張本智和は中国人の両親を持つ天才卓球少年!チョレイの意味とは?

張本智和は中国人の両親を持つ天才卓球少年!チョレイの意味とは?出典:

張本智和は中国人の両親を持つ天才卓球少年!戦績が凄かった!

張本智和の両親は中国人で卓球経験者だった!妹も卓球選手で兄妹揃って日本代表に?

「怪物」「神童」……天才卓球少年としてその将来が嘱望される張本智和(はりもとともかず)は、2017年の卓球世界選手権でベスト8入りした逸材です。

「張本」という姓で察しが付くかもしれませんが、帰化して日本国籍になるまでは中国国籍でした。両親とも中国人で、すでに日本に帰化している父親は、男子ジュニア日本代表コーチで元プロ卓球選手というキャリアの持ち主。母親は、世界卓球選手権にも出場歴を持つ元中国代表で、中国四川省出身ですが、帰化はしていません。

張本智和の5歳年下の妹も卓球をやっており、これまたかなりの逸材らしく、兄妹そろって未来の日本代表になる可能性は非常に高いと言えるでしょう。張本智和は、2003年6月27日生まれで、宮城県仙台市出身です。身長は171cmで、体重は56.5kg。中国名は「張智和」ですが、2014年に帰化して「張本」姓になりました。

足のサイズは27.5cmとビッグサイズ!一般的に、足の大きさは体の成長に比例すると言われているだけに、彼はさらに大化けする可能性を秘めていると思われます。本当に今後が楽しみです。

スポンサーリンク

張本智和は小学1年で全日本優勝を飾っていた!世界卓球選手権でベスト8入りの戦績!

張本智和のこれまでの卓球戦績ですが、2010年に小学1年生にして、全日本選手権(バンビの部)で優勝したことを皮切りに、学年が上がるにつれて、バンビ・カブ・ホープスの各年代別部門で6連覇を達成。2017年5月開催の第54回世界卓球選手権シングルスで、史上最年少(13歳6カ月)の日本代表に選出されました。

代表選出のニュースを公式サイトで知った張本智和は、「夢にも思わなかった」とのことです。その世界卓球では、リオデジャネイロオリンピック銅メダリストの水谷隼を撃破するという殊勲を演じてみせました。彼の快進撃のすごさは、国際卓球連盟が「13歳の衝撃的な番狂わせ」と公式Twitterで速報したほどです。

これにより世界一への夢も大きく膨らみましたが、世界ランキング3位の実力者・許昕(シュー・シン)の前に屈してベスト8にとどまった張本智和。しかし、世界からは、「卓球の申し子」(ドイツ)、「中国卓球協会は要警戒」(中国)などと高い評価が寄せられています。そのすさまじいポテンシャルは、全日本監督をして「世界王者に育てなければならない」と語らしめるほどです。

スポンサーリンク

張本智和の中学校が判明!?「チョレイ」の意味が気になる!

張本智和は東京都北区立稲付中学校に在学中!スポーツエリートが集まる学校だった!

張本智和の通う中学校がどこかと話題になっています。あれほどの天才卓球少年ですから、スポーツで名を馳せる学校ではないかと見る向きも多いことでしょう。そんな張本智和が通っているのは、東京都北区立稲付中学校です。「なぜ実家のある仙台で進学しないの?」と疑問に思うかもしれませんが、これには理由がありました。

それは、張本智和が、オリンピックなどの主要な国際競技大会で活躍できるスポーツ選手育成を手掛けるプロジェクト「JOCエリートアカデミー」に所属しているからです。同アカデミーには38人が所属しているそうですが、彼はその9期生。アカデミーの活動拠点となっている「味の素ナショナルトレーニングセンター」と隣り合わせにあるのが稲付中学校です。

そのため、アカデミーに所属する少年少女たちの多くが在学しています。まさにスポーツエリートが集う中学校ということになるでしょう。実は女子卓球の平野美宇も同じ稲付中学校の卒業生なので、張本智和にとっては先輩ということになります。余談ですが、この稲付中学校は略して「稲中」。……かつて人気を博したギャグマンガ「行け!稲中卓球部」と、この稲付中学校とは一切関係ないことをお断りしておきます。

張本智和の叫び声「チョレイ」が話題に!その意味は自分を奮い立たせる叫び声?

張本智和は、得点を挙げるときの「チョレイ」という独特の叫び声でも話題になっています。元中国国籍の彼のこと、「チョレイ」は中国語なのではと思う人も少なくないようです。しかし、結論から言うと、「チョレイ」とは、彼自身が自然に発する雄たけびで、特に意味はない様子。

しかも、本人には、「チョレイ」と叫んでいる自覚もないとか。一方で、張本智和の母親が、「雄たけびを発するようになったのは幼稚園からかな。ここぞという時や、得点した時に大きな声を出すことで自信を付けた」と証言しています。「普段は恥ずかしがり屋ですが、卓球になると別人みたいな感じ」とも明かしている通り、いざ勝負に臨むとスイッチが入るのでしょう。

大きな声を出すことには、自分を鼓舞してプレッシャーを和らげる効果も期待できそうですし、相手へ心理的プレッシャーをかける効果や、「自分は調子がいいんだ!」というアピールにもなるでしょう。かつては、女子卓球の福原愛の「サー!」という叫び声の意味が話題になったこともありましたが、やはり「サー!」自体には意味がありませんでした。現在は、通っている中学校でも「チョレイ」が話題になっており、「真似されるのは構わないけどバカにしないで欲しい」と困惑しているそうです。

張本智和は史上最年少メダルの夢潰えたが尊敬する水谷隼を下剋上で破りベスト8!

デュッセルドルフで行われた世界卓球選手権は、2017年6月4日に男子シングルス準々決勝が行われ、上位進出が期待された張本智和は、世界ランキング3位の許昕(シュー・シン/中国)に1-4で屈しています。13歳での史上最年少メダルという快挙は、中国の厚い壁に阻まれました。

13歳の挑戦を一蹴した許昕は、「若者だからといってタイトルを与えることはできない」とコメントし、トップのほとばしるプライドを見せつけています。ITTF公式サイトでは、試合後に、「日本の天才トモカズ・ハリモトの旋風に終わりが訪れた。世界ランキング3位のシュー・シンが、彼の番狂わせを阻んだ」と速報。

こうした対応からも、この勝負の行方がいかに注目を集めていたかが分かるというものです。試合後には「メダルとそれ以外は一緒。やはり悔しい」と、悔しさを露わにした張本智和。たしかにメダル獲得こそなりませんでしたが、尊敬する日本のエース水谷隼を「下剋上」で破ってのベスト8入りは高く評価されています。「自分を成長させてくれた最高の舞台。将来絶対に、東京オリンピックで金メダルを取りたい」と語った張本智和には、3年後の大舞台での金メダルの期待が高まるばかりです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る