ほんこん経営店(ちりとり鍋、お好み焼き)の評判、評価は?岡村隆史に花嫁を見つけられる?!

ほんこん経営店(ちりとり鍋、お好み焼き)の評判、評価は?岡村隆史に花嫁を見つけられる?!

ほんこん経営店(ちりとり鍋、お好み焼き)の評判は?妻、子供は?

ほんこん 経営店(ちりとり鍋、お好み焼きなど)は多数 商才あり?!

お笑い芸人のほんこんは、2006年に、冨くら(お好み焼き店)をオープンしました。有名人の経営店ということもあってか、お店は、あっという間に予約が取れないほどの人気店に。この頃は、知人とほんこんとの共同経営だったようです。

また、2007年に冨くら2号店、2008年にちりとり鍋ほん◯(ちりとり鍋店)。同じく2008年に、ほんこんのFOOD FIGHT(スパムおにぎり店)、焼肉ほんこん亭を次々オープンさせました。最近では、楽やという串カツ店もオープンさせているというから驚きです。

どの店も口コミは、おおむね好評のようですから、ほんこんには商才があるのかもしれません。冨くらをオープンしてから、日々銀座で豪遊し、ひと月500万も飲み代に使っていたというほんこん。いったい、どれくらい儲かっているのでしょう。しかし、ちりとり鍋のお店も含め、何店舗かは閉店しているようです。

ほんこんって妻、子供はいるの?どんな人?

そんなほんこんは結婚しており、番組で、妻についてぼやいている姿がたびたび見られます。そして、子供は、ほんこんにソックリなのだとか!子供の性別や年齢などは公表されていませんが、ほんこん似とは、どんなお顔なのか気になるところではありますね。

スポンサーリンク

ほんこんの本名は、蔵野孝洋。1963年6月16日生まれで、大阪府出身です。板尾創路と共に、130Rという漫才コンビを組んでいる吉本芸人。130Rとして、吉本新喜劇の座長に名を連ねてもしますし、ほんこんは「よしもと新喜劇」(東京・ルミネtheよしもと)でも座長を務めるという、なかなかの実力者。

なかでも、ほんこん&シベリア文太の新喜劇がとても人気です。シベリア文太を徹底的にいじるという芸風で新喜劇ファンを沸かせています。現在は130Rとしてのコンビ活動はほぼなく、多いのはピン活動。また、現在、ほんこんのTV出演の多くは大阪。そのため、東京では深夜番組に出る程度で、昔ほどほんこんを見ることはありません。芸人としての活動より、ほんこんは、店舗の経営に力が入っているのかもしれませんね。

ほんこん 岡村隆史に花嫁を見つけられる?!今田耕司、板尾創路とのコンビ仲は?

ほんこん 岡村隆史に彼女見つけるも破局!!

過去の番組で、ほんこんが出演する「ちょこっとイイコト 岡村ほんこんハートしあわせプロジェクト」というのがありました。岡村隆史に花嫁を見つける番組なのですが、岡村隆史の理想は高く、なかなかよい人が見つかりません。しかし、とうとう岡村隆史は飯野千寿という女性を選び、そして何度かデートも重ねました。

スポンサーリンク

しかし、飯野千寿の元カレが、岡村隆史の知っている人だとわかり、結局、岡村隆史が納得行かずに破局。この企画は、642人の中から1人の女性を選ぶというもので、岡村隆史の彼女探しを、長い期間見守ってきたほんこんも、この破局の結果は残念だったようです。

ほんこん 今田耕司、板尾創路とのコンビ仲は?馬を買ったら騎手は板尾創路??

ほんこんと今田耕司は、NSC時代、今田耕司の誘いで「ダブルホルモンズ」を結成しましたが、ほどなく解散。しかし、ほんこんと今田耕司は、現在でも共演しており、関係は良好のようです。また、現在の相方の板尾創路も、二人揃って見かけることは、あまりなくなっていますが、とても仲良し。

最近では、板尾創路が、ほんこんに馬を買ってくれとおねだりしているけれども、ほんこんは、あまり乗り気ではない様子。馬の名前をほんこんにして、板尾創路が馬に乗るという話で、板尾創路は「俺ちゃんと乗るから。馬にほんこんって名前付ける」と子供のようにせがみ、「ほんこんに乗って、ほんこんの世話する」と言い、ほんこんは呆れ気味に「考えとくわ」と言っているとか。

ほんこん テレビ番組で食べつくす!!

ほんこんが「満天☆青空レストラン」にゲスト出演し、宮川大輔と、生姜を様々な料理で食べつくし、大変ご満悦でした。ほんこんは、複数のお店をプロデュースしているので、日本の良い食材は知っているとためになるでしょうね。きっと、食材も厳選しているのでしょう。

なんと言っても、「銀座」にお店を構えているので、ちょっとお高いイメージはありますが、口コミには、とてもリーズナブルな値段との意見も見られます。そのためもあってか、ほんこんの経営するお店「冨くら」は、なかなか予約が取れないとのことです。

ほんこんと板尾創路のR130が、まだ現役でコントなどをしていた頃、とっても面白いコンビでした。しかし、板尾創路がちょっとした事件を起こし、そこから2人が揃ってテレビに出る機会が減ってしまいます。ある程度の時期を経て、再びテレビで見るようになったときには、すでに、ほんこんと板尾創路の活動は別々。

その後しばらくは、ほんこんだけが活動するのみで、板尾創路はほとんど見ることがありませんでした。そして、忘れかけた頃、板尾創路が年末のダウンタウンの番組に出るようになり、それから徐々に、板尾創路もドラマや映画など役者として見ることが多くなったのです。

ほんこんは、コメンテーターなどで見かけることも増えましたね。時を経ても、ほんこんと板尾創路は今なお仲良しのようですから、また二人のお笑いネタを見てみたいものです。板尾創路曰く「もう少し歳をとってから、また2人で無理せず楽しくやれたら良いと」とのことですから、そんな日を期待して、注目したいと思います。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る