映画「ハドソン川の奇跡」モデルは実在の飛行機事故!犠牲者ゼロの生還劇がスゴイ

映画「ハドソン川の奇跡」モデルは実在の飛行機事故!犠牲者ゼロの生還劇がスゴイ出典:http://www.cinemacafe.net

映画「ハドソン川の奇跡」モデルは実在の飛行機事故!犠牲者ゼロの生還劇がスゴイ

映画「ハドソン川の奇跡」のモデルは2009年に実際に起きた飛行機事故

映画「ハドソン川の奇跡」が、9月24日から日本で公開となります。
映画「ハドソン川の奇跡」は、2009年1月15日に、アメリカ・ニューヨークで実際に起きたUSエアウェイズ1549便不時着水事故を基にした作品です。USエアウェイズ1549便は、離陸直後に両エンジンが停止するという異常事態に遭ってしまいました。

これにより、飛行高度の維持が難しくなったため、航路上にあるテターボロ空港への着陸を試みようとしますが、それすらも難しい状況であることが判明します。そして……乗客乗員155人を乗せた航空機の機長チェズレイ・サレンバーガーは、不時着しかないと大きな決断を下しました。

映画「ハドソン川の奇跡」は乗客乗員155人犠牲者ゼロ!まさに奇跡の生還劇!

映画「ハドソン川の奇跡」の原作にもなっている、手記「機長、究極の決断 『ハドソン川』の奇跡」を書いたチェズレイ・サレンバーガー機長は、経験したことのない異常事態に、ハドソン川に緊急着水するという決断を下します。エンジンが再始動しないため、乗客に詳細を伝える余裕がないほど緊迫した状況下、操縦士やアテンダントらは慌てて手順を確認すると、乗客には「衝撃に備えてください」とだけ伝え、ハドソン川を目指しました。

直後に、USエアウェイズ1549便は急降下を始め、ジョージワシントンブリッジすれすれを飛行すると、すぐに救出してもらえるように船着き場の近くに不時着水。機体と川の流れが一致したこともあって、機体に破損は見られなかったそうです。しかし、浸水が始まってしまいます。

スポンサーリンク

しかし、真冬の凍てつくような水に侵されながらも、消灯した真っ暗闇の機内で、アテンダントらが迅速に脱出を先導した結果、周囲には多数の救助船が駆け付けていたこともあり、乗客は全員脱出に成功しました。チェズレイ・サレンバーガー機長も、乗客乗員全員が脱出したのを確認してから脱出。ここに、乗客乗員155人犠牲者ゼロという“ハドソン川の奇跡”が生まれたのです。

映画「ハドソン川の奇跡」あらすじネタバレキャスト!

映画「ハドソン川の奇跡」ネタバレ!事故後の知られざる真実も描かれている!

映画「ハドソン川の奇跡」には、全世界で報じられたUSエアウェイズ1549便不時着水事故の全容が、脚色なく描かれています。ベテラン・パイロットのチェズレイ・サレンバーガー機長は、ハドソン川に不時着水するという前代未聞の決断を独断で下し、それを実現。不時着水後の機内は、氷点下6度の川水に浸水されましたが、機長や乗組員の迅速な対応により、乗客乗員155人全員の命が救われる結果となりました。

しかし、世界に広く知られているエピソードは、ここまでです。映画「ハドソン川の奇跡」では、この事故後の、知られざる真実も描かれています。実は、チェズレイ・サレンバーガー機長は、オバマ大統領から表彰される一方で、殺人罪の容疑をかけられてしまっていました。英雄から一転、殺人罪の容疑者となってしまったチェズレイ・サレンバーガー機長の迎える結末とはいかに!?

スポンサーリンク

映画「ハドソン川の奇跡」キャスト!クリント・イーストウッド監督とトム・ハンクスが初タッグ!多くの当時の関係者が本人役で登場!

映画「ハドソン川の奇跡」の監督・制作を務めるのは、クリント・イーストウッドです。前作「アメリカン・スナイパー」は、北米の戦争映画史上最大の興行収入となる2億1700万ドルを記録。世界興行収入5億4700万ドルという数字は、クリント・イーストウッド監督史上最大のヒット作となりました。86歳になっても、その創作意欲は衰えを見せないクリント・イーストウッド監督。この「ハドソン川の奇跡」も、早くもオスカーの最有力候補に上がっています。

映画「ハドソン川の奇跡」の中で、チェズレイ・サレンバーガー機長を演じるのはトム・ハンクスです。クリント・イーストウッド監督と同様に、賞レースの常連であるトム・ハンクス。これまでアカデミー賞主演男優賞を5度も受賞している名優ですが、意外なことに、クリント・イーストウッド監督とは初タッグとなります。

USエアウェイズ1549便副機長ジェフ・スカイルズ役は、映画「ダークナイト」で二面性を持つトゥーフェイスを怪演したアーロン・エッカートが演じ、チェズレイ・サレンバーガーの妻ローリーは、1997年の「目撃」でクリント・イーストウッドの娘役を演じたエミー賞受賞女優ローラ・リニーが演じています。

また、クリント・イーストウッド監督の意向で、事故当時の救助隊や、ボランティア、警察官、ニュースキャスターなど、当時実際に事故を経験した関係者が本人役で登場していることも、映画「ハドソン川の奇跡」の注目ポイントでしょう。

映画「ハドソン川の奇跡」でクリント・イーストウッドとローラ・リニーの3度目のタッグが実現!

映画「ハドソン川の奇跡」で監督を務めるクリント・イーストウッドと、チェズレイ・サレンバーガー機長の妻ローリーを演じているローラ・リニーは、この作品で3度目のタッグとなります。

ローラ・リニーは、映画「トゥルーマン・ショー」で、コメディ女優として注目されると、マーク・ラファロ共演の「ユー・キャン・カウント・オン・ミー」で好演し、フィリップ・シーモア・ホフマン共演の「マイ・ライフ、マイ・ファミリー」ではシリアスな演技が評判を呼んで、アカデミー賞主演女優賞に。「愛についてのキンゼイ・レポート」では助演女優賞にノミネートされるなど、幅広い演技力を誇る実力派女優です。

ローラ・リニーとクリント・イーストウッドの初タッグは、1997年の「目撃」で演じた父と娘の役です。タッグ2作目は、クリント・イーストウッド監督の「ミスティック・リバー」で、ショーン・ペン演じるジミー・マーカムの妻役アナベスを演じたローラ・リニーは、娘が遺体で発見されるという繊細な役を見事に演じました。

そして、3度目のタッグとなったのが「ハドソン川の奇跡」です。ローラ・リニーは、クリント・イーストウッドについて、「彼ほどの素晴らしい人から一緒に仕事をしないかと言われたらすぐに参加するわ。優雅で、静かで、一緒に仕事をするのは楽しみ。天国みたいなものよ」と語っています。

映画「ハドソン川の奇跡」は、クリント・イーストウッド監督作品というだけでも大きな話題ですが、実際に起きたハリウッド映画並みの奇跡の映画化ということでも大きな注目を集めています。クリント・イーストウッドらしい丁寧な人物描写で、リアリティのある大作になっていることから、来年のアカデミー賞では主役級の注目を集めることになりそうです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る