濱田めぐみがミュージカル舞台で引っ張りだこ!劇団四季の退団理由は?

濱田めぐみがミュージカル舞台で引っ張りだこ!劇団四季の退団理由は?出典:http://www.oricon.co.jp
スポンサーリンク

濱田めぐみがミュージカル舞台で引っ張りだこ!出身やプロフィールは?

濱田めぐみがミュージカル舞台で引っ張りだこ!ほとんどが主役として出演!

濱田めぐみは、元劇団四季所属の舞台女優。現在は、ホリプロ・ブッキング・エージェンシーに所属し、ミュージカルを中心に活躍中です。ミュージカルの出演は年に2~3本で、最近は、ソロコンサート活動も積極的に行っています。

劇団四季でもヒロインを数多く演じていた濱田めぐみですが、退団後も、出演するミュージカルのほとんどは主役級。2014年のミュージカル「カルメン」では単独主演を、2015年には日本初演となったミュージカル「メンフィス」ではヒロイン・フェリシア役を演じるなど、その実力が高く評価されていることが分かります。

濱田めぐみの出身やプロフィールは?ミュージカル女優に憧れたのは中学3年の時

濱田めぐみは、1972年8月2日生まれ。福岡県北九州市の出身です。中学3年生の時に、「キャッツ」を見て、ミュージカル女優に憧れるようになりました。九州国際大学付属高校を卒業した後、アルバイトで資金を貯めて上京した濱田めぐみは、舞台芸術学院に進学します。卒業後は、音楽座の準劇団員として1年半在籍しました。

そして1995年、濱田めぐみは、劇団四季のオーディションに合格。翌年1月には、「美女と野獣」のヒロイン・ベル役でデビューを果たします。入団3カ月弱でヒロインに抜擢されたのは異例のことで、その後も、「ライオンキング」のヒロイン・ナラを演じるなど、2010年12月に劇団四季を退団するまで、数々の人気ミュージカルのヒロインとして活躍しました。

スポンサーリンク

退団後も、ミュージカル「ジキルとハイド」「Love Never Dies」「サンセット大通り」などに出演。2016年には、20周年記念コンサートを開催し、アルバム「Campanulla」も発売しています。

濱田めぐみが劇団四季を退団した理由!結婚や熱愛の噂は?

濱田めぐみが劇団四季を退団した理由!舞台女優としてのさらなる挑戦!

濱田めぐみは、2010年に劇団四季を退団しています。自身のコメントでは「退団ではなく卒業だ」と言っていますので、さらなる飛躍のための決断だったのでしょう。実際、フリーになってからの活躍は、劇団四季にいたころよりさらに進化し、役柄にも幅が出てきました。

濱田めぐみは退団後、「ポニー&クライド」「ジルキ&ハイド」「二都物語」など、さまざまな作品にトライしていますが、自身がやりたいと言ったわけではなく、自然の流れで仕事が入ってきたそうです。それらは、劇団四季で続けていたら、決してめぐり会えなかった役柄ばかりだとか。これからも、向上し続けるために、真っ白な状態で、どの役にも染まっていける役者になりたいと意欲を燃やしています。

スポンサーリンク

濱田めぐみの結婚や熱愛の噂は?渡辺正との関係は?

濱田めぐみには結婚しているという噂があります。お相手は、劇団四季に所属していた渡辺正だとされていますが、正式な発表はないので、本当のところは分かりません。劇団四季在籍中に、濱田めぐみと渡辺正が、何度も恋人同士の役柄を演じていたのはたしかです。

プライベートでも、2人が一緒に食事をしているという目撃情報がありました。加えて、2人が劇団四季を退団したのは同じ時期です。その後、濱田めぐみのFacebookアカウント名が「渡邉」に変わり、すぐに元のアカウント名に戻されたということもあったとか。そのため、結婚の噂は真実だという見方が強いようです。

濱田めぐみがミュージカル「メンフィス」に再び出演!

濱田めぐみは、2015年、ミュージカル「メンフフィス」に出演しています。このミュージカルは、2010年に、「トニー賞」ミュージカル部門で4つの賞に輝いた名作で、日本では初公演でした。主役の音楽好きな無職の白人青年ヒューイを山本耕史が演じ、その恋人でクラブの黒人歌手フェリシア役を濱田めぐみが演じています。

「メンフフィス」について、アメリカの人種差別という深いテーマを持つ反面、音楽がうまく交わることで調和が取れているミュージカルだと話していた濱田めぐみ。作品の全体像を深く理解したその歌声は、「聴くものを恋に落ちさせるパワーがある」と絶賛され、フェリシアという黒人女性の魅力を見事に体現してみせました。

濱田めぐみは、ミュージカル「メンフィス」のフェリシア役などで高い評価を得たことから、2015年4月には菊田一夫演劇賞を受賞しています。また、2016年3月には、主演ミュージカル「スコット&ゼルダ」が評価され、第66回文化庁芸術選奨演劇部門で文部科学大臣賞を受賞。現在も精力的に舞台活動を行っていますが、2017年12月には、東京・新国立劇場(中劇場)で上演される「メンフィス」に、再び出演することも発表されました。

濱田めぐみの役柄は、前回と同じく黒人歌手フェリシア。主演のヒューイも山本耕史が続投します。新演出版になるということからも、かなり期待されている本作。濱田めぐみの演技は、日々進化し続けています。当然、2年前のフェリシアも、さらにパワーアップすることでしょう。「メンフィス」の再演が、今からとても待ち遠しいですね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る