羽生結弦、怪我も超がつく程の負けず嫌いの性格で乗り越え全日本選手権3連覇の花は咲く

羽生結弦、怪我も超がつく程の負けず嫌いの性格で乗り越え全日本選手権3連覇の花は咲く

12月26日から長野市で開催されたフィギュア日本選手権で、羽生結弦選手が男子シングルで3連覇を成し遂げました。現在の日本のフィギュア界をリードする羽生選手。ソチオリンピックから始まり、怒涛の1年でしたね。

羽生結弦 体調トラブルを抱えながらのシーズン

羽生結弦 日本選手権男子3連覇は高橋大輔選手以来

今回の日本選手権では、羽生選手はSP94.36点、フリー192.50点、合計286.86点を獲得し圧勝しました。羽生選手にとっては3連覇となり、これは2005~2007年に高橋大輔選手が達成して以来のことになります。11月のスケートGP中国大会の直前練習で他選手と接触、重傷を負ったのは記憶に新しいかと思いますが、その怪我を乗り越えての優勝でした。接触事故以来体調が万全でないようで、大会最終日のエキシビションは欠場されましたね。その後の報道で、試合後に尿膜管遺残症で緊急入院、手術をしていたことがわかりました。腹痛に耐え、あの演技と優勝。オリンピック王者の強さを見ました。

スポンサーリンク

羽生結弦 シニアとしての意地

フリーの演技では最初の4回転サルコーを失敗してしまい、最高の立ち上がりとは言えませんでしたが、今季の課題として挙がっていた最後のルッツはバッチリ決めましたね!これは、シニアとしての意地だと試合後のインタビューで語っています。ジュニアの宇野晶磨選手が2位に入ったことと、シニアとしてもっとフィギュアを盛り上げようとの強い思いを感じます。頼もしささえ感じさせる発言。これから先、日本のフィギュアをどう牽引してくれるのか、楽しみですね。

羽生結弦選手ってどんな方?

羽生結弦 ブームに乗ってスケートを開始

羽生結弦選手は宮城県仙台市出身。4歳でスケートを始めました。当時仙台では長野五輪の代表7名のうち4名が仙台拠点だったこともあって、空前なるスケートブームだったそうです。中学一年生の時、まだノービス(ジュニアの下ランク)ながら全日本ジュニア選手権で3位に。これは日本男子史上初のことですだそうです。ジュニア時代も、最年少参加者にもかかわらず各大会で入賞。そして2010年シーズンからシニアに転向し、四大陸選手権で最年少優勝を果たしました。2012年には練習拠点を地元の仙台からカナダに移し、全日本選手権、GPファイナル、ソチオリンピック、世界選手権で優勝を飾るまでに至りました。今や世界トップのスケーターとして多くのファンの支持を集めていますね。

羽生結弦の22万円のイヤホンとパワーストーンが勝利を導いた?

スポーツ選手が試合前に音楽をイヤホンで聴いている姿はよく見ますが、羽生選手はイヤホンに相当のこだわりがあるようです。それはもう趣味の段階を超え、約50個のイヤホンを所持しているそうです。今シーズン前に手に入れたイヤホンは、カスタムIEM(イン・イヤー・モニター)。耳の型を取って製作する完全オーダーメイドで、お値段は22万円。たしかに、耳にフィットしないイヤホンほど気持ち悪いものはありませんよね。そして、イヤホンは値段と性能が比例していて、一度高性能のイヤホンを使い始めると、もう元には戻れないとのこと。イヤホンが羽生選手にとって勝利に繋がっているのであれば、お高い買い物ではないかもしれませんね。

スポンサーリンク

また、お母様の影響で、パワーストーンもお好きなようです。衣装にもふんだんにパワーストーンが使われています。今シーズンのNHK杯の衣装も、12月生まれの羽生選手にちなんで誕生石であるタンザナイトという青系の石を散りばめていました。羽生選手は普段からパワーストーンを愛用していて、ネックレスやブレスレットとして使っています。スポーツ選手のような精神力や集中力を特に必要とする人たちは、空気中に流れるネガティブな波動から身を守るためにパワーストーンを使用されているとか。

羽生結弦 宮城県仙台市出身

羽生結弦の出身地 宮城県仙台市は伊達政宗、NHK朝ドラ「マッサン」のモデルニッカウヰスキーで有名

羽生選手の出身地である宮城県仙台市は東北地方最大の都市で、通称杜の都としても知られています。観光としては伊達政宗や七夕、国宝の大崎八幡宮などがあげられます。また、名物は牛タン、笹かまぼこ、萩の月、ずんだ餅が有名ですよね。NHK朝ドラ「マッサン」のモデルとなった竹鶴政孝さんが設立した。ニッカウヰスキー宮城峡蒸留所も仙台市にあります。

羽生結弦の出身地 仙台市には地仙台発祥多し!

仙台市はさまざまなものの発祥地でもあります。光通信、公共図書館、水力発電、地下鉄(東京メトロ銀座線が最初とされていますが、実はこちらの方が2年早いそうです)牛タン、 冷やし中華などなど。そして、なんとフィギュアスケートの発祥の地でもあるんです。仙台からはたくさんの優秀なフィギュア選手が輩出されているのも納得です。

現在黄金期との声もある日本フィギュア男子。これからの羽生選手の活躍に大いに期待しましょう!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る