広末涼子の気迫で第三子妊娠!離婚騒動に「いいかげんにしぃや!」

広末涼子の気迫で第三子妊娠!離婚騒動に「いいかげんにしぃや!」

2015年4月8日より公開されたある地方都市の魅力を配信するキャンペーンの動画に、その土地で育った女優が起用されました。その女優は十代から活躍しており、その演技力にも定評があります。動画のTVCMはそのエリア限定だそうです。首都圏では東横線の車内ビジョンのみ13日より見られるようになります。その育った土地のPRに貢献した女優とは。

広末涼子、気迫の演技「いいかげんにしぃや!」

広末涼子 出身地高知のCMで演技力を魅せる

広末涼子は生まれたのは横浜市戸塚ですが、生まれ育ったのは高知。その高知の魅力を発信するため、高知県地産外商公社という所が行っているキャンペーン「高知家」今回その新WEBムービーに、広末涼子が登場。「高知家」の為に力を貸してほしい、地元のスターです、広末さんが居れば間違いないと必死に持ち上げた県民3人。黙って広末涼子が話を聞いていると、最後に「いつまでも私に頼って……。いいかげんにしぃや!」と一喝し、名作漫画「巨人の星」のキャラクターである、星一徹張りのちゃぶ台返しを披露。その表情は鬼気迫るものがあり、そのちゃぶ台を受け止め陰に隠れる県民3人。そこから高知県の魅力をPRする映像が流れ、広末涼子自身も高知の魅力を語るという5分の動画が公開されました。動画の再生回数も4月15日22時現在13,303回数と、上々の滑り出しを見せています。是非ちゃぶ台返しをする広末涼子と、高知の魅力をご覧になってみてください。

スポンサーリンク

広末涼子 出演作と受賞歴

広末涼子の芸歴の始まりは、1994年第一回クレアラシル「ぴかぴかフェイスコンテスト」でグランプリを受賞し、翌年1995年に同CMでデビューしました。その後数々のCMに出演し、中でも1996年に出演したNTTドコモの、今は亡きポケットベル通称ポケベルのCMが話題になり、このCMに心奪われた人は多かったです。それから高校に上がるのを機会に、高知から上京します。1997年に竹内まりやのプロデュースで「MajiでKoiする5秒前」という曲で歌手デビューし大ヒット。2曲目は岡本真夜プロデュースで「大スキ!」という曲を出し、オリコン1位を獲得。その年の「第48回NHK紅白歌合戦」に初出場を果たしました。1997年に公開された映画「20世紀ノスタルジア」で映画初主演し演技が評価され、第21回日本アカデミー賞新人俳優賞、第35回ゴールデンアロー賞最優秀新人賞、第52回毎日映画コンクールスポニチグランプリ新人賞、第19回ヨコハマ映画祭新人賞など数々の賞に選ばれました。その後も躍進は止まらず、1999年には第33回シッチェス・カタルーニャ国際映画祭にて最優秀主演女優賞、第23回日本アカデミー賞優秀主演女優賞を「秘密」という映画で受賞し、さらにその日本アカデミー賞では「鉄道員」の映画で優秀助演女優賞を獲得。第12回日刊スポーツ映画大賞最優秀新人賞や第9回日本映画批評家大賞最優秀新人賞と、見て書くだけでも凄い獲得数で、時の人であったことをうかがわせますね。また2008年には「おくりびと」で第32回日本アカデミー賞優秀主演女優賞を獲得。翌2009年にも「ゼロの焦点」で第33回日本アカデミー最優秀新人賞を獲得。そこから間があき、2012年に「鍵泥棒のメソッド」という映画で第36回日本アカデミー賞優秀助演女優賞を獲得。ここ最近ですと、去年の2014年に第27回日刊スポーツ映画大賞助演女優賞を「柘榴板の仇討」と「想いのこし」で獲得しています。髪型はデビュー当時から変わらずで、容姿も極端な変化のない珍しい女優さんです。演技者としてこのまま進んで行けば、年をとっても良い味を出す女優さんになりそうですね。

