「ガイコツ書店員本田さん」本屋あるあるに書店員共感!最新刊は?

「ガイコツ書店員本田さん」本屋あるあるに書店員共感!最新刊は?出典:

「ガイコツ書店員本田さん」本屋あるあるに書店員共感!最新刊は?

「ガイコツ書店員本田さん」は書店員実録漫画!本屋あるあるに書店員共感!

「ガイコツ書店員本田さん」は、某所にある書店を舞台に、書店員の悲喜交々が描かれる書店員実録漫画です。久世番子「暴れん坊本屋さん」や、スズシロ「ほんとねこ」など、書店を舞台にした漫画が人気を集めていますが、「ガイコツ書店員本田さん」は、コミックス売り場に特化している点が特徴的です。

描かれる書店員の日常は、多くの人が抱く、「暇そう」や「楽そう」といった書店員のイメージを覆すものです。書店業務は、時間勝負。新刊発売日は戦争の様相を呈し、出版社や取次店とは仁義なき戦いを繰り広げ、愉快で少し困ったお客さんの対応に追われます。そんな「ガイコツ書店員本田さん」たちの姿は、規模や担当は違えど、書店員の共感を誘い、熱い支持を集めました。書店員でなくても笑えるシーンは満載。低姿勢ながら、心の中でのツッコミは鋭い本田さんと、個性的な登場人物のキャラクターが光ります。

「ガイコツ書店員本田さん」最新刊は?漫画制作の裏話も登場!

「ガイコツ書店員本田さん」は、書店を舞台にした実録漫画です。作中では明確に示されてはいませんが、舞台は、都会の大型チェーン店だと察することができます。1巻では、接客研修の様子をコミカルに描き読者の爆笑を誘った「ガイコツ書店員本田さん」ですが、会社の偉い人から怒られてしまったと、巻末のおまけまんがでこっそりと明かしています。接客研修の回以降は、出版元のメディアファクトリージーンピクシブコミックの編集者チェックのほか、会社からもチェックが入っているとか。

2巻では、接客業務以外の書店員の仕事を紹介しています。書店とは切っても切り離せない取次店の存在や、編集者の登場で、より書店業界の裏側が覗ける内容になっています。もちろん、ちょっと困ったお客さんも登場しますが、おススメなのはカバー裏。コミック売り場の縮図が見えます。

スポンサーリンク

「ガイコツ書店員本田さん」売り場のメンバー紹介!珍客は外国人まで!

「ガイコツ書店員本田さん」ゆかいで頼もしい売り場のメンバー紹介!

「ガイコツ書店員本田さん」の主人公である本田さんは、コミックス売り場でアメコミを担当しています。登場する同僚たちは人型をしていますが、マスクやお面をかぶり、視覚的に店員と分かりやすい仕様に。出版社への電話応対で迫力抜群のペストマスク係長をはじめ、クールビューティ系の御狐先輩や、時たま愛が暴走するBL担当のアーマー係長、背骨が弱くて苦労人風の4コマ、サブカル担当のカミブクロ先輩が、さまざまなところで登場します。

全書店員が羨ましいと感じるのが、流通課の魔術師係長の存在でしょう。書店では、必要な本が、満数で入荷することはほとんどありません。しかし、魔術師係長の手にかかると、必要なときに本が大量に入荷するなど、その手腕は、魔法という言葉でしか言い表せません。濃いキャラが揃った売り場のメンバーですが、本への知識と愛は十分。売り場担当としての頼もしい姿を見せてくれます。

「ガイコツ書店員本田さん」日本人よりも愛がすごい!?珍客は外国人まで!

「ガイコツ書店員本田さん」では、書店員の普段の仕事や裏側などにスポットが当てられていますが、書店員の仕事は、基本的には接客業。作中では、来店するさまざまな客とのやり取りが描かれています。本田さんが勤務している書店では、特に外国人の来客が多めの様子で、海を越えてくるだけあって、漫画への愛と情熱は驚くほどです。

スポンサーリンク

日本では、2次元好きなアニメ・漫画オタクは、自身の趣味を隠す傾向にあります。特に男性同士の恋愛を描いたBL好きの女子、いわゆる腐女子であることをオープンにしている人は多くありません。しかし、本田さんの勤める書店に訪れる外国人の女子は、とにかくオープン。大量買いや、作品についての議論は当たり前。

知識も豊富ですが、好きなジャンルが、日本人の傾向とは少し違うところに文化の違いが感じられるのも面白いところでしょう。「ガイコツ書店員本田さん」に登場する、海外のヤオイガールたちの暴走気味の愛には爆笑必至です。

「ガイコツ書店員本田さん」書店の推しがすごい!出版業界モノがくる!?

「カイコツ書店員本田さん」は、漫画、イラスト投稿サイトpixivで読めるほか、メディアファクトリー「月刊コミックジーン」が運営する「ジーンピクシブ」でも連載されている漫画です。「ジーンピクシブ」掲載時から話題となっていましたが、コミックス1巻が2016年3月に発売されると、書店員の熱い支持を受けて話題となりました。

とはいえ、書店員の熱烈な支持のみが人気の理由ではありません。宝島社「このマンガがすごい2017」オンナ編12位、エンターブレイン「エンタミクス」2017年2月号の特集、「2016年コレ読んで漫画RANKING BEST50」では19位、同じく「エンタミクス」特集内の「強烈だったキャラBEST10」で4位と、多くのランキングでランクイン。

書店員だけではなく、一般の読者が読んでも笑える、楽しい作品に仕上がっているということが分かります。2016年に放送された、松田奈緒子の漫画を原作としたドラマ「重版出来!」の舞台は、漫画雑誌の編集部でした。実写映画化も話題となった、大場つぐみ&小畑健コンビが描いた、漫画家を目指す少年たちの物語「バクマン。」は、出版業界を知るきっかけに。

対して、一番身近である書店を舞台にしたものは数が少なく、碧野圭の小説を原作としたドラマ「書店ガール」が渡辺麻友主演で2015年4月に放送されたくらいです。書店が、登場人物の勤め先として登場することはあっても、その裏側まで紹介することはほとんどないので、意外に知らないことは多いはずでしょう。

「ガイコツ書店員本田さん」編集担当のアザラシ氏は、実写化を熱烈に希望しています。おまけまんがには、実写化イメージ漫画も掲載されていますが、想像図だけでも笑ってしまうほど。実際に映像化した場合は、それ以上のインパクトがあることが容易に想像でき、いやが上にも期待が高まります。書店員の日常が詰まった、笑えるお仕事系漫画「ガイコツ書店員本田さん」。読んだ後は、書店員さんのことが気になってしまう、そんな魅力に溢れています。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る