ギャル曽根が太らない理由は病気?体質?身長、体重は?

ギャル曽根が太らない理由は病気?体質?身長、体重は?

ギャル曽根が太らない理由は病気、体質?身長体重は?

ギャル曽根が太らない理由とは?

ギャル曽根が人気者になった理由は、大食い。しかも、とても綺麗に美味しそうに食べることから、安定した人気を得ました。「美味し~!」と笑顔で食べるギャル曽根の姿を見て、嫌いになる人はいないでしょう。しかし、あんなに大食いなのに、いつ見てもすごく華奢な体型をしているギャル曽根。これは病気なのか?体質なのか?……

あるテレビ番組で、ギャル曽根の体を調べていましたが、検査した結果は、ギャル曽根は、人並み外れた消化能力を持った体なのだそうです。善玉菌であるビフィズス菌が、通常の4倍以上存在しているというギャル曽根。そのため、消化が異常に早いく、また消化器官中にある弁がゆるいために、吸収しきれないうちに食べ物はすぐに排泄されてしまう特異体質なのだそうです。実際に、ギャル曽根の排泄回数は異常に多いのだとか。

ギャル曽根の身長体重は?

ギャル曽根の身長は162㎝で、体重45kg。普通で考えたら痩せすぎです。特異体質ともいえる体の構造で、たくさん食べても太れないし、太らないギャル曽根。何杯食べても「美味し~!」と言えるのは、満腹にならないからです。栄養を吸収しきれない体だといっても、あれだけの量を食べないと生きていけないのも、少々キツイものがあるかもしれません。しかし、特異体質を生かし、大食い女王と呼ばれ、たくさん食べられる環境に恵まれている今は、ギャル曽根にとって超幸せですよね。

ギャル曽根の結婚相手の夫・名城ラリータの学歴や職業は?子供は何人?

ギャル曽根の結婚相手、夫・名城ラリータって?

ギャル曽根は、2011年6月に結婚をしました。結婚相手である夫・名城ラリータは、ギャル曽根よりも9歳年上。職業は、フジクリエイティブコーポレーションの番組ディレクターです。夫・名城ラリータの学歴は、日本大学芸術学部を卒業しています。なんと、ギャル曽根がタレントになる前からの知り合いだという二人。

スポンサーリンク

仲良くなったきっかけは、名城ラリータがディレクターを務めていた番組に、「ご飯を好きなだけたべていい」という約束で、タレントになる前のギャル曽根が出演したこと。
ギャル曽根は「彼が、私のことを誰にも取られたくないから、結婚が早まった」とのろけている通り、とても愛されているようです。

ギャル曽根の子供は?

ギャル曽根は、すっぴんが別人と自分でも言っているほど、メイクの腕前がケタ外れ。結婚当初は、夫である名城ラリータにも、しばらくの間、素顔を見せなかったそうです。別人だと自分で言うくらいともなると、かえってすっぴんを見たい!と思う人間は増えるでしょう。とある番組で、とうとう素顔を披露したギャル曽根の顔に、夫・名城ラリータも驚いたそうです。

しかし、夫の愛は変わりませんでした。2012年11月、ギャル曽根は待望の男の子を出産しています。子供は1人なの?と思いきや、2016年1月14日には女の子を出産したギャル曽根。2016年は子育てに忙しい年になりそうですが、1男1女のママとして、幸せな家庭を築いていってほしいですね。

スポンサーリンク

ギャル曽根、今後はママタレに?

ギャル曽根は、細い体での大食い、派手なギャルメイクで人気がありましたが、いつの間にやら二児の母に。食べても太れないと心配された体型でしたが、第一子出産後には「太った?」と世間から注目されたギャル曽根。出産すると体質が変わる、という話はよく聞きますが、ギャル曽根は実際、出産直後は太っていたようです。

しかし、そこは人気タレント。ギャル曽根はとても料理が上手で、料理本も出しているほどです。自身の料理で、美味しくダイエットに成功したそうです。夫・名城ラリータもにも、自慢の料理を食べさせ、体重を落とさせたとか。大食いタレントとしての顔だけではなく、料理上手なママタレとしても活躍し始めているギャル曽根。

実際に料理でダイエットに成功しているので、ギャル曽根が教える料理レシピには説得力がありますよね。2016年1月には、3408gの大きくて元気な女の子を出産したので、体型や体質が変われば、また新たな料理本が出るかもしれません?!第一子の男の子は、ギャル曽根のブログに写真が出てきます。

とても可愛らしくて、ママに似た大食いの男の子のようです。第二子出産の時も、長男に「頑張れ」と言われ、力を貰ったと喜んでいたギャル曽根。現在、夫と子供2人に囲まれて、とても幸せなことでしょう。子育てが落ち着き、テレビに復帰した時には、幸せのお裾分けではないですが、また笑顔で「美味し~!」と山盛りの料理を食べていてほしいですね!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る