池畑慎之介の金回りの良さ、芸能界に人脈が多い秘密は○○だった!

池畑慎之介の金回りの良さ、芸能界に人脈が多い秘密は○○だった!

池畑慎之介の金回りの良さ、芸能界に人脈が多い秘密は○○だった!

池畑慎之介の金回りの良さの謎に迫る!

”ピーター”と言った方がピンとくる人が多いかもしれません。池畑慎之介の金回りの良さといったら不思議でなりません。それほど派手にテレビや映画、CM、バラエティなどに出ている様子もないのに、池畑慎之介は都内の本宅の他に、湘南、熱海に露天風呂付きの別荘を持ち、いつでも高級ブランドで身を固めています。

さらにセレブが大好きなホームパーティも頻繁に行っているという羽振りの良さには、汚れた金の匂いさえしてしまうものです。しかし、その秘密は、池畑慎之介が頻繁に出演している通販番組にありました。現在、池畑慎之介は収録時間が短く高額のギャラが発生する通販番組において引っ張りだこになっています。

その人気にあやかって、池畑慎之介自身がプロデュースした鍋やバッグの企画販売も行なっているのです。また、池畑慎之介は不動産投資にも熱心。それにしても本業以外であれだけの資産を形成したことを考えると、池畑慎之介はよほど凄腕なんでしょうね。

池畑慎之介 芸能人に人脈が多い秘密 ホームパーティと混浴強要露天風呂の実態

池畑慎之介は人望が厚く、芸能界に大変な人脈を持っていることで有名です。もちろん、上方舞吉村流四世家元で人間国宝の吉村雄輝を父親に持つ池畑慎之介に、自然と芸能人が集まるのは当然のこと。それだけではなく、どうやら池畑慎之介が頻繁に開催するホームパーティにも理由はありそうです。

スポンサーリンク

高輪の自宅で、参加芸能人90名、12時間以上にわたる大規模の「高輪会」なるホームパーティを定期的に開き、すべてを自慢の手料理でもてなす池畑慎之介。来客を楽しませるために、自分はホスト役に徹するのだといいます。また、熱海や湘南の別荘でも、泊りがけでホームパーティを開催し、芸能人同士の交流を深めているのだとか。

そして大物俳優から人気アイドルまで男女関係なく「混浴風呂」に入ることがそこでのルール。昔は基本全裸でしたが、今ではそれも緩和されたようですね。この混浴風呂に入ったカップルは別れるというジンクスもあるようですから、芸能人たちも油断できません。何にせよ、池畑慎之介の渾身のおもてなしに芸能人が楽しませてもらえるパーティは、池畑慎之介の人脈が多い秘密でしょう。

池畑慎之介の同棲相手はなんと神田正輝?でも仁科明子が元婚約者!

池畑慎之介の同棲相手はなんと神田正輝?昭和49年デビューの大物俳優とは……

池畑慎之介は交際相手と同棲生活をしていたことがあります。以前「爆報フライデー」に出演した池畑慎之介は、その思い出について涙ながらに語っていました。話によると、その同棲相手は男の俳優。同棲していたのは、彼のデビュー前のこと。デビューに当たって良くない噂が立ってはいけないという池畑慎之介の気遣いによって別れることになったそうです。

スポンサーリンク

池畑慎之介の話では、同棲相手の名前は伏せられていましたが、”昭和49年にデビューした大物俳優”ということで、人々の検証の結果、神田正輝しかいないじゃないか!ということに。また、神田正輝は、石原軍団の俳優ということもあり、ネット上では”石原裕次郎の影響で皆バイセクシャルになった”という黒い噂があることから、この話はさらに信憑性を持つようになりました。

池畑慎之介がバイセクシャルを告白 初恋の女性・仁科明子と本気で結婚を考えていた

池畑慎之介が男と同棲していると聞いても、そのビジュアルから誰も違和感を覚えません。ところが、池畑慎之介は、女装家やゲイ扱いされることに非常に違和感を覚えるといい、バイセクシャルであることを自ら告白しました。そしてかつての池畑慎之介は、女性である仁科明子との結婚を真剣に考えていたそうです。

池畑慎之介にとって仁科明子は、幼馴染にして初恋の人。仁科明子の父と池畑慎之介の母が旧知の間柄だったことから、仁科明子と結婚するにあたって、当然、自分は父の後を継ぐ家元というきちんとした立場であらなければならないと池畑慎之介は考えました。

結果、父母の離婚を目の当たりにしてきた自分には、結婚相手や子供を幸せにしていくことはおろか、家元として身を守ることができないという理由で結婚を泣く泣くあきらめたそうです。しかし、それは誰と結婚しても同じことだから、と池畑慎之介は今も独身を固く貫いているのでした。

池畑慎之介 知的で器の大きい男女の性を超えた人間性が人脈の秘密

オネエ系タレントがバラエティを席巻する昨今ですが、彼ら(彼女ら?)を女性と思いますか。それとも男性だと思いますか。池畑慎之介を近年のオネエブームの源流だと考えている人は多いかもしれませんが、それは間違っているようです。池畑慎之介はお家芸の家元の長男として生まれ、幼い頃から舞踏家として女装することに特別な気持ちはありませんでした。

そして、高校時代に働いていた六本木のゴーゴークラブで、女とも男ともつかぬ美少年ぶりから「ピーターパン」に由来する”ピーター”という異名を持つようになりますが、決して当時の”オカマ”の括りではないのです。仁科明子が元婚約者だということが、池畑慎之介がオカマではない最たる証拠でしょう。

ただ、バイセクシャルという性的な位置づけは、池畑慎之介の存在意義。ラサール中学に進学した過去をもつ知的さも相まって、下ネタに近いテーマでも非常に良いバランスで、面白さと品を保つことができるトーク術の輝きは逸品です。また、恋愛にもみられる傾向ですが、池畑慎之介は、いつでも他人の立場を考えて身を引くことができる器の持ち主でもあります。

だからこそ多くの芸能人たちが池畑慎之介のホームパーティに集い、大きな人脈となって広がっていくのでしょう。そんな人間・池畑慎之介には、男女という狭義の性別は必要ないのかもしれませんね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る