広末涼子の恋愛遍歴

広末涼子 交際遍歴と1度目の結婚と離婚まで

さて、芸能活動では躍進続きの広末涼子ですが、最初に交際が報じられたのは1998年にあるモデルとの交際が初スキャンダルでした。まさにノリにノッてる時ですね。同年11月には早稲田大学を自己推薦入試で合格しましたが、入学した後3が月ほど通学して退学してしまいます。大学でも時の人であった広末涼子を放っておける人はいなかったでしょう。当時の情報番組でも彼女が登校するだけで、リポーターが大学に向かったほどですから。周りに迷惑を掛けましとしたと思います。1999年には当時モデルの伊勢谷友介との交際が報じられました。2001年には金子賢との交際が報じられるものの、フジテレビ系ドラマ「できちゃった結婚」の収録中の奇行報じられます。多忙に多忙を重ね、当時あるラジオ番組でのインタビューで、どうやって睡眠を確保するかと言う話をしていたのを覚えています。そんな中2003年にモデルの岡沢高宏と妊娠と結婚を発表し、産休に入ります。2004年に男の子を出産しますが、2005年にはフジテレビ系ドラマ「スローダンス」に早々と女優復帰します。そこから仕事の面では順調であった広末涼子ですが、2008年に岡沢高宏と離婚を自身のホームページにて発表しました。そこからシングルマザーとして奮起し、「おくりびと」で賞を取るなど順調に走り始めました。その後2010年にキャンドルアーティストであるキャンドルジュンと再婚。翌年の2011年に次男を出産しました。

広末涼子 佐藤健太と熱愛?離婚報道後に第三子妊娠発覚

幾度かの苦難を乗り越えた私生活にまた陰りが見えます。昨年2014年に、日刊スポーツにはついに「離婚協議入り」情報、不倫疑惑が決定だか!?として掲載されます。その不倫疑惑の相手とは、今ノリにノッている俳優、佐藤健です。度々佐藤健のマンションを訪れる広末涼子の姿が目撃されているようで、週刊誌にも写真入りで掲載されています。疑惑が解消されないまま、2015年3月のスポーツ報知にて、広末涼子第3子妊娠!13日にも正式発表と報じられました。その通りに広末涼子の所属事務所の公式サイトを通じて、3月13日現在妊娠5カ月であることを発表。「新しい命を授かり、とても、嬉しく、喜ばしく、思っております。現在、撮影が迫っている作品も控えておりますので、精一杯頑張りたいと思います」と湖面を出していた。色々な憶測はあるようですが、是非無事に生まれ、子供達には幸せな日々を過ごしてほしいですね。

スポンサーリンク

広末涼子の出身地、高知県高知市はどんなところ?

広末涼子の出身地、高知県高知市は本家「よさこい」

今各地で「よさこい」が開催されていますが、この「よさこい」とは、高知県に残る民謡で、囃子詞として「よさこい、よさこい」と謡われています。これについては起源は無いようですが、古くても1596年にはこの原型のようなものが説としてあるようです。1954年に高知商工会議所の有志の方たちによって、第1回よさこい祭りが開催されます。ちなみに、よさこい踊り披露されたのは1950年の南国高地産業大博覧会が最初だそうです。その後1992年に北海道の札幌で行われたYOSAKOIソーラン祭りを皮切りとして、全国各地に広がっています。是非皆さんも8月9日の前夜祭、10日11日の本番、12日の全国大会と後夜祭で、本場の「よさこい」をご覧になるだけでなく、一緒に踊ってみては如何でしょうか。

広末涼子の出身地、高知県高知市の観光スポット 高知城下の「街路市」

高知城のすぐ下にある追手門から、東に延びる高知市追手筋で約1.3Kmに渡って毎週日曜市が開催されています。地元の人たちが野菜や果物など思い思いの品を露店で出して売っています。また平日も火曜市は高知市上町、水曜市は高知市百石町で木曜市は高知県庁前、金曜日は高知県愛宕(あたご)市にて開催されており、これは300年以上前から行われているそうで、高知の名物の一つになっています。高知の観光協会の観光スポットとしても紹介されており、高知を訪れた際は是非その昔ながらの風景を、ごらんになってみては如何でしょうか。

第三子妊娠が発覚しコメントを発表した広末涼子。それ以外でも周りが賑やかす、広末涼子の今後に注目が集まります。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る