市川海老蔵家系図にまつわる謎!歌舞伎名門「成田屋」の格とは?

市川海老蔵家系図にまつわる謎!歌舞伎名門「成田屋」の格とは?

市川海老蔵家系図にまつわる謎!歌舞伎名門「成田屋」の格とは?

市川海老蔵が引き継ぐ、歌舞伎の名門「成田屋」由来

市川海老蔵が名乗っている「成田屋」とは、歌舞伎の市川流宗家を表す屋号。成田屋は、歌舞伎における屋号の始まりといわれています。成田屋の由来は、子宝に恵まれなかった初代市川團十郎が、成田山新勝寺に祈願しました。

そして御利益を受け、代目團十郎を授かることができたことから初代團十郎がこれに感謝し、元禄八年「成田不動明王山」という演目を上演。これが大当たりとなります。その時、観客がかけた「成田屋っ!」という掛け声がはじまりではないかと言われています。

このように、成田屋の家系は、歌舞伎界でもっとも古い伝統と格式をもつ一門。しかし、家系図に連なる歴代の團十郎たちは、その絶大な人気にともない、さまざまな事件やスキャンダルにまみえ、他殺や自殺を含めて、宗主が数多く夭折している家系でもあるのです。

市川海老蔵のご乱行や、十二代目團十郎の早すぎる死もまた、このジンクスに囚われているのではないかと、歌舞伎ファンの間では危惧されてきたと言われています。

スポンサーリンク

市川海老蔵の父は、急死が悔やまれる十二代目市川團十郎

市川海老蔵の長男、堀越勸玄が、11月1日に初お目見えを果たしました。これは、歌舞伎座で始まった「吉例顔見世大歌舞伎『十一世市川團十郎五十年祭』」での1シーン。市川海老蔵、よくぞここまで盛り返したと感慨に浸った歌舞伎ファンも多かったのではないでしょうか。父親である市川海老蔵はかつて、歌舞伎界の次世代ホープと脚光を浴びました。

しかし、自らの乱行が原因で、半グレ集団に暴行を受けて重傷を負い、謹慎をよぎなくされます。悪いことは重なるもので、父の十二代目市川團十郎が亡くなり、後ろ盾を失った市川流の宗家成田屋は、その存亡さえ危ぶまれました。しかし市川海老蔵は、その後精進を重ね人気を盛り返し、今回の記念興行にこぎつけることができたのです。

市川海老蔵の年収3億円(歌舞伎、CM、ブログ)でも借金が19億円?!

市川海老蔵の肩にのしかかる、19億円にものぼる借金問題

成田屋は、市川海老蔵の父である市川團十郎が存命中から、実際、大きな問題を抱えていました。それは、市川海老蔵の母である季実子夫人の義父が、不動産投資に失敗をし、莫大な負債を抱えました。その借金を市川團十郎が負うことになってしまったのです。その借金は團十郎の死により、市川海老蔵へと引き継がれています。

スポンサーリンク

歌舞伎のみならず、「おーいお茶」などのCM出演料や、人気のブログ収入などをあわせると年収3億円とも言われる市川海老蔵が、これまでそれなりに返済してきたようす。しかし、團十郎の白血病の高額な治療費や、市川海老蔵自身の暴行事件での謹慎のため生じた公演キャンセル費などで、借金は未だに19億円近くあると言われています。

市川海老蔵の起死回生は、十三代目團十郎襲名にあり

市川海老蔵は、数々の女性関係や借金問題があっても、しかし幸いなことにそのの人気は衰えるどころか、再燃しています。そして、歌舞伎再興をけん引してきた中村勘三郎や坂東三津五郎の急逝が、市川海老蔵にとって、逆に大きな試練であり励みとなったのです。また、それぞれの名代に残された二世役者の中で、市川海老蔵がずば抜けて華があることは、歌舞伎を愛する多くのファンたちの衆目が一致するところでもあります。

歌舞伎ファンのこの暖かい支援と期待を裏切りすることなく、市川海老蔵が、これからも精進を続け、そう遠くないうちに十三代目市川團十郎を襲名できるかどうか?今後の歌舞伎界を大きく左右することは、まちがいないでしょう。

市川海老蔵が父の顔をみせた、長男堀越勸玄の初お目見え

市川海老蔵率いる成田屋一門が、ひさびさに喜びに包まれました。市川海老蔵と元ニュースキャスターの小林麻央との間に生まれた、長男で2歳の堀越勸玄が、「吉例顔見世大歌舞伎『十一世市川團十郎五十年祭』」で初お目見えを果たしたのです。小林麻央似でくりっとした目の堀越勸玄は、その愛らしさでまたたく間に、歌舞伎ファンだけでなく多くの女性たちの心をつかみました。

堀越勸玄は故中村勘三郎の息子たちである、中村勘九郎、中村七之助兄弟のように、今後その成長をテレビ局が追いかけていくことは間違いありません。市川海老蔵は息子を初お披露目するまで、相当なやんちゃぶりでした。昔なら役者の色恋は芸の肥やし。一子相伝の芸を絶やさないためにも、本妻の他に女性がおり、庶子がいて当たり前の世界。中には、その子たちが宗家を継ぐことも普通でした。

そう考えると今の世は、歌舞伎役者にとってある意味、窮屈な世の中なのかもしれません。市川海老蔵は、小林麻央と結婚するまでに噂になっただけでも、松たか子、宮沢りえ、米倉涼子、佐藤江梨子、高岡早紀、河北麻友子とそうそうたる女性たちの名前が挙がります。

実は元歌手、日置明子の間には女の子がおり、すでに認知もしています。市川海老蔵には決してめげることなく、女性スキャンダルも19億円の借金も、全て芸の肥やしにし、立派な十三代目市川團十郎になってほしいものです。よっ、成田屋!日本一!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る