早見あかり ももクロ脱退理由は握手会?身長、体重は?ドラマ、CMにひっぱりだこ

早見あかり ももクロ脱退理由は握手会?身長、体重は?ドラマ、CMにひっぱりだこ

早見あかり ももクロ脱退理由は握手会?真相は?

早見あかり ももクロ脱退理由は握手会?

早見あかりのももクロ脱退理由は握手会?という話ですが、たしかにこれは原因の一つでもあります。

握手会では、ももクロメンバーの中で一番列が短く、また本人も笑顔で対応出来ないことを悩んでいた早見あかり。さらに、その握手会で、オタクに対して切り捨てる発言をしたり、可愛いと言ってくるのがキモイと言ったりしてしまって、かえって苦しい思いもしていたようです。

いろいろなことが合わさっての握手会の列の短さ。これがももクロ脱退の一つの理由であることは間違いありません。早見あかりは小学校卒業間近にスターダストプロモーションにスカウトされ、芸能界入りしています。

当初から、女優を目指していた早見あかり。ももクロのメンバーになった時に、偉い人から「アイドルとして経験を積み、女優に生かせ」と言われたという話も残っています。これが、苦しみながらもももクロを続けた理由だと思います。

スポンサーリンク

女優という夢を叶えるための手段としてのアイドル活動。しかしその現実との乖離の大きさが、早見あかりをももクロ脱退へと進ませたのです。

早見あかり ももクロ脱退の真相は?

早見あかりのももクロ脱退の真相としては、①脱退前から、東京ディズニーシー「春のキャンパスデーパスポート」などのCMに出たり、テレビドラマ「ここはグリーン・ウッド~青春男子寮日誌~」や映画「飛べコバト」「市民ポリス69」に出演したりと、女優活動へ向けて事務所と話し合いをし、脱退のための準備をして、その準備が整った。

②早見あかりは、声のコンプレックスでそもそも歌が苦手。ラップ担当に回されたり、喉が弱いにもかかわらず、ソロでウィスパーボイスを使ったりと、ももクロに早見あかりがいる必要性に疑問があった

スポンサーリンク

③その結果、ツアーなどに欠席するなど活動初期から早見あかりの思いとももクロの活動が一致していなかった

④最後に、最初に挙げた握手会等での自身のアイドル適性のなさに悩んでいた、という4つがあるのではないかと思われます。

つまり……早見あかりのももクロ脱退の真相は、端的にいえば“女優やりたいからアイドルやめた”というところが妥当なのではないでしょうか。

早見あかり 身長、体重は?太った理由はラーメン?ドラマ、CMにひっぱりだこ

早見あかり 身長、体重は?太った理由はラーメン?

早見あかりの身長は、公式発表が165cm。体重は非公開ですが、50kg以上ありそうです。というのも2015年3月からスタートしているキリン「午後の紅茶」のCMで見る早見あかりは、ももクロ時代より明らかに丸くなっています。

その太った理由として考えられるのが、2015年6月27日からスタートしたフジテレビ系土曜ドラマ「ラーメン大好き小泉さん」の主演。タイトル通り、ラーメンをガッツリ食べているシーンが続たいため、太ったのではないでしょうか。

それからもう1点。ももクロを抜けてから、おそらくはダンスをしていないので、動くことが少なくなったことも影響しているかもしれないですね。

早見あかり ドラマ、CMにひっぱりだこ

早見あかりは、今現在、ドラマ、CMにひっぱりだこ……ではないにしろ、ももクロを脱退した中では一番出世しているのは間違いありません。

実は、他にも元ももクロメンバーはいます。けれども、早見あかりほど成功している人物は他にいません。ももクロ卒業後の活躍ぶりは、「ウレロ☆未体験少女」や「アゲイン!!」で知ることができます。

そして何といっても大きいのが、NHK朝の連続テレビ小説「マッサン」に、妹・亀山すみれ役として出たこと。これが切っかけで、元ももクロということもあり早見あかりはクローズアップされました。

その後は、先にご紹介した「ラーメン大好き小泉さん」で連続ドラマ初主演を果たし、笑福亭鶴瓶が司会を務めるTBS系列のトーク番組「A-studio」の7代目アシスタントに抜擢されています。

まだまだ「マッサン」効果で仕事は増えていくでしょう。しかしここで実力を発揮できなければ、来年は危ういと思います。毎年アイドルの誰かが女優を目指し脱退し、生き残っているのは極僅か。早見あかりは公言通り女優として大成するのか、今こそその真価が問われています。

早見あかりの今後は!?ももクロの影響を受けている今、その影響を振り切り、早見あかりとして独り立ち出来るかがカギ!

2016年1月、早見あかりが第一弾から参加している、テレビ東京系シチュエーションコメディ「ウレロ☆」シリーズの第4弾が放送されることが発表されました。

出演は劇団ひとり、バカリズム、東京03というコントの名人たち。そこに早見あかりが加わったシチュエーションコメディがウケて、「ウレロ☆未確認少女」「ウレロ☆未完成少女」「ウレロ☆未体験少女」へと展開。

さらには舞台にもなった「ウレロ☆未公開少女」「ウレロ☆未解決少女」も好評で、続編が期待されています。各メンバーは第4弾に気合い十分のようで、早見あかりも「20代初のウレロ☆で早見がんばります」と気合い十分。

早見あかりの今後は、やはりももクロの影響を受けている今の現状を打破し、独り立ちできるかがカギです。早見あかりを応援している層を調べると、7割がももクロファン。そのため、モノノフたちは、2014年の紅白でもももクロと早見あかりの共演を熱望していました。

ご存じの通り、それは叶いませんでしたし、今後も早見あかりが拒否するでしょう。悪い見方をすれば、ももクロが羽ばたく前に、“見捨てた”形になる早見あかり。もちろん、ももクロが羽ばたけるかどうか、ももクロ脱退前には予想できなかったはずで、このまま地下アイドルとして終わることも頭の片隅にはあったはずです。

仲間を見捨てるような形で辞めてしまい、ももクロが天高く飛び立った今、それに便乗するような潔くない真似は、男っぽい性格の早見あかりはしないでしょう。ぜひ、ももクロに所属していたとは思えない!と言われるほどの女優となって夢を叶え、年を取った時にももクロメンバーと思い出対談をして欲しいです。

今、早見あかりは夢である女優に邁進しています。もうアイドルに戻ることはないでしょう。これからは、女優早見あかりの成長を見守っていきたいですね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る