後藤真希 性格、身長、体重は?つんくが支えたモー娘。時代!姉や弟、母親や父親、旦那や子供は?!

後藤真希 性格、身長、体重は?つんくが支えたモー娘。時代!姉や弟、母親や父親、旦那や子供は?!

後藤真希 性格、身長、体重は?つんくが支えたモー娘。時代!

後藤真希 プロフィール 気になる性格、身長、体重は?

歌手、タレントとして活動している後藤真希。

「モーニング娘。」(以下、モー娘。と略)の元メンバーで1985年9月生まれの29歳。東京都江戸川区出身。愛称は、ゴマキ、ごっちん、ごっつぁん、ごまなど。2011年12月から無期限活動休止していましたが、2014年6月から芸能活動を再開。身長、体重はそれぞれ158.8cm、43kg。身長は後藤真希本人談、体重は後藤真希本人が昨年7月に公式ブログで明らかにしたものです。女性芸能人が体重をオープンにするのは、非常にめずらしいこと。それを示すかのように、後藤真希の性格は、サバサバとしており人情に厚く、家族思いとしても知られます。彼女について悪く言う人間が見当たらないことから、不幸な環境でもひねくれることのない後藤真希の性格のよさがうかがえます。

後藤真希 その才能をつんく絶賛 モー娘。センター抜擢

モー娘。に、加入した13歳の後藤真希。当時のモー娘。は全盛期を迎え、今のAKB48も及ばないほどの人気ぶりでした。そんな中、若干13歳にしてデビューした後藤真希は、当時から異彩を放っていたようです。金髪で幼さが残る顔立ちで、歌やダンスもとびぬけてうまいというわけでもないのですが、周囲の目を引き付けるオーラを持っていたということでしょう。後藤真希について「10年に1人の逸材」、「才能が飛び抜けていた」とプロデューサーのつんくが絶賛したそう。つんくは、磨けば光るダイヤの原石と感じたのでしょうね。その後、後藤真希はモー娘。代表作の「LOVEマシーン」で一躍センターに抜擢されました。つんくのプッシュがあったことは想像がつきます。それまでセンターを張っていた安倍なつみが、後藤真希の抜擢を「いい気分はしなかった。今思うと、それがいい刺激になっていたが、あの時は必死だった」と振り返っているほどでした。

後藤真希 姉や弟、母親や父親、旦那や子供は?ママタレブレイク必至?!

後藤真希 不幸な家族環境 結婚後妊娠4か月

そんな後藤真希ですが、家族環境には恵まれてはいません。後藤真希の家族には、2人の姉と弟がいます。そして、後藤真希の父親は1996年にロッククライミング中に死亡、母親は地元で居酒屋を営み、店を姉夫婦に譲った後、2010年1月に自宅で、後藤真希の弟、祐樹の部屋から転落死しています。両親がそろって不幸な最期を迎えたことが、後藤真希の心に影を落としたことは否定できません。また、後藤真希の弟、後藤祐樹は芸能界で活動していましたが、スキャンダルで芸能界から追放後、窃盗罪と強盗傷害罪で逮捕・起訴され実刑に服し、2012年に仮出所しています。2人の姉は一般女性だそうですが、詳しいことは明らかになっていません。不幸が続いた後藤真希ですが、2014年7月に芸能活動再開に合わせて結婚を発表。旦那は、年下の一般男性とのこと。今は旦那との間に初めての子供をさずかって4カ月の後藤真希、今年の冬に出産予定です。

スポンサーリンク

後藤真希 今後の活動 ママタレで再ブレイク?

無事出産すれば、モー娘。OGでは、8人目のママになる後藤真希。今後、芸能界でママタレとして活動していくのでは?とささやかれています。芸能界は、今ちょっとしたママタレブーム。結婚した女性タレントや女優は、ほどなく妊娠、出産し、ママタレの仲間入りするのが通例化(?)しています。バラエティー番組やブログなどでも、北斗晶や木下優樹菜、優木まおみらママタレが活躍しているように、後藤真希もママタレとして再ブレイクするのでしょうか。今後の後藤真希の活動ですが、出産後はしばらく育児に専念してブログ発信で、ママタレ活動を続けるのではないかと思われます。それにしても、これまで家庭に恵まれなかった後藤真希、やがて生まれてくる子供ともども、旦那と3人、幸せになってほしいものです。

後藤真希 目指すはママタレ界の「マイルドヤンキー」?

今回の後藤真希の妊娠報道で、ある芸能関係者が漏らした内容によると「後藤真希の結婚式場で、別の結婚式の出席者やスタッフが『ガラのよろしくなさそうな方たちが大勢いた。ヤンキーの結婚式では?と思ったら、後藤真希の結婚式の招待客だった。』と話していた。」そうです。後藤真希の結婚相手は、一般男性と発表されていますが、地元東京・江戸川区の3歳年下の友人で、解体業の「マイルドヤンキー」だそうです。「マイルドヤンキー」とは、「地元に根ざし、同年代の友人や家族との仲間意識を基盤とした生活をベースとする若者」を指す概念で、「人情にあふれ、地元で深く固い人間関係を築くのが得意で、結婚も割と早い」という特徴があるとか。ワンボックスカーを欲しがり、ブランド物や酒やタバコ等の嗜好品も好み、若いうちから子供をたくさん作りたがるので、企業にとっては絶好の販売ターゲットになるようです。その反面、生活範囲は非常に狭く、半径5キロメートル以内で生活していることから、マーケティング調査が難しいとも。それらの特徴を踏まえてみると、後藤真希も「マイルドヤンキー」に該当するようです。後藤真希が、ママタレとして活動していくためには、今までのママタレとの差別化が必要になってくるでしょう。そこで、今後は「マイルドヤンキー」なママタレでいくのが一番手っ取り早い方法ではないでしょうか。後藤真希の、今後のママタレ活動に注目していきたいと思います。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る