遥洋子の生年月日の謎と韓国人説!「バイキング」出演の評判は?

遥洋子の生年月日の謎と韓国人説!「バイキング」出演の評判は?出典:https://www.kouenirai.com

遥洋子の生年月日の謎と韓国人説!「バイキング」出演の評判は?

遥洋子の年齢が判明!?生年月日を公開しない理由は韓国人説にあった!?

遥洋子は、昼の情報番組「バイキング」などで、歯に衣着せぬ関西弁コメントが話題のタレント・作家です。少々メイクは濃い目ですが、美人の部類ともいえる遥洋子。しかし、生年月日が非公開となっているため、美しさが年齢相応なのかどうかが分かりません。噂によると、1961年2月27日生まれらしいのですが、還暦まで数年と考えると、美魔女と呼ぶこともできそうです。

そんな遥洋子には、かねてから韓国人説がありました。法務省が発行する官報には、噂となっている生年月日を持ち、本名・権洋子、帰化名・権藤洋子とされる人物の情報が掲載されていて、これが遥洋子であるとする意見が一部であるようです。出自や帰化情報を詮索されたくないため、生年月日を伏せていると考えることもできますが、遥洋子本人がそう言ったわけではないので真相は不明です。

遥洋子「バイキング」明快だが張り切り過ぎてウザイ!?本拠地・関西からも批判の声が

遥洋子は、2016年秋ごろから、”働く女性の社会問題に詳しい”という看板を背負って、「バイキング」に出演するようになりました。東京オリンピック会場の見直し問題においては、小池百合子東京都知事の評価について、共演者からも「分かりやすい!」との声が出るほど、遥洋子の論調は明快だと評判です。

しかし、子供を持つ母親らが懸念するマンション内の挨拶問題では、防犯を考慮して禁止派に回った遥洋子。挨拶の重要性を、”教育方針”と一蹴して、批判が殺到しました。遥洋子は、相手を論破しようとするあまり、論点がズレたまま強行突破してしまうため、疎ましがられることも多いようです。

スポンサーリンク

また、目をカッと見開いて、パキパキと早口で話す様子には、「ウザイ」との声も相次いでいます。遥洋子が活動拠点としている関西でも、「関西の恥だから全国区に出ないで」といった意見が。とはいえ、”出る杭は打たれる”を恐れない遥洋子の戦闘力に憧れる女性が少なくないこともまた確かです。

遥洋子のエッセイ「結婚しません。」の内容とは?やしきたかじんの愛人だった?

遥洋子が結婚しない理由とは!エッセイ「結婚しません。」には確かな説得力があった

遥洋子は60歳が近づいてきた今でも結婚していませんが、結婚できないわけではなく、婚姻制度自体に異論があるのだそうです。著書「結婚しません。」には、遥洋子が結婚しない理由が、社会における女性の認識や、結婚した女性の実例を踏まえて綴られています。

結婚は、女性に対して、男並みに働くか、女性の役割に徹するという2択を迫ります。いかにキャリアを積もうとも、結婚すれば、世間は”幸せ”の烙印を押し、独身のまま大成功した女性は”孤独”のレッテルを貼られてしまう昨今。遥洋子にとって、婚姻制度は、女性の社会参画を阻害するものでしかありません。……これだけでは、いつもの居丈高に講釈を垂れる様子が目に浮かぶばかりですが、「結婚しません。」をじっくり読むと、遥洋子に対するイメージが変わるかもしれません。

スポンサーリンク

実は、遥洋子も、昔は、普通の結婚を望む女性でしたが、1997年に東京大学大学院の特別ゼミ生として学んだフェミニズム社会学によって、大きく考えを変えられました。結婚を否定するのは、「自分に優しくできなければ、他人にも優しくできない」と気付き、自分の人生を自分らしく生きようと決意したから。この言葉は、キャリアアップを目指す女性だけではなく、全ての人間を解き放つ名言といえます。

遥洋子とやしきたかじんの関係!妻公認の2人の間にあった愛情とは?

遥洋子は、2014年1月3日に死去した、やしきたかじんの愛人だったといわれています。しかし、やしきたかじんの亡き後には、妻が遥洋子を自宅に招き、訃報を伝えています。これは、新年の祝いムードを壊さないためにマスコミ発表を先送りにする中、遥洋子が1人で家にいる時に、ニュースで聞かせたくないという、やしきたかじんの遺言によるものでした。

さらに小遣いまで遺していたといいますから、遥洋子が、やしきたかじんから只ならぬ愛情を受けていたのは確かですが、妻が公認していたという前提があります。遥洋子は酒が飲めないため、酒好きのやしきたかじんとは、酒の席を共にすることもなかっただけに、男女の関係だったとは考えにくいかもしれません。

遥洋子は、2009年から「たかじんの胸いっぱい」にレギュラー出演するようになり、トークを絡ませ合った仲。しかし、その毒舌ぶりに反して、どちらもプライベートでは繊細でした。どこか似た者同士の師弟関係として、また戦友として、なくてはならない絆が生まれていたのかもしれません。

遥洋子の講釈はウザイだけか?鉄の女に隠された優しさと自分を貫く覚悟

遥洋子がテレビで自論を展開すると、すぐさま世間が反応します。特に、全国ネットの昼の時間帯に放送される「バイキング」に出演するようになってからは、その風潮が顕著になりました。とにかく明るい安村の「不倫じゃなくて、浮気だった」という言い訳発言に、「何を薄っぺらいこと言うてんねん!」と噛み付き、成宮寛貴の疑惑を暴露した”友人A氏”のブログ開設については、「(成宮寛貴に)会いたいんだ」と心理分析。

2016年末だけでも、遥洋子の発言集が出来上がってしまいそうな勢いですが、そのたびに、「コメンテーターぶっているが、お前が薄っぺらい」「下品」と、批判が鳴り止みません。それでも意に介すことなく、口撃を緩めない胆力は、まさに鉄の女といわんばかりです。

しかし、激しい関西弁の口調から、やたらめったら斬っているように聞こえてしまいますが、遥洋子の発言には、相手の立場を汲み取ろうとする優しさがうかがえます。たとえば、若手芸能人の失言に対しては、いかにいただけないものであっても、「若さゆえ、言っちゃったってことはないですか?」と寛容な姿勢を見せることもあります。

その物差しは、一般論からズレていることもあるかもしれません。しかし、やしきたかじんが亡くなった時には、悲しみのあまりに激ヤセしてしまうほど繊細な女性だからこそ、遥洋子が自分の意思を貫き通す姿には、並々ならない覚悟がうかがえるというもの。その熱気を素直に受け止めてみれば、やしきたかじんも認めた遥洋子の真の魅力が見えてきそうです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る