「HAWAII FIVE-0(ハワイ・ファイブ・オー)」は30年ぶりのリメイク作品だった!あらすじやキャストが知りたい!

「HAWAII FIVE-0(ハワイ・ファイブ・オー)」は30年ぶりのリメイク作品だった!あらすじやキャストが知りたい!出典:http://mako1020.blog25.fc2.com

「HAWAII FIVE-0(ハワイ・ファイブ・オー)」はリメイク作!あらすじは?

「HAWAII FIVE-0(ハワイ・ファイブ・オー)」は30年ぶりのリメイク作品だった!

「HAWAII FIVE-0(ハワイ・ファイブ・オー)」は、2010年9月から、アメリカのCBSにて放送が開始され、現在までシーズン7が放送されている大人気ドラマです。1968~1980年にかけて放送されていた「ハワイ5-0」のリメイク作品で、オリジナル版は、日本でも1970年にフジテレビで放送されていました。

ベンチャーズの軽快なオープニングテーマも人気で、主役のスティーブ・マクギャレット役を演じたのは、「007 ドクター・ノオ」のフェリックス・ライター役などで知られるジャック・ロード。相棒のダニー・ウィリアムズ役は、「南海漂流」などで知られるジェームズ・マッカーサーが演じました。

「HAWAII FIVE-0(ハワイ・ファイブ・オー)」はハワイの特別捜査班の活躍を描いた大人気ドラマ!

「HAWAII FIVE-0(ハワイ・ファイブ・オー)」は、ハワイ州直属の特別捜査班FIVE-0の活躍を描いた作品です。リーダーのスティーヴン・マクギャレットや、その相棒のダニエル・ウィリアムズを中心とした特捜班のメンバーが、ハワイで起こるさまざまな事件に対処していきます。基本的なストーリーは一話完結型の本作。ホノルル市警の汚職問題や凶悪犯罪などを派手なアクションを交えながら解決する、見ごたえ十分な本格ポリスドラマとなっています。

「HAWAII FIVE-0(ハワイ・ファイブ・オー)」のキャストにすみれも!カクテルのレシピは?

「HAWAII FIVE-0(ハワイ・ファイブ・オー)」には日本人キャストも登場!

「HAWAII FIVE-0(ハワイ・ファイブ・オー)」のリーダーにして主役のスティーヴン・マクギャレット役は、「スリー・リバーズ ~命をつなぐ熱き医師たち」のアレックス・オローリンが演じています。また、ダニエル・ウィリアムズ役に抜擢されたのは、「アントラージュ★オレたちのハリウッド」のスコット・カーンです。日系人が多く住むハワイを舞台にした作品ということもあって、日本人キャストも参加しています。

スポンサーリンク

検査官のマックス・バーグマン役としてレギュラー出演しているのは、「HEROES/ヒーローズ」のヒロ・ナカムラ役で有名なマシ・オカ。さらに、シーズン5の第3話に登場する、強盗をするサーファー、ケイラニ・マクア役では、父親が石田純一で母親が松原千明という、モデルでタレントのすみれが出演しました。

「HAWAII FIVE-0(ハワイ・ファイブ・オー)」のカクテルがあった!お味は?

「HAWAII FIVE-0(ハワイ・ファイブ・オー)」の舞台となっているハワイのヒルトン・ハワイアン・ビレッジにある「トロピックス・バー&グリル」のメニューには、ハワイ・ファイブ・オーという名前のカクテルがあります。赤と水色が不思議な層をなしているハワイ・ファイブ・オー・カクテルの気になるレシピは、ラズベリーウォッカ、ブルーキュラソー、スイート&サワーミックス、ストロベリーピューレに、パイナップルを添えたもので、甘い味に仕上がっています。

「HAWAII FIVE-0(ハワイ・ファイブ・オー)」には人種によってギャラ格差があった?新キャストも決定!

「HAWAII FIVE-0(ハワイ・ファイブ・オー)」には、さまざまな人種の役者が出演しています。そんな中、元ホノルル市警察の刑事で、汚職容疑により辞職したチン・ホー・ケリー役を演じている韓国系の俳優ダニエル・デイ・キムが、人種によってギャラに格差があると告発しました。

スポンサーリンク

「HAWAII FIVE-0」シーズン1から出演し、番組人気に多大な貢献をしてきた1人ですが、2016年から放送が開始されたシーズン7を最後に降板することが明らかになっているダニエル・デイ・キム。他の仕事が忙しくなったためではと見られていましたが、自身のFacebookで、スケジュールには余裕があったものの、テレビ局CBSとギャラなどの契約面で合意が得られなかったと降板理由を明かしました。

さらに、「アジア系の俳優がチン・ホー・ケリーのようなよく作り込まれた役を得られることは少ないから残念。平等への道は簡単ではない」と、アジア系の役者としての苦労の一端をのぞかせています。同時に、チン・ホー・ケリーの従姉妹コノ・カラカウア役を演じていた韓国系女優のグレイス・パクの降板も決定。彼女の降板理由は公表されていませんが、ダニエル・デイ・キムと同じく、出演料交渉が決裂した可能性が濃厚のようです。

CBS側が大幅なギャラアップを提示したものの、残念ながら残留ならず。ストーリー上では、2人がシーズン8に登場しない理由が第1話で説明されると発表されています。それと同時に、母親がインド系の女優ミーガン・レイスや、サモア系のビューラ・コア、これまでアダム・ノシムリ役として何度か出演していたイアン・アンソニー・デイルが主要キャストに昇格することが明らかになりました。

2017年秋ごろから撮影が始まる予定のシーズン8からは、これまでとはまた違った魅力も加わった「HAWAII FIVE-0(ハワイ・ファイブ・オー)」となりそうです。全12シーズンが製作されたオリジナル版と同じ長寿シリーズとなることを目指して、今後もハラハラドキドキのアクション&サスペンスシーンを繰り広げていってくれることを願っています。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る