葉加瀬マイのセルフ技に衝撃走る!抜群のスリーサイズ、身長体重は?

葉加瀬マイのセルフ技に衝撃走る!抜群のスリーサイズ、身長体重は?出典:http://matome.naver.jp

葉加瀬マイのセルフ技に衝撃走る!抜群のスリーサイズ、身長体重は?

葉加瀬マイのセルフ技に男性ファン大興奮!驚愕の離れ技とは?

葉加瀬マイというGカップアイドルが、バラエティ番組で披露した”セルフ技”が、あまりにも衝撃的過ぎるとネットで話題になりました。葉加瀬マイは、2011年の「あいのり2」に、本名の”袴田真衣”で出演したのをきっかけに芸能界デビュー。ミスFLASH2012グランプリ後は改名して、グラビア活動を行っていました。

そんな葉加瀬マイが、2014年に出演したバラエティ番組「日本全国ご自慢列島 ジマング」の”自慢VTR”で披露したのが、「他人が揉んでいるように自分の胸を揉める」という離れ技。一体どんな技かというと、自分の両腕を首の後ろに回してクロスし、胸まで伸ばし、上から他人に揉まれているように見せるというものでした。エロっぽさもさることながら、その驚異の柔軟性と、「そこまでやるか!」との驚きが入り混じり、葉加瀬マイのキャラクターが強烈に印象付けられたのです。

葉加瀬マイはGカップスリーサイズにモデル級の身長体重!バレエ、水泳と鍛えまくり!

葉加瀬マイのスリーサイズはB93-W60-H90。何といっても、Gカップのグラマラスボディですから、グラビアの水着姿に男性ファンが興奮するのも分かります。しかも身長170cmという、モデル並みにパーフェクトなプロポーションが、葉加瀬マイの最大の武器でしょう。体重は非公開のようですが、どう見ても40kg台後半から50kg台前半にしか見えないスラリと伸びた足には、女性も憧れるところです。

葉加瀬マイは、クラシックバレエ歴10年で、腕がさまざまな方向に曲がる”キモ体操”を得意とします。それが、あのセルフ技を生み、抜群のプロポーションを保っていたのです。水泳では、2010年のスイム駅伝への出場歴もあり、なぜGカップという豊満なバストを保つことができるのかが、不思議なくらいに鍛えている様子の葉加瀬マイ。しかも、超が付くほど色白美肌と来れば、向かうところ敵なしでしょう。

スポンサーリンク

葉加瀬マイの出身高校、大学!グラビア卒業の理由は何?

葉加瀬マイの出身高校、大学と女子校出身のお嬢様!実家がお金持ちだった!

葉加瀬マイは、静岡県葵区にある私立の女子中高一貫校・静岡雙葉高校出身です。静岡雙葉高校は、経済力のある家庭に生まれた子女が多く通う学校として有名で、葉加瀬マイの実家もまた、代々医者という金持ちであることが分かっています。もちろん父親も医師だったそうですから、娘には淑女たる教育をと考えたのでしょう。その後、葉加瀬マイは日本女子大学文学部史学科に進学し、まさに女子校畑の箱入り娘という印象です。

そんな葉加瀬マイが、”セルフ技”で世を賑わせようとは、両親は思いもしなかったに違いありません。一見すると道を外れてしまったようではありますが、フードアナリストの資格や、ワイン検定、スキューバダイビングライセンスを取得するなど、葉加瀬マイはお嬢様の気品を失っていない様子。おまけに、留学を経て、韓国語まで習得するという余裕すら見せています。

葉加瀬マイのグラビア卒業で韓国での活動を示唆!グラビア復活の理由は?

葉加瀬マイは、2015年5月23日に発売したイメージDVD&Blu-rays「覚醒」を最後に、グラビア卒業を宣言しました。留学先だった韓国に拠点を移し、「日韓の架け橋になる活動をしたい」というのが、その時に説明された理由です。デビューから11本のDVDを発売するなど、グラドルとして人気が高かった葉加瀬マイですが、20代後半に突入した自らの年齢を危惧したのでしょうか。

スポンサーリンク

過去には、「LIAR GAMR」や「踊る大捜査線」などの映画出演も経験していましたから、韓国での女優活動に新境地を求めたのかもしれません。「今は現地での基盤を作っているところ」と話していたのも、記憶に新しいところです。ところが、2016年3月発売の「FLASH」で、葉加瀬マイは1年ぶりのグラビア活動を再開させています。ここにきて、日本でのセクシー活動を再開させたところを見ると、韓国での活動は上手くいかなかったようですね。

葉加瀬マイのグラビア復活に歓喜の声!「さんま御殿」で見せたバラエティへの意気込み

葉加瀬マイのグラビア卒業には、ファンからの悲しみの声が相次いでいました。当然、葉加瀬マイのグラビア復活に、男性ファンは狂喜乱舞です。2016年夏、週刊ポストでは、”夏のお姉さん”として、4週連続に渡り葉加瀬マイを特集しています。そして、8月14日放送の「サンデー・ジャポン」に、セクシーすぎるミニスカート姿で登場するや、「見えた!」とネットでは大騒ぎ。

カメラのアングル的にも、どう考えても確信犯としか思えない葉加瀬マイの登場は、「その路線でいくのね……」と言わんばかりです。今時は、セクシー路線だけでは少し弱いかと思いきや、葉加瀬マイには、実家が金持ちのお嬢様キャラという、もう1つの隠し玉がありました。8月23日放送の「さんま御殿」では、「金持ちVS貧乏」をテーマに、葉加瀬マイは「給食にはウナギ」「週9で習い事」など、驚愕のセレブエピソードを披露しています。

「貧乏な人は、みんな醤油をかけて食べるイメージ」と発言して、貧乏軍団のヒンシュクを買うも、しっかり「踊る!ヒット賞!!」を獲得しました。炎上キャラを狙って成功するのは一握りですから、少しばかり不安も残りますし、本人にとって本意な売り方かどうかは不明です。

しかし、「戦場に立ったつもりでトークしました」と語る葉加瀬マイは、まずはバラエティで生き残りを図り、行く末は女優に……という、先を見据えた計算ができる女性のように思えます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る