高さにも合点がいきます。

ふなっしー自身は、自らを「北見健二」であると認めていませんが、現在、「北見健二」名義のSNS類が削除されてしまっていることで、暗に認めてしまった格好になってしまったのかもしれません。

ふなっしーの武道館チケット完売必至!?入場料や購入方法は?

ふなっしーが2016年8月23日、ご当地ゆるキャラ初となる日本武道館単独ライブ「ふなっしー夏祭り2016~梨祭NASSYI FES.~」を開催します。ふなっしーは、2013年10月のCDデビュー会見で、「武道館で歌ってみたいなっしー。あそこで歌えたら最高なっしなー!」と夢を語っていました。あれから3年、ようやく夢を掴んだふなっしーは「人間界に来て5年目。何の後ろ盾もない、なし野郎が武道館公演までできるなんて感激なっしーな!」と梨汁ブシャー。

武道館チケットは一般7400円、4~12歳2740円と決して安くはありませんが、開催日は平日ながらも夏休み中ということで盛り上がること受け合いです。まだチケット発売日や購入方法の発表はありませんが、4月1日にふなっしーがLINE本社で行った緊急記者会見のLIVE生配信は約50万人が視聴したそうですから、早期チケット完売ということもありそうです。

ふなっしーがオワコンを自称!心身の限界見据えて戦略変更?

ふなっしーは、武道館公演を発表する際、「こんなことふなっしーの口から言うのもなんだけど、ふなっしー”オワコン”……終わりかけのコンテンツなしよ」と自虐発言していましたが、テレビから消えつつあることも含めて「北見健二」の緻密な計算である可能性もあります。自治体や企業スポンサーを持たず、スケジュールから予算管理、マーケティング戦略まで全てを1人で行ってきた「北見健二」だからこそ、世相を冷静に見つめることができるというもの。

そんなふなっしーの姿は、多くのビジネスマンたちも刺激してきましたし、日本全土をハッピーにしてくれました。一方で、ふなっしーには、だいぶ前から”腰痛”という肉体的問題や、多忙と孤独による精神的問題による引退説が囁かれ続けてきました。臨機応変さを求められるタレント活動が著しいふなっしーは、他のゆるキャラと違って、中の人を交替させるわけにもいきません。

テレビでの継続活動限界時間は30分とされていましたから、長時間に渡る武道館ライブを心配する声もあがっているようです。それに引き換え、6月30日に開幕するふなっしーじー舞台「レジェンドオブふなっしー」の公演時間は60分を超えるものの、全編が最先端ホログラフィックの立体映像。ふなっしー自身はアフレコのみでOKです。

心身の限界からか、ゆるキャラブームのマンネリ化からか、露出が減ってオワコンを自称するふなっしー。こう言ってしまうと夢がなくなってしまうかもしれませんが、映像での生き残りまでを見据えていたとしたら、「北見健二」のビジネススキルには恐ろしいものを感じます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る