井上あずみはジブリアニメを代表するアニソン歌手!娘ゆーゆも同じ道に!?

井上あずみはジブリアニメを代表するアニソン歌手!娘ゆーゆも同じ道に!?出典:http://www.atc-co.com

井上あずみはジブリアニメを代表するアニソン歌手!出身校やプロフィールは?

井上あずみはジブリアニメを代表するアニソン歌手!ファミリーソングにはなくてならない存在!

歌手の井上あずみの代表作は、なんといっても、1986年に放映された宮崎駿監督のジブリアニメ「天空の城ラピュタ」のエンディング曲「君をのせて」でしょう。続いて、1988年「となりのトトロ」では、主題歌の「となりのトトロ」と「さんぽ」の2曲を歌いました。

これにより、アニソン歌手として有名になった井上あずみ。しかし、知名度が上がるまでの道のりは、決して容易ではありませんでした。今では「天空の城ラピュタ」や「となりのトトロ」は世界的にも有名な作品ですが、公開当時はそれほど人気が高くなく、興行収入も低かったと言います。主題歌を歌った井上あずみも、しばらくは歌の仕事以外にアルバイトをしながら生活をしていました。

そうした中、歌うことが好きでたまらなかった井上あずみが始めたのが、親子を対象にしたファミリーコンサートでした。じっとしていられない子供に歌を聞いてもらうことは至難の業でしたが、あきらめることなく続けること30年。とうとう年間80~100回のコンサートをこなすようにまでなりました。今では、NHKみんなのうたテーマ曲の「ハーモニー」や、ピーターラビット公式イメージソング「キミが大好き」等、ファミリーソング歌手としても幅広い世代から支持を受けています。

井上あずみの出身校やプロフィールが気になる!「NHKみんなのうた」のタイトルコールも担当

井上あずみは、1965年2月10日生まれです。石川県金沢市出身で、地元にある金沢市立味噌蔵町小学校(現金沢市立兼六小学校)、金沢市立兼六中学校に通いました。その後、同じ金沢市にある遊学館高等学校に進学。所属していた演劇部は、県大会にも出場するほどの実力があったそうです。

スポンサーリンク

高校卒業後は、オーディションを受け始め、18歳のときに、デビュー曲「スターストーム」で歌手デビュー。1980年代後半からは、ジブリのアニソン歌手として知られるようになりましたが、1992年には、当時人気だったゲーム「天外魔境」シリーズの「天外魔境II 卍MARU」でヒロインの「絹」の声を担当し、声優にも挑戦しています。

また2006年からは、「NHKみんなのうた」で流れる曲も歌唱しはじめ、翌2007年には「NHKみんなのうた」のタイトルコールを担当することに。今までにシングルは16枚リリースされており、2013年10月には、歌手デビュー30周年を記念したベストアルバムも発売されました。

井上あずみはアイドル歌手だった!娘ゆーゆも歌手デビュー!?

井上あずみは実はアイドル歌手でデビューしていた!?苦労したアイドル時代

井上あずみは、高校卒業後に数々のオーディションを受け続けた結果、佐川急便グループのレコード会社である「リバスター音産」の第1号所属アイドル歌手として、1983年にアイドルデビューしました。この頃の芸名は、井上杏美です。同年にデビューした同期には、武田久美子や松本明子、いとうまい子がいます。

スポンサーリンク

しかし、中森明菜や小泉今日子、シブがき隊らがデビューしたいわゆる「花の82年組」の翌年だったこともあってか、どのアイドルも苦戦を強いられたようです。井上あずみも、デビュー曲の「スターストーム」のプロモーションに力を入れるもなかなか売れず、歌以外の仕事ばかりが入るように。

その最中に井上あずみが応募したのが、「天空の城ラピュタ」の主題歌オーディションでした。音楽監督を務めた久石譲に声を気に入ってもらえた井上あずみは、主題歌の歌い手に抜擢。ここにアニソン歌手・井上あずみが誕生します。

井上あずみの娘ゆーゆも歌手デビュー!?今では親子共演も

井上あずみには、7歳のときに歌手デビューした一人娘の「ゆーゆ」がいます。最近は、親子で音楽活動することも多く、「井上あずみ」と検索すると、「井上あずみ&ゆーゆ」と表示されるほどです。母親が歌手であるため常に音楽が近くにあったゆーゆは、3歳の時に初めてアルバムに参加。5歳の時に、アルバム「ジブリ名曲セレクション」で「ナウシカレクイエム」を歌ったことは有名です。

子供らしい無邪気で無垢な声がジブリの世界観にとても合っていました。そして2012年2月、ゆーゆが7歳の時に、NHKみんなのうた「6さいのばらーど」で歌手デビューしました。2014年12月には、母親井上あずみとのデュエットで「はんぶんおとな」という曲もリリースしています。

月曜から金曜日までは学校に通い、週末だけの音楽活動を続けてきたゆーゆは、2017年で12歳になりますが、すでに300ステージ以上をこなしているとか。母親ゆずりの可愛い顔立ちをしているので、井上あずみの思いを継いで、アイドルとして活躍することもあるかもしれませんね。

井上あずみ2015年からは海外でも積極的に活動の幅を広げる

2017年5月19日に、日本大使館による、中国の方を対象にした「好きな日本の歌について」というアンケートが行われました。1週間の投票期間中に集まったのは1万票以上。井上あずみの歌う「君をのせて」は、8位に輝いています。1位は、全体の17%の票を集めた「世界に一つだけの花」、2位は、デジモンアドベンチャーのオープニング曲「Butter-Fly」15.4%で、3位は名探偵コナン劇場版の主題歌の「Time after time~花舞う街で~」12.4%です。

ほかにも、4位「君が好きだと叫びたい」(スラムダンク)、7位「残酷な天使のテーゼ」(新世紀エヴァンゲリオン)など、アニメの主題歌が多くランクインしています。「君をのせて」が8位になった理由としては、世界的に有名なジブリアニメのテーマソングであることが大きいでしょう。

しかし、井上あずみが、中国でも精力的に歌手活動していることも影響しているかもしれません。井上あずみは、2015年から、中国の北京をはじめ、台湾、ロシア、遠くフランスのパリでまで海外公演を行っています。2015年12月~2016年1月には、ホール10カ所をまわる初の中国ツアーも開催しました。ワールドワイドな活躍ぶりは、デビュー当時から「歌うこと」にこだわり続けた一途な想いが、見事に実を結んだと言えそうです。これからも、井上あずみの澄んだ歌声に心を癒される人の数は国内外を問わず増え続けていくことでしょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る