GACKTブログやTwitterでの兄貴すぎる名言集!hydeとの深い仲が気になる!

GACKTブログやTwitterでの兄貴すぎる名言集!hydeとの深い仲が気になる!

GACKTブログやTwitterでの兄貴すぎる名言集!

GACKTブログやTwitterでの兄貴すぎる名言集!

GACKTの昨今の兄貴っぷりは、テレビなどでもおなじみです。そんなGACKT、実はブログやTwitterなどでも、人生における数々の名言を残す兄貴として話題になっています。たとえば「器用か不器用かっていったら、僕は異常なくらい不器用な人間だよ。自分でも嫌になるくらい」と、悩める人の目線にそっと寄り添うGACKT。

この後には、「でもそんな自分に負けたくないから必死にがんばる。だからゴールには一番に入る自信がある」と、ひたすら前向きに頑張る自分のやり方を書いてみせるのです。こう言われれば、どんなにすごい兄貴だって、楽しているわけではなく、頑張っているからこそ輝いているのだと、とても励まされる気持ちになりますよね。

また、「人に100%のことを望むなら、自分は300、400%やって初めて相手に自分の思いが届く」なんて、相手を思いやる気持ちを的確に表現したものまであります。
「自分に前向きで、人には優しく」とつぶやくGACKTのブレない姿勢こそが兄貴と言われるゆえんなのでしょう。

GACKTのTwitterでの対応がマジ神!名言連発!

GACKTの兄貴すぎる名言は、twitter内のリツイートでも存分に発揮されています。
例えば「先生に恋するのありだと思いますか?」というツイートには、「ドンドン恋しろよ。恋に駄目なことなんてないんだ。むしろ、恋することができないことが罪なんだと真正直に自分の考えをさらけだして答えてみたり、「GACKTさんと人生ゲームしたいです」なんて人には、「あのな……、もうオマエは、ボクと、そしてオマエの周りにいる全員と、人生っていうゲームに参加してんだよ。ボーッとしていると負けちまうぞ?2016も始まったばっかりだろ?気合を入れろよ。のりおくれんじゃね〜ぞ!わかったか?」と、「人生」を「人生ゲーム」にかけた、まさにこれぞ名言!という返信まで。ファンのつぶやきに真摯に答えてくれるGACKTは本当に神の領域です!

スポンサーリンク

GACKTが結婚しない理由はhydeとの深い仲のせい?「格付け」連勝ストップで激怒?!

GACKTが結婚しない理由はhydeとの深い仲のせい?

GACKTの名言の中に「僕は男女関係なく恋をする」というのがあります。さらに、その相手がhydeだとGACKTは言っています。

GACKTとhydeの2人が知り合ったのは、2003年の映画「MOONCHILD」にて、GACKTがhydeに出演を直談判したのがきっかけ。そこからGACKTはhydeにメロメロで、「あの笑顔は罪だ」「ほんとに可愛い」「僕のhyde」「昨日は朝まで愛し合っていました」など、禁断の恋をうかがわせるような発言をブログやツイッターにて連発。GACKTとhydeは、なんとキスまでしたことがあるのだとか。

GACKTがいまだに結婚しないのは、hyde以上にGACKTをメロメロにさせる女性が、いまだ現れていないからかもしれませんね。

スポンサーリンク

GACKTが「格付け」連勝ストップで激怒?

GACKTは「芸能人格付けチェック」にて、怒涛の36連勝を更新中だったのに、ついに2016年元日に途切れてしまったことでも話題になりました。

連勝が途切れたのは、なにもGACKTに落ち度があったわけではありません。同じチームだったKis-My-Ft2の北山宏光と中山優馬のミスが原因でした。しかし、GACKTは激怒するどころか、2人を全く責めませんでした。

それに感動したファンからのツイートに「責めてなんになるんだ?そんな先輩イヤだろ?」と返し、「先輩ってのはな、『その人みたいになりたいと思わせてくれる人、自分が困ったときに守ってくれる人、時には優しく怒ってくれる人』これが最低条件なんだよ」と、おそらく自身も心がけているのであろう理想の先輩像を示しつつ、ここでも兄貴の名言を炸裂させています。
実は……円形脱毛症ができるほど連勝のプレッシャーに襲われていたGACKT。

2人のミスに、かえってほっとしたと胸の内を明かし、「ボクはこれからの1年、自分の人生は上がるのみ!って考えるとワクワクしてたまらない」とツイートしています。

GACKTは人類初の完璧人間?その才能とはいかに?

GACKTは、2016年3月19日の埼玉三郷市文化会館を皮切りに、「LASTVISUALIVE」というコンサートツアーを7月まで行っています。「Visual」と「Alive」と「Live」をもじってつけられたこのツアー。GACKTが2012年に上演した舞台“義経”の世界観をところどころに演出しながら、さらに新しいステージを魅せてくれます。GACKTの創りだす美しさは圧巻もの。最近ではバラエティーで活躍する機会も多いGACKTですが、歌っている姿や舞台でのパフォーマンスを見ると、その才能の素晴らしさは、やはり唯一無二のものだと思わされます。

とはいえ、バラエティーではきっちり笑いを取り、しかし決して高飛車に出ることなく、前向きで、周りの人やファンに常に優しく接することができるGACKT。その容姿はもちろんのこと、才能も抜群、おまけに性格がよいなんて、GACKTこそが「人類初の完璧人間」なのかと思ってしまうくらいです。

これではなかなかGACKTのおめがねにかなう女性は現れそうにないな……なんて思ったりもしてしまいますが。
これからもますます「完璧人間」ぶりに磨きをかけて、歌も俳優もバラエティーもどんどんこなしてくれそうな兄貴・GACKTから目が離せませんね!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る