平井堅の新曲「Plus One」が15年ぶりドラマ主題歌!ハーフ顔の真相は?

平井堅の新曲「Plus One」が15年ぶりドラマ主題歌!ハーフ顔の真相は?出典:http://topicks.jp

平井堅の新曲「Plus One」が15年ぶりドラマ主題歌!ハーフ顔の真相は?

平井堅の新曲「Plus One」が15年ぶりドラマ主題歌!

平井堅の新曲「Plus One」が、4月21日スタートの竹野内豊主演のテレビ朝日系ドラマ「グッドパートナー無敵の弁護士」の主題歌に決まりました。平井堅が、竹野内豊のドラマで主題歌を担当したのは2002年の日本テレビ「サイコドクター」以来。

つまり今回は、約15年ぶりにタッグを組むことになります。「グッドパートナー無敵の弁護士」は、企業の法律問題を扱う弁護士のドラマであると同時に、竹野内豊と松雪泰子演じる元夫婦のホームドラマ的内容も盛り込まれている注目作です。ドラマのプロデューサーは「企業の問題を解決する爽快感と、元夫婦の大人のラブを主題歌で表現してもらえた」と、平井堅の新曲「Plus One」を絶賛。15年ぶりに竹野内豊主演のドラマ主題歌になった平井堅の新曲「Plus One」は、平井堅にとってはシングル通算39枚目で、5月25日にリリース予定です。

平井堅 ハーフ顔の真相は?

平井堅の顔立ちは、彫りが深く日本人離れしているため、ハーフではないかと思っている方も少なからずいるかもしれません。プロフィールを確認すると、平井堅の出身地は大阪です。平井堅本人も、周りからハーフではないかと言われ続けてきたため、なんと4代までさかのぼって家系を調べたことがあるそうです。

しかし、ご先祖様は、みな純粋な日本人だったとのこと。では、平井堅はなぜハーフ顔なのでしょうか?日本人の顔のタイプには、弥生人タイプと縄文人タイプの2種類あるといわれています。目が細くて、顎がとがり、のっぺりした顔が弥生人タイプ、がっちりした顔立ちで、目鼻が大きくて、眉毛が濃いのが縄文人タイプだそうです。

スポンサーリンク

となると、平井堅は間違いなく縄文人タイプ。4代以上前の先祖に外国の地が混じっている可能性も否定しきれませんが、縄文人タイプの顔立ちの特徴が特に色濃く現れている……これが平井堅のハーフ顔の真相かもしれません。

平井堅が極秘結婚か?氷川きよしや織田裕二との関係が怪しすぎ!

平井堅が極秘結婚か?お相手は……織田裕二?!

平井堅には、今驚くべき噂がささやかれています。それは、平井堅が極秘結婚しているという話。それも相手は、人気俳優の織田裕二です。織田裕二といえば、2010年に一般女性と電撃結婚したことでファンの間に衝撃が走りましたが、今、その織田裕二と平井堅が極秘結婚をしているという噂が広がっています。織田裕二は現在既婚者のはずですし、何より平井堅とは男性同士。

なぜそのような噂があるかといえば、もともとゲイ疑惑の絶えない平井堅と織田裕二。それに加えて、平井堅と織田裕二の仲睦まじい様子が目撃されたとか、滅多に気を許さない織田裕二が、平井堅には気を許してお酒を飲みに行く上、その様子がとても怪しかった、などという情報源の特定できない噂話からなのです。

スポンサーリンク

噂が噂を呼ぶのか、アメリカで挙式を挙げたとか、織田裕二の結婚はカモフラージュで織田裕二の奥さんも同性愛者など、噂は止まることをしりません。

平井堅と氷川きよしの関係も怪しすぎ!

平井堅にはゲイ疑惑が絶えません。新宿2丁目で噂の彼と結婚式を挙げた、それは織田裕二の結婚に触発されたからではないかなどなど、まるで真実かと思わせるような、実にこみ入った噂話が囁かれ続けています。今まで女性とのスキャンダルがほとんどないのは事実ですから、平井堅のゲイ疑惑はこの先も続くことになるでしょう。

平井堅や、極秘結婚のおお相手だといわれている織田裕二以外にも、芸能界にはゲイ疑惑がささやかれる大物が何人かいます。演歌歌手の氷川きよしも、ゲイ疑惑が指摘される1人。以前は、平井堅と同じマンションに住んでいたそうで、2人が仲良くしている姿が目撃されたりしているようです。織田裕二だけでなく、氷川きよしの関係も怪しまれる平井堅。これで、女性と結婚!ということにでもなれば、むしろそのニュースに驚いてしまいそうですね。

平井堅と槇原敬之の共通点とは? これからも良い楽曲に期待

平井堅以外にも、ずいぶん前からゲイ疑惑がいわれてきたのが槇原敬之。疑惑というより、こちらは本物?という情報も多いですが、そんな槇原敬之と平井堅が、今年になってMステにそろって出演したから大変です。予想通り、視聴者がザワつく事案が発生してしまいました。といっても、並んで座っていた平井堅と槇原敬之が、一緒に話していただけ。その姿を見るだけでも、注目を浴びてしまう事態に。

2人がゲイであるか否かはさておき、平井堅と槇原敬之に共通するのは、両者とも稀代のヒットメーカー、メロディメーカーであることです。創作という芸能芸術の世界は、繊細な作業の連続だろうと想像できます。そこでは、男性であっても、女性らしい気持ちが重要だったりもするでしょうし、女心と男心の両方を持っていなければ、本当に人の心に届く感動作は作れないのではとも思われます。

現に、平井堅や槇原敬之の楽曲の多くは大ヒットしていて、世の中の人に広く受け入れられていることを考えると、ゲイ疑惑があろうがなかろうが、よい楽曲はよいとファンが認めていることは明らかです。平井堅の楽曲を聞いていると、彼の楽曲から受ける感動の根底にあるのは大きな「愛」だと感じられます。その愛は、相手が男性とか女性とか小さなものではなく、もっと壮大なスケールに基づく性質のものに思えてなりません。

重要なのは、多くの人に勇気を与えることができるか、愛を与えることができるか、そこに本物の気持ちがこめられているかでしょう。平井堅の音楽に身を浸せば、そこには本物の愛があることが実感できます。平井堅には、これからも良い曲を作って歌ってもらい、多くの人に感動を与え続けてくれることを期待しています。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る