HIKAKIN 年収がスゴすぎる!本名、実兄SEIKIN、彼女、家族は?ヒューマンビート&youtuberの実力は?

HIKAKIN  年収がスゴすぎる!本名、実兄SEIKIN、彼女、家族は?ヒューマンビート&youtuberの実力は?

HIKAKIN(ヒカキン)年収がスゴすぎる!本名、実兄SEIKIN(セイキン)、彼女、家族は?

HIKAKIN(ヒカキン) 年収がスゴすぎる! 億万長者!

HIKAKIN(ヒカキン)の年収がスゴすぎました!HIKAKIN(ヒカキン)の年収はおよそ1億4000万円と推察されています。

HIKAKIN(ヒカキン)は現在youtubeで5つのチャンネルを持っており、そのうちHIKAKIN(ヒカキン)TV、HIKAKIN(ヒカキン)Gamesで高い収入を得ています。広告の種類によって収入の振れ幅があるYoutube。100回再生でおよそ10円から15円の収入があるといわれています。

この中でHIKAKIN(ヒカキン)は13億回以上再生されていますので、最低でも1億3000万円のトータル金額を得ているというわけです。またCMへの出演などから人気が上がり、著名人になったHIKAKIN(ヒカキン)の広告料はかなりの高額。企業からの商品紹介オファーや、著書の印税なども合わせれば、今年度のHIKAKIN(ヒカキン)の年収は3億円以上になるのではないかと思われます。

HIKAKIN(ヒカキン) 本名、実兄SEIKIN(セイキン)、彼女、家族は?動画を見る側への戦略か!

HIKAKIN(ヒカキン)の本名は開發光。HIKAKIN(ヒカキン)の実兄SEIKIN(セイキン)もyoutuberとして活躍しています。HIKAKIN(ヒカキン)には、現在、彼女がいないようで、動画で彼女がいないことを嘆いています。

スポンサーリンク

しかし、これだけ高収入で、もしかするともう一生遊んで暮らせるほど稼いでいるHIKAKIN(ヒカキン)ですから、彼女がいなのもHIKAKIN(ヒカキン)のターゲット層である中高生への共感を得るために、動画の再生回数保持のための戦略なのかもしれません。HIKAKIN(ヒカキン)の家族は先にご紹介したSEIKIN(セイキン)と両親の4人家族と言われています。

HIKAKIN(ヒカキン)ヒューマンビートボクサー&ユーチューバー(youtuber)の実力のほどは?

HIKAKIN(ヒカキン)のヒューマンビートボクサーとしての実力は?プレイヤー人口からみて高レベル!

HIKAKIN(ヒカキン)のヒューマンビートボクサーとしての実力は、プレイヤー人口の少なさから、日本国内においては、レベルが高いといわれています。正直な話、ヒューマンビートボクサーって何?という方が多いのではないでしょうか。

そもそもヒューマンビートボクサーとは、人間の口だけでDJプレイをすることを言います。口や鼻からの発声や、口に手を当てたり舌を使ったりし、擬音によってスクラッチ音やベース音、ドラム音などを一人で再現し、ブレイクビーツを作り上げるテクニック。

スポンサーリンク

アメリカが本場で、ヒップホップミュージシャンやラッパーが多く取り入れており、ダグ・E・フレッシュがヒューマンビートボクサーの名手として知られています。特にリズム系のジャンルだけあってアメリカのレベルの高さは圧巻です。もし興味をもたれたら、一度アメリカのヒューマンビートボクサーの演奏をお聞きください!

HIKAKIN(ヒカキン) ユーチューバー(youtuber)としての実力は?絶えず“面白い”“楽しい”を提供し続ける!

HIKAKIN(ヒカキン)はユーチューバー(youtuber)としてのレベルも高く、エンターティナーとして世界に通用するレベルです。それは再生回数の高さが物語っていており、どの内容も人がやらないようなこと、馬鹿馬鹿しいことなどとにかく「楽しませる」動画を多くアップしています。

今のところ、HIKAKIN(ヒカキン)のコンテンツのクオリティに陰りはみられません。世界的にも評価されているHIKAKIN(ヒカキン)のyoutubeでの動画は一見の価値ありです。新しいビジネスモデルとして、テレビに代わるエンターテイメントとして、youtubeは注目の分野。

興味をもたれた方は、youtubeを見て、ご自身で動画を上げて見てはいかがでしょうか。もしかすると、HIKAKIN(ヒカキン)のように、一獲千金のチャンスが巡ってくるかもしれません!

HIKAKIN(ヒカキン)の今後は!?HIKAKIN(ヒカキン)らしさを貫くだけ!

2015年8月14日に「YouTubeテーマソング」という曲で、HIKAKIN(ヒカキン)と実兄SEIKIN(セイキン)が歌手デビューしました。これは元々2012年にHIKAKIN(ヒカキン)が実兄SEIKIN(セイキン)に、youtubeのテーマソングが欲しいと依頼し作詞作曲された歌。

現在までに、youtubeでは一千万を超える再生回数を誇っています。今回は新たにSEIKIN(セイキン)が2番を書き下ろし、アレンジを音楽プロデューサーTeddyLoidが担当。HIKAKIN(ヒカキン)の今後は、こと年収に関しては生涯働かなくても食べられるほど稼いでいますし、youtubeが終焉したところで、彼には失うものはありません。

別の何かを見つけて新しい方法で稼ぐでしょう。HIKAKIN(ヒカキン)には商才があります。そのため、動画で人気を得たように、HIKAKIN(ヒカキン)らしさを貫いて行けば、今後も安定した高額収入を得られるのではないでしょうか。

今youtubeには目指せHIKAKIN(ヒカキン)と、新しいユーチューバー(youtuber)も誕生しており、ひょっとするとHIKAKIN(ヒカキン)より面白いユーチューバー(youtube)が現れるかもしれません。

ですが、先駆者としてHIKAKIN(ヒカキン)の名は輝き続けます。開拓者であり先駆者であるHIKAKIN(ヒカキン)ほどの人なら、youtube以外で新たなビジネスモデルを提示できるでしょう。時代の寵児になる可能性も秘めています。HIKAKIN(ヒカキン)を追うのではなく、新たな開拓者を目指して、HIKAKIN(ヒカキン)以上に面白く新しいモデルを生み出し、一獲千金を狙っていきましょう!

HIKAKIN(ヒカキン)はユーチューバー(youtuber)として確固たる地位を築いています。その牙城を崩せる人物が現れるか。youtubeの今後にも期待したいですね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る