葉加瀬太郎と高田万由子の娘・葉加瀬向日葵は天才!?息子には問題が……

葉加瀬太郎と高田万由子の娘・葉加瀬向日葵は天才!?息子には問題が……出典:http://ticketcamp.net

葉加瀬太郎と高田万由子の娘・葉加瀬向日葵は天才!?息子には問題が……

葉加瀬太郎と高田万由子の娘・葉加瀬向日葵は天才!?イタリアのJr.コンクールで金賞受賞!

葉加瀬太郎は、「情熱大陸」などで有名なバイオリニスト。現在はロンドンに拠点を置き、日本とロンドンを行き来する生活を送っています。葉加瀬太郎の妻は、東大卒タレントの高田万由子。東京芸大在学中に高田万由子と付き合い始めた葉加瀬太郎は、1999年に結婚し、2人の子供に恵まれました。

最近、天才なのではないかと噂になっているのが、その娘の葉加瀬向日葵(はかせひまり)です。葉加瀬太郎と高田万由子の娘・葉加瀬向日葵は、現在16歳の高校1年生。2歳頃からバイオリンを習い始めて、最近では、イタリアのJr.コンクールで金賞を獲るなど、頭角を現してきているそうです。

高田万由子が出演したテレビ番組内で、葉加瀬向日葵のことも紹介されたことから、にわかに注目が集まりました。葉加瀬太郎は、子供とは友達感覚でいたいという希望があるため、教育に関することはすべて妻まかせ。バイオリンについても、高田万由子が教えているといいます。葉加瀬太郎のバイオリンの才能を受け継いでいる葉加瀬向日葵の将来の活躍は、今からとても楽しみですね。

葉加瀬太郎と高田万由子の息子には問題が?暴力息子から一転して料理に目覚めた?

葉加瀬太郎と高田万由子の娘である葉加瀬向日葵が、天才バイオリニストの期待を背負っている一方で、葉加瀬向日葵より7歳年下の弟・葉加瀬万太郎(はかせまんたろう)は、発達障害なのではと、一時噂になったことがありました。事の発端は、高田万由子が、葉加瀬万太郎が6歳の頃の様子を、とにかくやんちゃで、家庭内暴力がひどく、言葉遣いも荒れていて扱いに困っていると、「ナイナイアンサー」のインタビューで語っていたこと。

スポンサーリンク

その話がネット上で飛躍し、葉加瀬太郎と高田万由子の息子は発達障害なのではという噂になってしまったようです。しかし、9歳で、小学4年生になった葉加瀬万太郎は、最近では料理を覚え、パスタやサラダなどオシャレランチを家族に振る舞っているようなので、その噂はデマだと思われます。プロの料理人になろうかと考えたこともあったほど料理の才能も持ち合わせている葉加瀬太郎。その才能は、料理長になることを夢見ているという息子の葉加瀬万太郎にしっかり受け継がれているようです。

葉加瀬太郎コンサートスケジュール!バイオリンの実力評価は?

葉加瀬太郎コンサートスケジュール!ソロデビュー20周年記念フルアルバムを引っ提げ全国ツアーへ!

葉加瀬太郎は、現在ロンドン在住ではありますが、1年の約半分は家族の元を離れ、日本でコンサート活動を行っています。今年の春には、気心知れた古澤巌と高嶋ちさ子と共に、コンサートツアー「3大ヴァイオリニストコンサート」を敢行。夏には、今年で15回目となる情熱大陸スペシャルライブを大阪と東京で、豪華ゲスト陣と共に行いました。

また、2016年でソロデビュー20周年を迎えた葉加瀬太郎は、2016年8月3日に3年ぶりとなるフルオリジナルアルバム「JOY OF LIFE」をリリースしています。現在は、この新アルバム「JOY OF LIFE」を引っ提げた全国ツアーが、9月15日の東京・かつしかシンフォニーヒルズ モーツァルトホール公演を皮切りにスタート。

スポンサーリンク

12月30日の東京国際フォーラム公演まで、全国津々浦々、50公演を行う予定です。葉加瀬太郎は、毎年全国ツアーを行い、日本各地を巡っていますが、どの会場も満員御礼。これは、彼の生演奏を求める人々が大勢いて、一度コンサートを見るとまた足を運びたくなるリピーターが続出していることの現れなのでしょう。

葉加瀬太郎のバイオリンの実力評価は?クラシック界からは煙たがられている?

葉加瀬太郎は、これほど人気が高いにも関わらず、その実力評価においては評価が分かれており、特にクラシック界からは低くみられがちです。葉加瀬太郎が、東京芸大在学中に結成し、メジャーデビューしたクライズラー&カンパニーでは、クラシックとポップスの融合を目指していることや、東京芸大を中途退学していることも影響しているかも知れません。

しかし、葉加瀬太郎が、それまで敬遠されがちだったインスト音楽の新たな可能性を切り開き、インスト&ヒーリング音楽ブームをリードし続けていることも事実。また、葉加瀬太郎は、ロンドンに渡ってからは改めてクラシック音楽に向き合い、基礎練習からやり直すなど、常に進化し続けています。

もちろん、クラシック界には、葉加瀬太郎のように情熱的で表現力のある演奏ができるバイオリニストは他にはいないと絶賛する人も少なくはありません。葉加瀬太郎の生み出すメロディアスな楽曲の評判はいずれも高く、CM曲のオファーも絶えません。

つまり、葉加瀬太郎の魅力は、単純に上手いか下手かでは語れない表現力の豊かさや、カリスマ性、ダイナミックさにあるのでしょう。葉加瀬太郎の楽曲がお茶の間に流れることも多くなりましたが、葉加瀬太郎本来の演奏の魅力を実感するには、やはりコンサートで実際に自分の目や耳で確かめるのが一番です。

葉加瀬太郎のハードスケジュールを支える肉パワー!肉好きな理由は家庭環境にあった?

葉加瀬太郎は、毎年数多くのコンサートスケジュールをこなしていますが、これまでに体調不良でコンサートが延期や中止になったことはなく、休演はゼロ。今年でソロデビュー20周年の葉加瀬太郎が休演ゼロというのは、よほど体調管理に気を配っているに違いありません。

そんな葉加瀬太郎は、周囲から、「牛さん(ぎゅうさん)」と呼ばれるほどの肉好きで有名です。肉好きな理由は、葉加瀬太郎の家庭環境にありました。父親がステーキ店の支配人だったため、子供の頃から肉料理がよく食卓に並んでいたという葉加瀬太郎。勝負飯は、とんかつとステーキだったといいます。

もちろん、現在の葉加瀬太郎のエネルギッシュな演奏や、ハードなコンサートスケジュール遂行を支えているのも、肉パワーに違いありません。実際、風邪を引いたという音楽仲間に対して、「肉食え、肉」とツイートしている葉加瀬太郎。自らも、熱が出そうな夜には、ステーキを食べ、ウイスキーを飲んで寝ると、次の日には大抵元気になっているというのですから、恐るべき肉パワー。

食べるのみならず、料理人を目指そうかと考えたこともあったほどに料理好きでもある葉加瀬太郎は、コンサートにしても、料理にしても、その準備をしている時が一番楽しく、人をもてなすのが大好きなお祭り男です。大阪出身で、サービス精神溢れる葉加瀬太郎の明るいコンサートには、老若男女問わず、幅広い世代の人たちが集まってきます。これからもその肉パワーで、エネルギッシュで情熱的な、唯一無二の葉加瀬太郎の音楽を、日本全国に届け続けて欲しいですね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る