氷川きよしの恋人は松村雄基!?熱愛彼女もいたって本当?

氷川きよしの恋人は松村雄基!?熱愛彼女もいたって本当?出典:http://ticketcamp.net

氷川きよしの恋人は松村雄基!?熱愛彼女もいたって本当?

氷川きよしの恋人としか思えない松村雄基とのスクープ写真!裏の顔が明かされる!?

氷川きよしは、”演歌界のプリンス”として、多くの中高年女性ファンの黄色い声援を浴び続けていますが、昔からゲイ疑惑が絶えたことがありません。2010年の写真週刊誌・フライデーで、俳優・、松村雄基とのラブラブぶりがスクープされた時には、かなり騒然としたものです。

同誌には、氷川きよしが松村雄基のジーンズのポケットに、指をひっかけて歩く様子を捉えた写真も掲載されました。氷川きよしの姿が、まるで恋する乙女のように見えたため、”氷川きよしの恋人は松村雄基”との認識が世間に散布されたのです。氷川きよしの所属事務所は、”友人の1人”と発表し、松村雄基恋人説を完全否定しました

。しかし、元マネージャー男性が、「日常的にセクハラを受けていた」と週刊誌に告白したことも。この時には、氷川きよしが、自宅で、女性ものの服や下着を愛用していたという証言も飛び出しています。それを真に受けると、松村雄基とのスクープ写真は、当初の解釈で間違っていなかったのではないかと感じさせられるものです。

氷川きよしは松村雄基と継続中!?熱愛彼女がいたとの証言も!

氷川きよしは、松村雄基とのスクープ直後、松村雄基から別れを切り出されて、「捨てないで」と携帯電話ですがる様子が目撃されたという話がありました。その後も、逗子の別荘でお泊りデートがキャッチされており、恋人説を否定するには、やや無理のある状況です。一連の流れからは、”氷川きよしは男性好きで、実はオネエ”といった印象ですが、実はそれも違う様子。

スポンサーリンク

氷川きよしの裏の顔を暴露した元マネージャー男性によると、彼は、過去に女性と交際していたこともあったのだといいます。氷川きよしが熱心に信仰している、某宗教の仏壇の手入れをおろそかにする女性だったため、別れに至ったそうです。どこまで真実かは分かりませんが、氷川きよしほどの確固たる地位があれば、今さらバイセクシャルと分かったくらいで、ファンが離れていくこともないでしょう。

ただし、この証言をした元マネージャー男性というのは、氷川きよしが2014年に暴行容疑で書類送検された時の告発人。暴行については、氷川きよし側が認めため、示談となっていますが、”演歌界のプリンス”というイメージに与えたダメージは大きかったようです。

氷川きよしはコンサート満席でも不安?ファン想いの性格は嘘?

氷川きよしはコンサート満席でも将来が不安!ネガティブ発言の原因は?

氷川きよしは、2000年にデビューし、いきなり「きよしのズンドコ節」が大ヒットすするなど、瞬く間に”演歌界のプリンス”の座に君臨するようになりました。以来、1年中途切れることなくコンサートを行い、常に会場は満席状態。不動の人気を確信してもよさそうなものですが、「芸能界の流れは早いから、この先歌っていけるのか……」との不安を抱えているといます。

スポンサーリンク

実際に、土地によっては、氷川きよしが登場しても静まり返っている会場もあるそうですが、誰もがチケットを購入して来場しているわけですから、そう不安になることもないでしょう。客観的に見ると、土地柄によりけりという気もします。

このように、氷川きよしにネガティブ発言が目立つようになったのは、2012年に育ての親でもあった、所属事務所会長・長良じゅんが事故死してからのこと。また、氷川きよしと同じ水森英夫門下生の山内惠介らが、”演歌男子”として急成長を遂げたことも拍車をかけているのかもしれません。

氷川きよしのファン想いの性格に裏があった!?人気者のストレスはあまりに大きく……

氷川きよしの人気を支えるのは、抜群の歌唱力と、従来の演歌歌手とは違う若者らしいルックス。そして何より、ファン想いの性格です。デビュー当初から、氷川きよしは、ファンに対して、非常に丁寧なことで知られており、コンサートでも、ラストの楽曲を披露する前にファンへの感謝を述べるなど、年配からも好意的に見られてきました。

しかし、その性格には裏があると証言するのは、氷川きよしと10年以上の親交を持つゲイバーのママ。氷川きよしは、日常的に過激な発言を繰り返すドS性格だというのです。氷川きよしの暴行を告発した元マネージャー男性の話にも、確かに、その片鱗がうかがえます。

しかし、チケットが即日完売することも珍しくない人気者であるにもかかわらず、将来に不安を抱き、コンサートではファンに感謝を述べることを考えるとどうでしょうか。過激な発言を連発するのは、裏の顔というより、日頃のストレスの反動かもしれず、実はナイーブで気弱な性格といったほうがよさそうな気がします。

氷川きよし最新曲「みれん心」も好調!走り続けたプリンスには演歌界を背負う資格あり!

氷川きよしには、イメージダウン必至のスキャンダルが続いた時期がありましたが、デビュー16周年にあたる2016年2月2日にリリースした最新曲「みれん心」は、依然として高い人気を誇っています。「みれん心」は、氷川きよしが初めて女心を歌った曲……というと、恋人の疑いが持たれていた松村雄基を連想せずにいられないのが人情です。

しかし、氷川きよしが歌手として走り続けてきた16年は、裏の顔がどうであれ、ファンの期待を一度も裏切ることはありませんでした。デビュー曲「箱根八里の半次郎」では、その年末の日本レコード大賞を始めとする賞という賞を総なめにし、2014年までは、ほぼ毎年のようにレコード大賞、日本有線大賞の各賞に名を連ねています。

デビューから16年連続で紅白歌合戦への出場を果たしている演歌歌手も、今となっては珍しくなりました。一度も休みなく喉を酷使し続けてきた結果、2014年には、人知れず声帯ポリープの手術を受けていたことも分かっています。「休めば忘れられるかも」という不安もあり、ツアー巡りのホテル生活の孤独から、常に大勢で酒を浴びるように飲むといったエピソードもありました。

一度も声援が途切れたことのない”演歌界のプリンス”には、常人には計り知れない過剰なストレスがのしかかっていたようです。2016年9月27日には、「みれん心」に、種々のカップリング曲を加えた3バージョンをリリースした氷川きよし。「みれん心」を発表してからは、男性ファンも増加中とのことですから、台頭する新演歌男子たちを恐れずに、「演歌界を背負って立つ!」くらいの自信を持ってほしいものです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る