濱田岳 嫁・小泉深雪とでき婚!身長、体重は?釣りバカ日誌2代目浜ちゃんにハマる?!

濱田岳 嫁・小泉深雪とでき婚!身長、体重は?釣りバカ日誌2代目浜ちゃんにハマる?!

濱田岳 嫁・小泉深雪とでき婚?身長、体重、性格は?

濱田岳 嫁・小泉深雪とはでき婚? 嫁はスーパーモデル!

濱田岳という名前を聞いて、すぐに顔を思い浮かべられるでしょうか。それが難しい方でも、「au」CMの金太郎と言われればピンとくるかと思います。

俳優として活躍する濱田岳は現在27歳ですが、すでに芸歴17年のベテラン。長い芸歴に裏付けられた実力で、月9ドラマ「HERO」や、大河ドラマ「軍師官兵衛」といったヒット作にも次々出演。

私生活も順調で、モデルで嫁の小泉深雪との間に、2012年1月に長女が誕生しています。2011年の7月に入籍していますから、入籍当時小泉深雪のお腹の中には赤ちゃんがいたのは確実。濱田岳と嫁・小泉深雪はでき婚だったのですね。

濱田岳 身長、体重、性格は?凸凹婚の嫁・小泉深雪との身長差は19cm!

濱田岳は160cmと小柄です。一方、濱田岳の嫁、小泉深雪は、パリコレにも出演する一流モデル。身長は179cmと日本人の女性モデルの中でもトップクラスの高身長。そんな濱田岳と嫁・小泉深雪の入籍当時は、凸凹婚とも言われていました。また年齢も、当時濱田岳が23歳、小泉深雪が8歳年上の32歳と、年の差婚でもありました。

スポンサーリンク

でき婚に加えて、凸凹婚に、年の差婚。そんな二人の慣れ染めは、濱田岳が参加していた打ち上げの席に小泉深雪がやってきたこと。一目惚れした濱田岳は連絡先を聞こうとしますが、シャイな性格のためなかなか聞き出せなかったそうです。翌朝の10時位まで飲んで、やっと電話番号を聞くことができたのだとか。

そんな奥手な性格の濱田岳は、非常に真面目で優しい性格の持ち主だともいわれています。その反面、いたずら好きな性格で、共演者が被害にあうことも。しかし皆笑って許しているところをみると、濱田岳は憎めない性格でもあるようです。

濱田岳 釣りバカ日誌2代目浜ちゃんにハマる?!父親はあのモテ男火野正平?

濱田岳 釣りバカ日誌2代目浜ちゃんにハマる?!

そんな憎めない性格の濱田岳が、ベストセラー漫画「釣りバカ日誌」のドラマ版に主演することが決定しました。「釣りバカ日誌」といえば、西田敏行が主人公の中年の万年ヒラ社員・浜ちゃんを演じた映画版は大ヒットし、全22作を数える国民的人気シリーズとなりました。

スポンサーリンク

そんな多くのファンを抱える「浜ちゃん」役を演じるにあたり、「託してくださった西田さん、お茶の間と原作ファンのみなさんの期待と愛情を裏切らないよう、大きな喜びと責任を胸に平成のハマちゃんを新たに作り上げていきたいと思っています」と濱田岳の決意も固いようです。原作の北見けんいち氏も「まさにはまり役!!」と2代目浜ちゃんには太鼓判を押していますから、きっと濱田岳のハマり役にもなるでしょう。

濱田岳 父親はあのモテ男?火野正平の若かりし頃に激似!

現在は、ドラマ「釣りバカ日誌」の撮影に全力投球中の濱田岳。その父親が火野正平ではないかという噂があります。火野正平といえば、元祖もて男。恋多き男の代表格と言われています。また、濱田岳と同じく、子役時代から活躍しているというキャリアの持ち主。

火野正平は1970年に結婚し、1972年に離婚した一般女性との間に2人の子供をもうけ、1982年には同棲していた女性との間にできた2人の子供を認知しています。そんなモテ男・火野正平の若かりし頃と、濱田岳の写真や映像を見比べてみると……

たしかに驚くほど似ています。しかし、濱田岳の父親が火野正平だというのは事実とは違います。単に顔があまりに似ていることから出た噂といえるでしょう。

濱田岳 金八→金太郎→浜ちゃん! いつかは大河主演か?

芸歴17年、今や実力派俳優として順調なキャリアを築く濱田岳。子役としてデビューした当初は、俳優志望ではなかったそうです。東京ドームでの野球観戦の帰りにスカウトされ、レッスン料等のお金がかからないという消極的な理由で事務所に所属したのが芸能界デビューのきっかけでした。

消極的に芸能界にデビューした濱田岳ですが、2004年にテレビドラマ「3年B組金八先生」への出演オファーをきっかけに、俳優業を選択する決意をしたようです。当時濱田岳は高校生。中高一貫の獨協高等学校に通っていました。

厳しい学校でドラマ出演は許可されていなかったため、濱田岳は高校を中退して「3年B組金八先生」に出演する道を選びます。中学受験をして入った学校を辞めてまで、俳優の仕事を選ぶことは10代の少年には非常に大きな決断だったことは間違いありません。

そんな決断をしてまで、選んだ俳優の道だからこそ、現在若くして演技派といわれるような俳優になれたのではないでしょうか。小柄で決してイケメンではないので、特にテレビドラマでは主演をはるイメージは強くありません。

実際、連続ドラマで初主演を務めたのは2011年の「ピースボート -Piece Vote-」が初めてでした。それでも、親しみのもてる温かみのある顔立ちや三枚目もこなせる確かな演技力で、出演作をもりあげてきたことは間違いありません。

今回の主演ドラマ「釣りバカ日誌」で、名優・西田敏行によってすでにイメージが作りあげられている難役「浜ちゃん」役を見事演じ切ることができれば、濱田岳の名前がさらにお茶の間に定着していくことは確実。さらに顔と名前が売れていけば、今まで脇役として盛り上げてきた大河ドラマに主演として登場する日もくるかもしれませんね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る