井ノ原快彦、いまやV6の稼ぎ頭!ダントツの司会力!男前すぎ発言集!

井ノ原快彦、いまやV6の稼ぎ頭!ダントツの司会力!男前すぎ発言集!

井ノ原快彦、いまやV6の稼ぎ頭!ダントツの司会力

井ノ原快彦、いまやV6の稼ぎ頭!ダントツの司会力は人間力によるものだった!

井ノ原快彦がNHKアナウンサー有働由美子と共に司会を務めるNHK「あさイチ」が、視聴率5年連続10%超えという好調です。気が付けば、今や井ノ原快彦は、V6の稼ぎ頭になっているというではありませんか。NHK「あさイチ」を毎朝のエネルギー源としている老若男女たちの楽しみは、井ノ原快彦と有働由美子の絶妙な掛け合い。V6デビュー当初は、ジャニーズいち地味で素朴な男だと思われていた井ノ原快彦ですが、人の良さ全開の、素朴で明るい笑顔という点では、もともと司会者向きだったのかもしれません。しかし、人々が虜になっているのは、井ノ原快彦の爽やかさだけではなく、まっすぐな物言いと、共演者への気遣いが優れているところ。ここに、井ノ原快彦の卓越した司会力の凄さがあるのです。井ノ原快彦は、有働由美子のみならず、共演者や視聴者の声まで拾って拾って拾いまくります。単に”こなれ感”ではなく、決して他人の言葉を遮らないように「なるほどね」「そうだよね」と相槌をうち、要所要所で鋭いツッコミやムチャ振りを入れて笑いを誘うのです。この井ノ原快彦のダントツの司会力は、人間力と言い換えてもいいかもしれません。

スポンサーリンク

井ノ原快彦、いまやV6の稼ぎ頭!国民的司会者の「あさイチ」ギャラは?

井ノ原快彦は、芸人とは一味も二味も違うダントツの司会力で、長年に渡って故・愛川欽也が司会を務めた、毎週土曜放送の「出没!アド街ック天国」(テレビ東京)をも難なく引き継ぎました。さらには、今年末の「第66回紅白歌合戦」の白組司会にも抜擢された井ノ原快彦。もはや国民的司会者としての地位を確固たるものにした感があります。グループとしては”負け組”とよばれていたV6ですが、ミュージカルに励む坂本昌之、グルメリポーターとして知られる長野博、森田剛は舞台、三宅健はバラエティ、岡田准一は今や大河ドラマの主役や数々の映画に引っ張りだこの本格派俳優として、それぞれが各自の才能によって大活躍しています。その中でも、今や国民的司会者への道を順調に歩んでいる井ノ原快彦は、すっかり朝のテレビの顔。この安定力は、まさにV6の稼ぎ頭とよぶに相応しいものです。ところが「あさイチ」のギャラは、1本あたり80万、年間2000万円と、影響力の割りには、やや低め。ただし、井ノ原快彦の司会力の好感度が「出るだけでV6の宣伝」という功を生み出しているのは確かです。そういった意味でもV6の稼ぎ頭という表現は正しいのでしょう。

井ノ原快彦は男気あふれる性格!男前すぎ発言集!

スポンサーリンク

井ノ原快彦は男気あふれる性格!タモリをも恐れない発言がかっこよすぎる!

井ノ原快彦の人間力は、気骨ある優しさ。つまり「男気あふれる性格」なのです。それが良く分かる、井ノ原快彦の男前すぎ発言を集めてみました。NHK朝の連続テレビ小説の放送からCMなしで切り替わる形で始まる「あさイチ」は、井ノ原快彦と有働由美子が朝ドラの感想を述べ合う「朝ドラ受け」からスタートします。これを観なければ朝ドラが終わらないというファンも多い人気コーナーではありますが、「イノッチ、前の朝ドラの感想を言うのはムカつくのでやめていただきたい」と苦情を申し立てたのは、芸能界の大御所タモリでした。こうして迎えた「朝ドラ受け」で、タモリの忠言を気にする有働由美子に対し、井ノ原快彦はひるむことなく「関係ねーよ!大丈夫だよ!」と一蹴。「この世界で生きていくのに?」と問われても、「全然!」と軽く言ってのけたのです。さらに、「自分がもつ感想と、タモリさんが持つ感想が違ったってことだと思います」と、コーナーの是非ではなく、自分がすべてを被る姿勢の井ノ原快彦。こんな男前な人、現代にもまだいたんですね!

井ノ原快彦は男気あふれる性格に惚れる女性たち!でも子供には?

井ノ原快彦の「あさイチ」での男気にノックアウトされる女性が続出しています。夫に閉経を告げた主婦から「いいムードになった時に、主人から『もう女じゃないんだよな』と言われてショックを受けた」という投稿に際し、井ノ原快彦は、「毎月痛かったのがなくなるんなら、良かったなあと思いますけどね」とサラッと言ってスタジオの女性たちに賞賛されていました。また、番組内ではたびたび「結婚できない自分」「脇汗特集」など、有働由美子が身を呈した企画で笑いを取るテーマの回がありますが、井ノ原快彦は、番組サイドや視聴者の”有働イジリ”をピシリと指摘。「有働アナの返しが上手くて、何かと面白くしてくれるからって、そういうネタを全部振るのはセクハラ」といった内容の発言で、有働由美子の目頭を熱くさせたのです。一方で「何で人は平等じゃないの?」という子供の質問には、「うるせえな!」とまさかの痛烈なツッコミ。しかし、後に続く「まずお前はどう思うんだ?大人が答えを持っていると思ったら大間違い」という発言を聞くと、相手が子供であっても真正面から向き合う井ノ原快彦の男気がうかがえるのです。

井ノ原快彦の言葉はなぜ響く?V6の稼ぎ頭はみんなの幸せを願うホンモノの人格者!

井ノ原快彦の場合は、これっぽっちも飾っている様子はなく、「きっと普段からこんな人なんだろうな」という感じが司会にもにじみ出ているから、好感を持たれるのでしょう。イイ事を言う人が、必ずしも好かれるわけではないのですから。しかし、視聴者に見えないロケ現場でも、熱中症寸前の男性スタッフに、いち早く「大丈夫?」と駆け寄って、ミネラルウォーターを差し出すなど、周囲への気配りを忘れない井ノ原快彦。そのさりげない優しさは、男性から見てもカッコイイらしいのです。井ノ原快彦は「俺、みんなが幸せじゃなければ嫌なんだよ!」と言います。これは、番組の顔である司会者には欠かせないポリシーであることは言うまでもありません。また、井ノ原快彦が司会者として評判になるのは、決して「ジャニーズタレント」だからではないことも分かります。井ノ原快彦はジャニー喜多川のお気に入りではなく、若い頃には「YOU、不快」「YOUは整形しないの?止めないよ?」と罵詈雑言を浴びせられていたという噂も。これがニセ情報だったとしても、世の中には「なんであの人がジャニーズ?」と面白がる人がいたということかもしれません。おまけに井ノ原快彦がメンバーであるV6は、負け組呼ばわり。しかし、V6も、デビュー20周年を迎え、CM出演も嵐に迫る勢いで増加中なのです。もちろん、それぞれのメンバーの活躍もV6人気を盛り上げる要因ですが、決して背伸びせずに、人間力で培った司会力でテレビの顔になった井ノ原快彦の貢献度は甚大なはず。今年の大晦日は、井ノ原快彦が司会だから見てみようかな……そんな人もきっといることでしょう。また、総合司会が有働由美子ですから、「あさイチ」ファンは見逃せませんよね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る