廣瀬大介「テニミュ」「刀ステ」出演の人気舞台俳優!引退騒動とは?

廣瀬大介「テニミュ」「刀ステ」出演の人気舞台俳優!引退騒動とは?出典:http://omoshii.com

廣瀬大介「テニミュ」「刀ステ」出演の人気舞台俳優!プロフィールや出演作をご紹介!

廣瀬大介は苦労性?人気2.5次元舞台俳優のプロフィール!

廣瀬大介は、1991年6月3日生まれ、東京都出身の俳優です。身長は177cmで、細身のすらりとした立ち姿が印象的な廣瀬大介が俳優デビューするきっかけとなったのは、エキストラに登録したことでした。そして2010年に、「ミュージカル〜LOVE〜真夏の夜の夢」で俳優デビュー。注目を集めることになったのは、2011年のミュージカル「テニスの王子様 2ndシーズン」で担当した木更津淳・木更津亮という双子のキャラクターです。

双子を1人で担当するからこそ起こるネタを盛り込み、人気となりました。以降も2.5次元舞台を中心に活動し、2013年のミュージカル「薄桜鬼~沖田総司篇~」では初主演を務めています。2014年には、映画「グラフィティ‼」でも初主演を務めました。

家庭の事情により祖父母に育てられたという苦労人エピソードも持つ廣瀬大介の特技は、ピアノのほか、スポーツ全般と社交ダンス。ゲーム「テイルズオブ」シリーズの大ファンで、Twitterでゲーム作品の話題に触れることもあるほか、時折、自身の描いたイラストもアップしています。

廣瀬大介「テニミュ」「刀ステ」など人気作に出演!魅力の秘密とは?

廣瀬大介が主に活躍しているのは、アニメやゲーム作品を原作とした2.5次元舞台です。人気の火付け役となったミュージカル「テニスの王子様」からは、これまでに、城田優(しろたゆう)や瀬戸康史(せとこうじ)といった人気俳優も誕生しています。

スポンサーリンク

続々とシリーズ化されているミュージカル「テニスの王子様」の2ndシーズンにも、人気の舞台俳優が数多く出演しており、廣瀬大介もその1人でした。他にも、ドラマや映画化もされている「Messiah メサイア」シリーズ(高殿円原作)の悠里淮斗役や、擬人化ブームを巻き起こしたミュージカル「ヘタリア」でイギリス役を担当。

ミュージカル「薄桜鬼」沖田総司役に加え、舞台「刀剣乱舞」一期一振役などでも大活躍を続けています。特に一期一振役では、衣装のマントを効果的に使った殺陣も話題となりました。キャラクターの再現度が高い点が評価される廣瀬大介ですが、その最も特徴的なのは声。声質は変えらませんが、トーンやニュアンスを限りなく原作に近づけることで違和感を払しょくし、より本物に近い姿を表現しています。

廣瀬大介が恋愛禁止アイドルグループと合コンでファン激怒?俳優引退って?

廣瀬大介がアイドルグループと合コン!ブログ謝罪でファン激怒!騒動の一部始終

廣瀬大介に目立った熱愛の噂はありませんが、1つだけファンを激怒させた事件があります。恋愛禁止であるはずのアイドルグループのメンバーと合コンをしていた、という記事が週刊誌をにぎわせたことから、廣瀬大介の公式ブログにも批判のコメントが殺到しました。

スポンサーリンク

合コン相手と言われているのが、AKB48の佐藤亜美菜(さとうあみな)と近野莉菜(ちかのりな)です。俳優の志尊淳も加えた4人は、7時間の長時間にわたってカラオケをしていた、と報じられています。AKB48のメンバー2人のファンからの苦情も殺到したこの騒動。

しかし、最も怒りをあらわにしたのは、廣瀬大介のファンでした。合コンをしたこと自体が悪いのではなく、ちょうど舞台公演が行われていた時期だったというところが、ファンの激怒したポイント。大事な公演を行っている時に、次の日に響くような遊びをしているとは何事だ、という批判が殺到し、廣瀬大介はブログで謝罪コメントを発表しています。

廣瀬大介が舞台俳優を引退する!?事務所移籍の真相は?

廣瀬大介が舞台俳優を引退する、という噂がまことしやかに流れています。これまで廣瀬大介が所属していたのは、キャストコーポレーションです。しかし、2017年1月23日、自身のブログとTwitterで、声優の難波圭一が代表を務めるケッケコーポレーションへの移籍が報告されるとともに、声優への転向を発表しました。

尊敬している人には声優の櫻井孝宏を挙げ、夢を叶えるための願掛けにと髪を伸ばしていた廣瀬大介。夢への第一歩を踏み出せたことから、移籍を発表した後は、ばっさりと髪を切っています。2012年放送の「ライチDE光クラブ」での声優経験はありますが、その後は舞台への出演が多く、声のみの仕事はなかなかチャンスが巡ってこなかった様子で、旧所属事務所と話し合った結果、円満な移籍となりました。

すでにアプリゲーム「A3!」斑鳩三角役で出演するなど声優としての活動は始まっていますが、今後、舞台に全く出演しなくなるということはないとのことです。

廣瀬大介声優活動本格始動!「王室教師ハイネ」でメインキャラクターを担当!

かねてから憧れていた声優としての一歩を踏み出した廣瀬大介ですが、もともと舞台俳優であるという利点も生かせる作品への出演が発表されました。それが、アニメ化と同時に舞台化することも決まっている「王室教師ハイネ」です。「月刊Gファンタジー」に連載されている赤井ヒガサの作品で、架空の王国の王室を舞台にした日常が、コミカルに描かれています。

王太子に何かあったときのために、その兄弟たちにも帝王学を学ばせようと王が思い立ったところから物語は始まります。王は幾人かの教師を選出しますが、曲者揃いの王子たちとはそりが合わず、辞退者が続出。そんな中、王室教師として選ばれたのが、ハイネ・ヴィトゲンシュタインでした。ハイネと4人の王太子の日常と成長を描く本作で、廣瀬大介が演じるのは、第四王子レオンハルト。西の大陸で最も美しいといわれ、「グランツライヒの白百合」という異名を持っています。

綺麗な顔立ちに見合ってプライドは高く、大の教師嫌い。廣瀬大介の解説によると、レオンハルトの萌えポイントは、綺麗な顔立ちと子供っぽさとのギャップ。感情の赴くままに動く天真爛漫さを意識して、感情表現に注意して演じているとのことです。

舞台版のビジュアルでは、美貌のキャラクターに相応しく、ちょっとアンニュイで影のある姿も披露しています。その他のキャストは、主人公のハイネ役の植田圭輔、第二王子カイ役の安里勇哉、第三王子ブルーノ役の安達勇人ら、主に2.5次元舞台で活躍する人気俳優が勢揃い。

第五王子リヒト役の蒼井翔太は、舞台経験もあり、歌手としての活動も注目されている声優です。さらに、浪川大輔や立花慎之介、森川智之ら人気声優陣が脇を固める「王室教師ハイネ」は、2017年4月よりTVアニメの放送が開始され、舞台は2017年中に公演が行われる予定になっています。新たな一歩を踏み出した廣瀬大介、その声の演技にご注目ください。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る