ゴンサロ・イグアインがナポリから宿敵ユベントスへ移籍し大炎上!歴代彼女や結婚相手は?

ゴンサロ・イグアインがナポリから宿敵ユベントスへ移籍し大炎上!歴代彼女や結婚相手は?出典:http://fantasista11.me

ゴンサロ・イグアインのプレースタイルを徹底解剖!ナポリから宿敵ユベントスへ移籍し大炎上

ゴンサロ・イグアインは高い決定力が注目されるアルゼンチン人サッカー選手!

ゴンサロ・イグアインは、1987年生まれのアルゼンチン人サッカー選手です。ポジションはフォワードで、もちろん全てにおいて平均以上のテクニックを持っていますが、特筆すべき特徴は、なんといってもスピード、ポジショニング、高い決定力の3点でしょう。

ゴンサロ・イグアインは、味方からのパスを受けて、少ないタッチでゴールを決めるケースが多いプレイヤーと言えます。南米の選手に多い、華麗なドリブルで複数人をかわすといった派手なプレーはないものの、その決定力を賛辞する声が多く寄せられているゴンサロ・イグアイン。2016年には、セリエAで36得点を決め、リーグの得点記録を66年ぶりに更新しました。

ゴンサロ・イグアインがナポリからユベントスへ移籍して大ブーイング!

ゴンサロ・イグアインは、母国アルゼンチンのクラブで活躍した後、2006年に、スペインの名門レアル・マドリードに移籍すると、リーグで27得点を上げるなど大活躍しました。しかし、ポジションが同じであるフランス人フォワードのカリム・ベンゼマの加入や、自身の不調が重なって、2013年にイタリアのSSCナポリに移籍しています。

SSCナポリでは得点を量産し、クラブを優勝争いに導いたゴンサロ・イグアインですが、2016年になると、イタリアで毎年のように優勝している名門ユベントスFCに移籍することに。ライバルチームへの移籍となったことからSSCナポリのファンから大反感を買い、ナポリのホームで試合を行ったときには、ファンから大ブーイングを受けています。

スポンサーリンク

ゴンサロ・イグアインの腹周りの肉が気になる!歴代彼女や結婚相手は?

ゴンサロ・イグアインがオフシーズンに調整ミス?腹周りの肉は大丈夫?

ゴンサロ・イグアインは、2016年に、ユベントスFC史上最高の移籍金となる9000万ユーロで移籍し、イタリア・セリエA最高額となる年俸750万ユーロを受け取ることになりました。しかし、オフシーズンが終わってユベントスFCの練習に合流すると、ユベントスファンから痛烈な批判を浴びせられることとなります。

その理由は、シーズンが始まるというのに腹回りの肉が出ていたから……。太り過ぎたことをユベントス首脳陣からも批判されたゴンサロ・イグアインは、2016年シーズン開始当初には先発から外れてしまいました。しかし徐々に体型を絞り、今では欠かせないレギュラー選手として活躍しています。

ゴンサロ・イグアインの彼女は?今でも独身?

押しも押されぬトップストライカーとなったイケメンのゴンサロ・イグアインは、私生活も華やかなようです。アルゼンチンの女優でモデルのソレダット・ファンディーニョや、ナタリー・ペレスをはじめ、数多くの美人女優やモデルと交際をしてきたと伝えられています。数々の熱愛遍歴を経て2017年には30歳となったゴンサロ・イグアインですが、結婚はまだしておらず独身を貫いている様子。とはいえ彼女がいないわけではなく、現在は、ジャーナリストの女性と交際中という噂が流れています。

スポンサーリンク

ゴンサロ・イグアインが欧州5大リーグで史上2人目となる大記録を達成!

ゴンサロ・イグアインは、2017年10月に行われたACミランとの試合で2ゴールを決め、セリエA通算100ゴールを達成しました!かつてのレアル・マドリード時代には、スペインで通算100ゴールを記録しているゴンサロ・イグアイン。そのため、イタリア、スペイン、イングランド、ドイツ、フランスからなる欧州5大リーグの内の2リーグで、それぞれ通算100ゴールを決める快挙を達成したことになりました。他にゴンサロ・イグアインと同じ記録を達成しているのは、マンチェスター・ユナイテッドFCのズラタン・イブラヒモビッチのみです。

ゴンサロ・イグアインは、2017-2018シーズンの開幕直後、得点が少ないことで批判を浴びました。これについて反論したのは、兄でゴンサロ・イグアインの代理人を務めるニコラス・イグアインです。ゴンサロ・イグアインが達成した大記録を例に出して「欧州2つのトップリーグで100ゴールを達成したのは(弟と)ズラタン・イブラヒモビッチだけ。スクデット(セリエAのリーグ優勝)を獲得して、コッパ・イタリアも制し、チャンピオンズリーグでは決勝進を果たしたのに、他に何を求めるんだい?」とフォローしています。

アルゼンチン代表としてもなかなか大きな結果が出せずにいたゴンサロ・イグアインは、母国がW杯予選敗退の危機にあったこともあり、今シーズンは代表から落選することにもなりました。しかし、通算100ゴールの記録達成からも分かるように、得点感覚を取り戻しつつある今、これだけ結果を出せていれば、2018年に行われるW杯では、ゴンサロ・イグアインが活躍する姿が見られるのではないでしょうか。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る