映画「gifted/ギフテッド」のあらすじは?マケナ・グレース他キャストをチェック!

映画「gifted/ギフテッド」のあらすじは?マケナ・グレース他キャストをチェック!出典:http://giftedkyouiku.com

映画「gifted/ギフテッド」のタイトルの意味とは?あらすじは?

映画「gifted/ギフテッド」のタイトルの意味とは?

「gifted/ギフテッド」は、日本で2017年11月23日から公開予定のアメリカ映画です。タイトルの「gifted/ギフテッド」とは、先天的に、平均よりも高度な知的能力を持っている人のことを指しています。

日本語で「贈り物」を意味するギフト(gift)が語源となっていて、神様からの贈り物といった意味合いも。現実的には、「gifted」の人たちは、周囲との違いを意識しすぎるあまり、時おり問題行動を起こしてしまったり、組織のルール内でうまく振る舞えなかったりするなど、生きていく上での難しい面もあるようです。

本作に登場する7歳の少女メアリーもまた「gifted」の1人で、天才的な頭脳を持つがゆえの騒動に見舞われていきます。

映画「gifted/ギフテッド」特別な能力を持つ少女を巡る人間ドラマ

「gifted/ギフテッド」の舞台は、フロリダの小さな田舎町です。母親を亡くした7歳の少女メアリーは、叔父のフランクと暮らしていました。しかし、祖母エヴリンが、メアリーの天才的な「gifted/ギフテッド」の能力に気付くと、教育方針を巡ってフランクと対立することに。

スポンサーリンク

フランクは、メアリーの幸せを思ってエヴリンの考えを拒否しますが、エヴリンは、フランクとメアリーの仲を引き裂こうとします。その最中に、フランクは、自身の姉でメアリーの母親が残したメッセージに気付きます。物語は、「gifted」の持ち主であるメアリーにとっての真の幸せとは何かを静かに問いかけます。

映画「gifted/ギフテッド」のマケナ・グレース他キャストは?評価や評判は?

映画「gifted/ギフテッド」叔父役には「アベンジャーズ」キャプテン・アメリカ役のクリス・エヴァンス

「gifted/ギフテッド」で、優れた頭脳を持つ少女メアリーを演じているのはマケナ・グレースです。出演時の年齢は11歳ですが、7歳の頃から芸能活動をしていて、ドラマ「サバイバー:宿命の大統領」では、「24」のキーファー・サザーランドの娘役を演じました。

叔父フランクは、「アベンジャーズ」のキャプテン・アメリカ役で知られるクリス・エヴァンスです。今やアクション作品に欠かせない俳優となりました。対立することになる祖母エヴリンは、「アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅」での好演も光ったリンゼイ・ダンカンが演じ、教師役は、「ブルックリン・ナイン-ナイン」のジェニー・スレイトが演じています。

スポンサーリンク

映画「gifted/ギフテッド」先に公開となったアメリカでは拡大公演される人気に!

「gifted/ギフテッド」は、日本では2017年11月に公開予定となっていますが、アメリカやカナダなどの北米地域では、2017年4月から公開されました。家族との絆や、本当の幸せについて訴えかけるようなストーリーとなっているので、ファミリー層などを中心に「感動の一作!」と高い評価を獲得しています。

そうした声の高まりから、全米では公開日が進むごとに集客を増やしたため、順次拡大公演が行われるまでになりました。この調子ならば、賞レースでも注目の一作となりそうです。

映画「gifted/ギフテッドを観ないという人が出たとしても仕方ない」?……クリス・エヴァンスが政治的発言で物議を醸す

「gifted/ギフテッド」で叔父フランク役を演じているクリス・エヴァンスは、映画「アベンジャーズ」のキャプテン・アメリカ役で世界的スターとなりました。その後も、アベンジャーズシリーズをはじめとする数々のアクション大作が大ヒットし、2018年には、「アベンジャーズ」シリーズ最新作となる「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」の公開も予定されています。

人気が高まる一方で、クリス・エヴァンスは、映画出演だけでなく、政治的発言でも話題を集めています。たとえば、白人至上主義団体のツイートに対して批判する内容をツイートしたほか、現在さまざまな物議をかもしているドナルド・トランプ大統領に対して、批判的な態度を明確に示すなどです。そのため、自身が批判を集めることも少なくない状況となっています。

あまりに度が過ぎると、ヒーロー役のキャプテン・アメリカを演じる立場とあって、さすがに映画の興行収入に悪影響を与えるのではないか?と心配する声があるのも事実。しかし、クリス・エヴァンスは、「僕の主張を聞いて映画を観ないという人が出たとしても仕方ない」とコメントしています。

実際のところはどうかと言えば、クリス・エヴァンスが2016年に出演した「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」は大ヒットしました。また、2017年に公開された「gifted/ギフテッド」も高い評価を獲得しているように、政治的な発言は、キャリアへの悪影響となっていないので、まだまだ活躍する姿を見ることができそうです。まずは、これまでのアクション大作とは路線が大きく異なる「gifted/ギフテッド」のフランク役をじっくり味わいましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る