ハリー・ケインのプレースタイルや年俸推移は?噂される移籍先は?

ハリー・ケインのプレースタイルや年俸推移は?噂される移籍先は?出典:http://サッカー選手wiki.xyz

ハリー・ケインのプレースタイルや年俸推移は?幼馴染の彼女にプロポーズ!

ハリー・ケインは高い決定力を誇る大型ストライカー!年俸推移は?

ハリー・ケインは、1993年生まれでイギリス出身のサッカー選手です。ポジションはフォワード。身長188cmの恵まれた体格ながら足元のテクニックにも優れているため、ボールをきっちり収めることができ、高い決定力を誇っています。

2014-2015シーズンは、わずか21歳で、ヨーロッパ最高峰リーグであるプレミアリーグで21得点を記録。イングランドでプレーする選手を対象にした年間ベストイレブンと年間最優秀若手選手賞を受賞しました。こうしてイングランドの次世代エースとして世界中から注目されるようになった2015年には、所属していたトッテナム・ホットスパーFCとの契約を週給約690万円で5年半に延長。2016年には契約が見直され、報酬は週給約1600万円へ跳ね上がりました。

ハリー・ケインが幼馴染の彼女にプロポーズ!

世界が注目するサッカー選手となったハリー・ケインは、よくある恋愛絡みのゴシップニュースとは無縁の存在です。子供の頃からの知り合いで、同じ学校に通っていたケイト・グッドランドと交際をしていたことで知られています。長らく交際を続けてきた2017年7月、ハリー・ケインは、彼女にプロポーズしている瞬間の画像に「She said Yes(彼女はイエスと言った)」という文字を添えてSNSに投稿しました。こうして結ばれた幸せいっぱいの2人の間にはすでに子供も産まれています。

ハリー・ケインに噂される移籍先は?ウイイレやWCCFのデータは?

ハリー・ケインがビッグクラブに移籍する可能性はゼロ?

週給約1600万円という高年俸プレイヤーのハリー・ケインは、所属するトッテナム・ホットスパーFCとの契約を2020年まで残しています。その最中に移籍するとなれば高額な移籍金が発生しますが、それでも世界中のビッグクラブからのオファーは絶えないようです。中でも熱心なのが、スペインの強豪レアル・マドリード。

スポンサーリンク

現在レギュラー・フォワードを務めているフランス人のカリム・ベンゼマの調子が上がらないこともあり、まだ若いハリー・ケインの獲得に熱心な様子。しかしハリー・ケインは、「僕はトッテナム・ホットスパーFCでキャリアを終えたい。今はここで幸せ」とコメント。トッテナム・ホットスパーFCの会長も、ハリー・ケインのチーム残留を確信していると断言しています。

ハリー・ケインはウイイレやWCCFなどゲームで設定された能力も高かった!

ハリー・ケインの成績が向上するのと一緒にアップしているのは年棒だけではありません。テレビゲームのサッカーゲームシリーズ「ウイニングイレブン」通称ウイイレ上で設定されている選手データのスコアもアップしています。ウイイレの2018年版では、ポジションはセンターフォワード(CF)で、プレースタイルはミドルシューターとなっているハリー・ケイン。

スピードやボディコントロールのスコアこそ低いものの、キック力やヘディング、決定力などオフェンスセンスに関する項目は非常に高く設定されています。また、アーケードカードゲームWCCF(WORLD CLUB Champion Football)でも能力が高く設定されており、特に得点力が優れているというデータ内容になっています。

スポンサーリンク

ハリー・ケインが得点を量産して90年ぶりの記録を打ち立てる!

ハリー・ケインは、2014-2015シーズンのプレミアリーグで21得点を記録すると、2015-2016シーズンも25ゴールを記録。2016-2017シーズンは29ゴールと、世界中から優秀な大物選手ばかりがやって来るプレミアリーグの中でも最強のストライカーとなりました。

その勢いはとどまるところを知らず、2015-2016シーズンからは2年連続でプレミアリーグの得点王に輝き、2017-2018シーズンは2試合連続でハットトリックを記録するという驚くべき活躍を続けています。2017年のゴール数は、クラブと代表のプレーを合わせて50ゴールに達しましたが、これは、1927年の元イングランド代表ディキシー・ディーンが達成して以来、イングランド人選手としては90年ぶりの大記録です。

さらに、2018年1月13日に開催されたプレミアリーグのゲームにて、通算得点98点を伸ばしたことで、トッテナム・ホットスパーFC歴代最多得点を更新。高いレベルで好調を維持し続けています。また、2015年に初招集されたイングランド代表としては、2017年10月のスロベニア戦で、アディショナルタイムに決勝ゴールを決め、6大会連続となるイングランドのワールドカップ出場を決めることに貢献。

国際大会でなかなか大きな結果を残せずにいるイングランドですが、2018年6月から開催されるロシア・ワールドカップでは、ハリー・ケインが加わった今の代表チームの奮闘が見られることでしょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る