広野あさみは兄の影響でスノーボードの道へ!スポンサーも引く手数多

広野あさみは兄の影響でスノーボードの道へ!スポンサーも引く手数多出典:http://irodori-terrace.com
スポンサーリンク

広野あさみは兄の影響でスノーボードの道へ!彼氏や結婚は?

広野あさみは兄の影響でスノーボードの道へ!平昌オリンピック代表への道のり

広野あさみは、プロスノーボーダーで、スノーボードクロスやスロープスタイル、ビッグエアといった競技を中心に活躍しています。1990年11月8日生まれで富山県出身。兄の影響で始めたスノーボードですが、スタートは遅く、本格的に取り組み始めたのはなんと地元の滑川高校を卒業してからのことでした。

とはいえ、当初からセンスの良さは周囲も認めるところで、新潟県にある全日本ウィンタースポーツ専門学校に入学した広野あさみは、プロのライセンスを取得。それから数多くの大会に出場して、メキメキと頭角を現していきました。2015年に行われたニュージーランドワールドカップのスノーボード・スロープスタイルで6位となった広野麻美は、初めてオリンピック強化指定選手に選出。その後も順調に活動を続け、とうとう平昌オリンピック代表の座を正式に勝ち取るに至りました。

広野あさみの恋愛事情は?彼氏や結婚は?

笑顔のキュートな広野あさみは、平昌オリンピック出場時点で27歳。熱愛彼氏や結婚などといった話題があってもおかしくはない年齢です。しかし、これまでに浮いた噂が出たことがない様子を見ると、今はスノーボード一筋なのかもしれません。そんな広野あさみには、長らく想い続けている大好きな男性がいるそうです。

それは、2017年の紅白歌合戦にも出場したシンガーでダンサーの三浦大知。なんと三浦大知のFolder時代からのファンだと言いますから、ファン歴は実に20年にもなります。三浦大知の20周年をツイッターでお祝いするなど、広野あさみの三浦大知愛は相当なものです。

スポンサーリンク

広野あさみはスポンサーも引く手数多!ウェアや板のブランドは?

広野あさみは美貌の広告塔!スポンサーも引く手数多

「BILLABONG(ビラボン)」や「OGASAKA」「FLUX」といったスノーボードウェアや機材のメーカーがスポンサーについている広野あさみ(スノーボード)。さらに、卒業した「全日本ウィンタースポーツ専門学校」や、「エステサロン白雪」「上越さくら整体院」など、ローカル色あふれる企業や団体も多くスポンサーになっています。

見た目がかわいらしいだけでなく、ガールズスノーボーダーチームTOMBOYのメンバーとしても活動しており、仲間たちとTOMBOYの紹介動画を作るなど、情報発信力も高い広野あさみ。ビジュアルに優れているばかりか、SNSを駆使して自らアピールできる彼女は、広告塔として最適な存在なのでしょう。

広野あさみの着用ウェアをチェック!使用している板のブランドは?

かわいさでも注目が集める広野あさみ(スノーボード)の着用ウェアや使用している板(ボード)も気になります。雪上競技では、各選手がそれぞれカラフルなウェア姿を披露していますが、広野あさみが着用しているのは、サーフィンやスノボブランドとして人気の「BILLABONG」のものが多いようです。

スポンサーリンク

気軽に真似できる小物をチェックしてみると、グローブは「eb’s(エビス)」のHARUSAKI LEATHER、ゴーグルは「SPY+」のRAIDERを使用。板は、スポンサーの関係もあるのか複数所持しているためあくまで一例ですが、「OGASAKA」のASTERIA146というモデルを愛用しています。

人気選手が着るウェアやギアは、注目度が高まるにつれて売上も上がる傾向になるのが常ですから、オリンピアンとなった広野あさみの使用モデルもしばらくは入手困難になってしまうかもしれませんね。

広野あさみの平昌オリンピックの気になる結果は?

広野あさみは、開催直前の2018年1月末に平昌オリンピック出場を決めた後、出身地にある富山県庁と富山市役所を訪問し、オリンピックに向けた抱負を語りました。スノーボード競技は自分自身のメンタルや恐怖心との戦いであると話した広野あさみは、その上で「自己ベストを目指す」と力強く宣言。

こうして臨んだ平昌オリンピックでは、2つの競技に出場し、スロープスタイルは12位、ビックエアは予選敗退に終わっています。やや悔しさの残る結果となりましたが、「自分のベストを尽くし、最後まで諦めなかった」と充足感のあふれるコメントも。

とはいえ、「今まで恐怖心や自信を失っていたが、平昌に来て恐怖に打ち勝ち、楽しいスノーボードを見せられた」という言葉からは、オリンピックにいたるまでには、困難な時期が続いたこともうかがわれます。10代前半の若手選手の台頭も著しいスノーボード競技においてかなり遅咲きの部類に入る広野あさみには、彼女なりの悩みや葛藤があったのかもしれません。

しかし、アスリートの誰もが一度は夢見るオリンピックという舞台に立ったことで、改めて競技の楽しさを再発見した広野あさみは、この経験を糧に、さらなる活躍を続けていってくれることでしょう。今季残っているワールドカップ2戦の戦いぶりにも注目です!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る